【ドケチ裏技】キャッシュバックを多く貰う方法とは

      2017/07/19

キャッシュバック裏技

【2017/7/19追加】確実に貰えるキャッシュバックを比較した記事を書きました。この記事は中々貰いにくいところからいかに引き出すかを書いていますが、貰い忘れがなくなる厳選した回線を取り上げていますので是非こちらをご覧ください。

インターネット回線の宣伝文句でよく「最大6万円キャッシュバック」や「最大12万円割引」など高額の数字でうたっている会社が多くありますが、契約したら必ずその数字の額が貰えるわけではありません。そこで今回はキャッシュバックの仕組みとそれを理解したうえで多くもらう方法を元現場で働いていた経験をいかして解説します。

キャッシュバックとは

キャッシュバックとはインターネットを契約した恩恵に代理店や契約した会社からお客様に「現金を払い戻し」することです。その額は契約する回線の種類や代理店によって様々です。

キャッシュバックの受け取り方

キャッシュバックの受け取り方は代理店によって様々ですが一番オードソックスなパターンが「申し込みから〇ヶ月後にWEBから申請」です。どういうことかと言うと、申し込みをしてから〇ヶ月後に登録したメールアドレスに"キャッシュバックの案内"みたいな内容で連絡が来るのでそこから口座情報などの入力して翌月に支払いがよくあるケースです。ただし落とし穴があり、申し込み期間はメールが来てから1ヶ月間のみという短いスパンで登録しなければいけません。つまり、キャッシュバックしにくい手続きにして代理店側の出費を抑えようとしています。なのでキャッシュバックの手続き月の【カレンダーに〇】をつけたりして覚えておくといいでしょう。

キャッシュバックをより多く受け取る裏技

マル秘

ここからが本題です。

今から教える方法は「月々と初期費用を最小限に抑えてキャッシュバックを最大限受け取る方法」です。極力料金の上がるオプションやサービスを避けたコスパのいい方法なのでメモ必須です。

ではご案内します。キャッシュバックを多く受け取る方法は大きく分けて4つあります。

  1. 初回割
  2. 解約可能オプションの追加
  3. 解約金.初期費用がネックと伝える
  4. 他社比較と伝えて粘る

1. 初回割

キャッシュバッククーポン

初回割とは、初めての問合せで申込(仮申込)をすればキャッシュバック額+5,000円されます。

これは単純で、仮に光回線の業者に問合せしたとして、とりあえず仮申込をして+5,000円の権利を得る。これのいいところは工事日の前日までであれば無料でキャンセルができるから"権利"を得る感覚でいればいいです。

2. 解約可能オプションの追加

オプション解約

「〇ヶ月無料」や「解約金のかからない」オプションサービスを最初の月だけつけて、翌月に解約すればこちらもキャッシュバック額が+5,000円~されます(オプションの内容によって料金が変動)

こちらは1手間必要ですが、最初にオプションをつけるだけでプラスでキャッシュバックされるのであれば断然つけたほうがお得です。代理店側もオプションをつけてもらうことにより、おおもとから貰える手数料が増えるのでお客様に還元できるのです。

3. 解約金・手数料がネックと伝える

解約金初期費用悩み

今契約している回線の解約金が高い・初期費用が高いと伝える+3,000円~20,000円キャッシュバックされます。

こちらは少しだけテクニックがいりますが心配いりません。ここでしっかりお教えます。
現在他社でネットを契約していてそこからの乗り換えの際にかかる【違約金】、契約時にかかる工事費などの【初期費用】が負担と伝える。そうすれば仮に違約金が四捨五入で10,000円。工事費や初期費用が18,000円で合わせて28,000円とこれだけで高額になります。肝心なのは「本当に困っている感じをだす」ことです。代理店の営業マンは必ず"ノルマ"があり、月に〇〇件、今日〇件など決めてやっています。なので「このお客様はキャッシュバックを増額すれば契約になるぞ」と思わせればこっちのものです。

