【スマホセット割】3大キャリア別の最安値を調査してみた

      2017/04/01

スマホセット割3大キャリア比較

近年、スマートフォンと固定回線(主に光回線)とのセットで割引が主流化してきました。スマホがauならauひかり、Softbankならソフトバンク光、Docomoならドコモ光など割引で釣って長い契約を誘っています。しかしながら、本当にそのセットの組み合わせが一番安いのかどうか疑問だったため、「スマホとセットの最安値」を独自の視点で調査をしてみました。

 

スマホとセット割の仕組み

スマートフォンと固定回線のセットの仕組みを解説します。

要は、相性のいい回線同士(スマホと固定回線)契約すると、スマホ側の月額料金を割引しますよ。という意味です。

なぜそんな割引ができるのか?

それはスマホキャリアと固定回線業者が同じ・もしくは提携しているからです。そうすることによりお客様を囲い込むことができるため「解約・乗り換えしずらい環境」を構築することができるため、収入の安定化を図ろうというものです。

スマホの割引基準

割引の基準は非常に簡単です。3大キャリアとも「スマホの契約データ容量」によって変動します。データ容量が上にいけばいくほど割引率は高く、下にいけば低くなります。ただし、契約データ容量が多いほどスマホの月額料金が高くなるので注意が必要です。

 

割引の条件

  • スマホの契約データ容量は5GB
  • スマホは1台で換算
  • 固定回線は使い放題でネットだけのプラン
  • キャッシュバックは考慮しない
  • 割引はずっと続く

以上5つの条件を元に、1.ドコモ、2.au、3.ソフトバンンクの順に紹介していきます。

 

NTTドコモ

ドコモ

Docomo(ドコモ)との組み合わせで一番安くなる固定回線を発表します。

ドコモ光 です。

むしろドコモ光しか選択肢がないです。

月額と割引

まず固定回線(ドコモ光)の月額料金とスマホの割引額を案内します。(スマホ(携帯)の月額は契約年数や以前契約したプランなどあり複雑なため割引額のみ案内します)

  • ファミリープラン(戸建て):5,200円/月
  • マンションプラン(集合住宅):4,000円/月
  • スマホデータ容量(5GB):800円割引/月

以上の料金体系です。申込方法もドコモ公式サイトやドコモショップ(もしくは家電量販店など)で契約することができます。

【おすすめ方法】もし、現在ドコモのスマホ(携帯)を契約していて、フレッツ光を契約しているのであれば、ドコモ光へ転用(乗り換え)をおすすめします。それ以外の場合(例えば、新規で固定回線を契約や、他社光を契約している、もしくは他社のキャリアで携帯を契約しているなど)はドコモ光とのセットをおすすめしません。

なぜならドコモ光は【割引額が低い】のと【月額が高い】からです。フレッツ光からの転用であれば少ない初期費用で済みますが、他社からの転用であったり、携帯を機種変するなどしたら違約金であったり大きな初期費用がかかる可能性があります。なので「月額を安くしたい!」という方に最後に一番おすすめの組み合わせをご紹介します。

 

KDDI(au)

au

au(スマートバリュー)の組み合わせで一番安くなる固定回線を発表します。

auひかりです。

auひかりについては以前に記事で詳しく書きました。

  • 月額と割引
  • キャンペーン

がかなりお得なのでご紹介します。

月額と割引

  • 戸建てプラン:5,100円/月(年毎にさらに下がります。詳しくは下記表を)
  • 集合住宅プラン:3,800円/月
回線プラン名 ホーム ずっとギガ得プラン(ファミリープラン)
継続契約期間*1 3年単位
(契約解除料あり)
通信速度 (下り / 上り)*3 *4 1Gbps / 1Gbps
月額基本料金 開通月
(0カ月目)
1年目
(1~12カ月目)
2年目
(13~24カ月目)
3年目
(25カ月目以降)
0円 5,100円 5,000円 4,900円
工事費用 無料

ファミリープランを表にしました。1年目は5,100円、2年目は5,000円、3年目は4,900円と、3年間100円ずつ安くなるため長く続ける方が得をするプランとなっています。

またスマホも5GBプランを契約していれば2年間1,410円割引(それ以降も934円)を受けることができるためダブルでお得。

※ただし、スマートバリューを受けるには固定電話オプション(500円/月)に加入している必要があるので注意

auスマートバリュー

キャンペーン

auひかりのお得なキャンペーンは「即!高額キャッシュバック」「高額違約金負担」の2種類があります。

即!高額キャッシュバック

現金で合計43,000円返金しています。

  • auひかり代理店:23,000円
  • プロバイダ:20,000円

代理店(NNコミュニケーション)から開通の翌月末に現金23,000円をお客様の口座に即!振込ます。

また契約するプロバイダから20,000円返金があるのですが、会社によって方法が異なるので詳しくは auひかりの【3つ】の凄すぎる料金の特徴 をご覧下さい。

高額違約金負担

「他社の回線を使っているけど解約金がネック...。」というお客様を救済するためにauひかりは「最大3万円まで違約金を負担」してくれる制度を公式側が行っています。

これは非常に嬉しいことで、「乗り換え」という大きな壁を1つ取っ払ってくれるのです。もし、1円でも違約金がかかる場合はぜひ活用しましょう。

auひかりはこちら

auひかり

 

ソフトバンク

ソフトバンク

ソフトバンク(おうち割(旧スマート値引き))の組み合わせで一番安くなる固定回線を発表します。

関東圏でファミリープランならNURO光、それ以外はソフトバンク光 です。

なぜなら「NURO光のファミリープランはソフトバンク光より安い」からです。その理由を解説していきます。

月額と割引

【NURO光の場合】

NURO光

  • 料金プラン:4,743円/月
  • スマホデータ容量(5GB):1,410円割引/月(3年目から934円)

【ソフトバンク光の場合】

softbank光

  • ファミリープラン(戸建て):5,200円/月
  • マンションプラン(集合住宅):3,800円/月
  • スマホデータ容量(5GB):1,410円割引/月(3年目から934円)

スマホの割引額は両社とも同じです。しかし、ファミリープランのみNURO光の方が457円/月安いです。

初期費用(工事費用)

【NURO光の場合】

  • 工事費用、無料(31ヶ月以内に解約しない限り無料)
  • 事務手数料3,000円

【ソフトバンク光の場合】

  • 工事費用、無料(4/1更新)
  • 事務手数料3,000円

初期費用はNURO光もソフトバンク光も無料です。

オプションや割引

【NURO光の場合】

  • 無線LAN一体型機能、永年無料
  • セキュリティ、永年無料(5台分も)
  • 設定サポート、無料
  • キャッシュバック現金 30,000円(最短翌月末振込)

【ソフトバンク光の場合】

  • 他社の違約金負担、最大10万円
  • キャッシュバック現金24,000円

ソフトバンク光は代理店経由のためキャッシュバックが出ます。それに対してNURO光も代理店経由ですが無線LAN・セキュリティ・設定サポートそれぞれ無料と現金キャッシュバック3万円と大盤振る舞いです。また無線LAN一体型ONU(機器)のため設定が超簡単。これについてはこちらの記事でも詳しく書いております。

 

NURO光はこちらです。

ソフトバンク光はこちらです。

 

キャリア別おすすめの固定回線

3大キャリア別にトータルで見て月額が安くなるおすすめの回線をまとめます。

ドコモ

「ドコモ光」が一番おすすめです!...と言いたいところですが、固定回線やスマホの割引額、またキャンペーン内容など含め正直乏しいです。ドコモの携帯をそのまま継続を希望されるならドコモ光でいいですが、携帯を機種変更しても問題ないならauスマホ+auひかりがおすすめです。

au

「auひかり」が一番おすすめです!

  • ファミリープラン(戸建て):5,100円/月(3年間毎年100円ずつ安くなる)
  • マンションプラン(集合住宅):3,800円~/月(3年目から3,800円)
  • スマホデータ容量(5GB):1,410円割引/月(3年目から934円)

月額費用はもちろん安いですが、スマホの割引もしっかりしています。さらに工事費用無料やキャッシュバックキャンペーン・他社解約金負担などお得ドてんこ盛りです。

ソフトバンク

関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)のファミリープランなら「NURO光」それ以外の地域(エリアは全国)やマンションプランは「ソフトバンク光」がおすすめです。

【NURO光の場合】

  • ファミリープラン(戸建て):4,743円/月
  • スマホデータ容量(5GB):1,410円割引/月(3年目から934円)

【ソフトバンク光の場合】

  • ファミリープラン(戸建て):5,200円/月
  • マンションプラン(集合住宅):3,800円/月
  • スマホデータ容量(5GB):1,410円割引/月(3年目から934円)

戸建で比較するならNURO光がおすすめです。しかしNURO光は「関東圏」のみエリアとなっているため、もしエリア外だったら両社とも工事費用が無料で同じなのでソフトバンク光をおすすめします。

 

まとめ

スマホを3大キャリア(Docomo/au/Softbank)で契約しているなら相性のいい固定回線と契約することが一番のおすすめです。

  • ドコモ:ドコモ光
  • au:auひかり
  • ソフトバンク:関東圏のファミリーならNURO光、それ以外はソフトバンク光

という具合に、ソフトバンクだけ関東圏の方はNURO光を視野に入れた方が良さそうですね、

またドコモユーザーの方は機種変しても問題ないのであればドコモ光で焦って契約するのでなくて「au+auひかり」の組み合わせが一番お得です。

お得ドで優先順位をつけるとしたら

という組み合わせのランキングになります。この機会に一度お客様に合った回線とスマホ(携帯)をご検討されてみてはいかがでしょうか。

プロバイダ回線ランキング

1位 auひかり

【2017年6月18日更新】全てのキャンペーンにおいて太っ腹な大横綱「auひかり」

  • 月額:3,800円~(ADSL利用中ならさらに割引)
  • キャッシュバック:最大 48,000円(最短翌月振込)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円(さらに割引あり!)

2位 ソフトバンク光

【2017年6月1日更新】あのSoftbankがついに動いた!1年で最もお得な時期「ソフトバンク光」

  • 乗換割引:24ヶ月1,000円割引/月
  • キャッシュバック:最大 24,000円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 月額:2,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 Yahoo!BBADSL(公式)

「とにかく安くしたい!」方は月額最安値の「Yahoo!BBADSL(公式)」

  • 固定電話あり:月額 1,265円
  • 固定電話なし:月額 2,857円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 対応エリア:全国
  • 初期費用:無料

 - auひかり, NURO光, ソフトバンク光, ドコモ光, ネット比較, 光回線, 料金最安値比較 , , , , , , , ,