4. 他社比較と伝えて粘る

他社比較

これは時間と体力がある人におすすめの方法です。要は「時間(回数)×粘る」に尽きます。

実際に現役のときに「このお客様うまいなぁ」と思った方法を特別に教えます。

  1. 最初の問合せは料金や初期費用、キャッシュバック額を適当に聞いて検討すると言って切る(10分~15分)
  2. 2回目の問合せは、「他社のキャッシュバックが50,000円だったんだよねぇ。でもお宅の対応がいいから迷っている」他社になびきながらもこちらを褒めて、また検討すると言って切れる(15分)
  3. 月末にまたかけて「まだ迷っているんだよなぁ」といいながら沈黙の時間をすごく長く作る。そしたらこっちも何回も対応しているし、月末だから契約件数ほしいし仕方ないかと思い、上司から承諾を得て55,000円キャッシュバックとなりました。

上手いと思った点は、「褒めつつ沈黙を作ったところ」です。通常私はできるだけキャッシュバックを少なくして契約をとるようにしていました。理由はキャッシュバックを多めにだすと会社が儲からないからです。なので最小限にしておりましたが、このお客様は粘るし褒めるし月末やしと色々やられたので先にギブアップしてしまいました。(契約内容:光回線+指定プロバイダ+光電話+その他オプション)もちろん回線とプロバイダ以外は全てすぐ解約できるオプションです。

私みたいな堅物にあたらなければ最初の問合せで一気に希望額までいけることもありますので是非チャレンジしてみてください。

キャッシュバックを多くだす回線

hikakulogo

それはこちらのインターネット比較.comで詳しく説明しております。こちらは私が別サイトとして運営しており、分かりやすい内容に仕上げております。

傾向としては「光回線」が多くでやすいですね。

キャッシュバックを多く貰うまとめ

  1. まずはインターネット比較.comでどこの回線がいいか探す。
  2. 気になったところにWEBから問い合わせ。
  3. 裏技を駆使してもらえる限界まで粘る。
  4. キャッシュバックの手続き方法をしっかり確認しておく

以上4つをしっかりと実践すればあなたもきっと高額キャッシュバックを手にできます。

※因みに※ まれに(月末によくある)代理店側が赤字になってでも多くキャッシュバックをだすことがあります。その理由は、代理店としてノルマが毎月ありそれを下回ると貰える手数料が下がってしまうため翌月以降が苦しくなるからです。(逆にある数字を上回ると手数料が上がることもあります)件数が少ない→手数料が下がる→売上が下がる→キャッシュバック額が下がるといいう、負の連鎖が起こるのを阻止するために強引に額を引き上げることがあります。これは月末に「個人もしくは代理店としてノルマは大丈夫ですか?」と探りを入れてからキャッシュバックの交渉をしてもいいかもしれませんね。

以上です。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

プロバイダ回線ランキング

1位 auひかり

【2017年8月1日更新】全てのキャンペーンにおいて太っ腹な大横綱「auひかり」

  • 月額:3,800円~(ADSL利用中ならさらに割引)
  • キャッシュバック:最大 50,000円(最短翌月振込)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • スタートサポートプラス:月額1,000円割引/12ヶ月
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円(さらに割引あり!)

2位 ソフトバンク光

【2017年8月1日更新】あのSoftbankがついに動いた!1年で最もお得な時期「ソフトバンク光」

  • 乗換割引:24ヶ月1,000円割引/月
  • キャッシュバック:最大 24,000円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 Yahoo!BBADSL(公式)

「とにかく安くしたい!」方は月額最安値の「Yahoo!BBADSL(公式)」

  • 固定電話あり:月額 1,265円
  • 固定電話なし:月額 2,857円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 対応エリア:全国
  • 初期費用:無料

 - キャッシュバック, 裏ワザ・裏情報 , ,