【迷ったらココ】ドコモ光のおすすめプロバイダを調査!

      2017/06/01

docomo光

【2017/6/1更新】ポイント還元やキャッシュバックなど大幅に追加されました。

2015年にスタートしたドコモ光は現在契約者数は300万件を突破しており、(2017年2月調べ)光コラボレーションの中で1番人気です。人気の理由は大きく3つあり

  1. Docomo携帯ショップでの営業
  2. テレビCM効果
  3. プロバイダを多数選べる

という具合に様々な要因があり、消費者のイメージ的に「NTT=ドコモ」⇒「フレッツ光=ドコモ光」のような位置づけられており、光コラボが出た瞬間から爆発的な人気が出たと思われます。(さらにCMも後押し)

また他の光コラボとの大きな違いはプロバイダを多くの中から選べることです。

通常光コラボの業者は「プロバイダそのもの」であり他のプロバイダの選択肢がありません。しかし、ドコモ光は様々なプロバイダの中から選択することができるので通常のフレッツ光を契約する方法とほぼ同じ方法をとっています。

その中でどのプロバイダを選べばいいか、各プロバイダの特徴別に解説していきます。

 

月額料金や初期費用

一応、ドコモ光の月額料金や初期費用について触れておきます。

  • マンションタイプ:月額4,000円
  • ファミリータイプ:月額5,200円
  • 初期工事費用:有料

月額料金は光コラボの中ではわりと標準価格。初期工事費用無料キャンペーンは2017/5/7に終了となりましたがその他のキャンペーンが結構よかったです。

キャンペーンもお得

ドコモ光は単に月額お得なだけでなくキャンペーン内容も充実しております。

dポイント10,000ポイントプレゼント

ドコモ光を新規開通すれば、「お買い物」「携帯料金」に使える、dポイント10,000ポイントプレゼントしています。

【dポイントが使える店一覧】

  • ローソン
  • マクドナルド
  • BLUE SKY
  • イオンシネマ
  • タワーレコード
  • オリックスレンタカー
  • 伊達の牛たん本舗
  • アニメイト

多くの方が利用する可能性が高いお店はローソン・マクドナルドといったところでしょうか。とにかく使いやすいポイントであることは間違いなさそうですね。(2017/9/30まで)

現金4,000円キャッシュバック

【2017/6/1更新】さらに!一部地域限定で新規申込すると「現金4,000円」を上記に加えて貰えます。

【適用エリア】
関西エリア:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県
九州エリア:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
【適用期間】
2017年5月29日(月)~6月27日(日)までに新規申込
【適用条件】
  • GMOとくとくBBのホームページ以外(ドコモショップ・家電量販店等)から「GMOとくとくBB」のドコモ光をお申込みをされた場合、特典は適用されません。

エリアを見る限りほぼ全域の方が現金4,000円キャッシュバック対象になりますね。5/28までのキャンペーンなのでお早めに重し込下さい!

 

ドコモ光をお得に始めるにはこちらをクリック!

 

選べるプロバイダの種類

ドコモ光は「Aタイプ」と「Bタイプ」がありそれぞれプロバイダの種類によってタイプが決まっています。対応するプロバイダは下記の通り。ちなみにBタイプの方が月額料金が200円ほど高いです。

タイプA タイプB
ドコモnet、ぷらら、so-net、ビッグローブ、
DTI、BBエキサイト、エディオンネット、シナプス、楽天、ゼロワンヒカリコアラ、
アンドライン、クイット、@ネスク、
hi-ho、GMO、ic-net、タイガースドットコム
アサヒネット、@nifty、@Tcom、
TNC、OCN、ワクワク、
@ちゃんねるネット

結論から言うと、タイプAの中から選んだ方が月額が安くお得なプロバイダが多くあります。

有名な(聞いたことある)プロバイダや知らない業者も多くありますが、どのみちタイプBはさきほど紹介した月額料金よりも200円/月高いうえに魅力的な独自サービスが少ないです。今現在、タイプBのプロバイダのどれかで契約をされており、メールを使っている方は「転用」という方法でフレッツ光から乗り換えされるのであれば、タイプBにするという選択肢もあります。

しかし基本的に新規で契約される場合は何度もいいますが断然タイプAをおすすめします。

ドコモ光月額

 

どこのプロバイダが優れているか

後述した通り、「タイプA>タイプB」という具合に月額が200円もタイプAの方が安いため、タイプAの中でおすすめのプロバイダを紹介していきます。

比較の大きなポイントは「特典」の大きさです。

GMOとくとくBBはWi-Fiルータープレゼント

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBを選択されるとバッファローのWi-Fiルーターが無料プレゼントされます。(正確には無料レンタル)このWi-Fiルーターがあるだけで自宅内で「無線」でインターネットをすることができ、スマホはもちろん携帯ゲーム機やインターネットに対応したテレビなどで快適(高速)にネットをすることができます。

機種はBUFFALO(バッファロー)のWXR-1750DHPで、ヨドバシドットコムのレビューが 「4.23」 と非常に高く、お客様の中には「さすがバッファロー、安定している!」「やはり信頼のBUFFALO安心です。サポートも良い。」という声も多くあがっております。

また価格も市販で1万円前後(定価で2万円程度)するものなのでドコモ光のプロバイダ特典としては最も大きい特典であると言えます。

それ以外のそれぞれの特色

  • ぷらら・ビッグローブ:リモートサポートが無料
  • 楽天:楽天スーパーポイント100ポイント/月の付与がある
  • タイガースネットドットコム:タイガース戦ライブ等のオリジナル映像コンテンツがある

など、プロバイダ独自に面白いサービスを展開しております。

楽天で買い物をよくされる方は毎月100ポイントが加算される「楽天」がおすすめで、設定に自信がない方はリモートサポートサービスが無料でついている、ぷららやビッグローブをおすすめします。(リモートサポートとはパソコンの遠隔操作のことです)

 

プロバイダの通信速度はどうなっている

ドコモ光はフレッツ光と同じ回線網を使っているのにも関わらず

「通信速度が遅い」

という意見がよく出ています。大きな理由として考えられるのは「ドコモ光の契約者数が多すぎる」が一番の要因だと思います。基本的に速度が出やすいかどうかを計算するときは

速度=母体/契約者数 が大きな基準(実際にはもっと複雑なのであえて簡素的表現にします)となってきますが、ドコモ光はすでに300万ユーザーを突破しており、光コラボの中では圧倒的シェア数を誇っています。しかし、母体となるドコモ光側、もしくは契約したプロバイダ側のインフラが整備されていない場合は速度が遅くなることがあります。

ではドコモ光本体側は大企業の中の大企業だから、なんとかインフラを整備してくれると期待して、プロバイダ側で「速度の出やすい」プロバイダがあればそういった問題に直面するリスクを大きく減らすことができますよね。当ブログでは「速度×お得度」で一番おすすめのプロバイダを紹介いたします。

やはりGMOとくとくBB!!

なんと、さきほど月額が安かったり、特典が優れていたりなど、何度も取り上げた「GMOとくとくBB」が速度の面に関しても大きなアドバンテージを持っていました。

高速方式「v6プラス」対応

GMOとくとくBBのドコモ光では、「v6プラス」という通信手段を採用しています。

「v6プラスってなに??」と思われた方がいると思うので簡単に解説します。まず、GMOとくとくBBのお言葉を借ります。

「v6プラス」とは…従来のフレッツ光接続方式はIPPoE接続方式ですが、GMOとくとくBB「v6プラス」では速度遅延を起こしているボトルネックを解消するIPv6 IPoEの接続方式を採用しています。

参照:GMOとくとくBB

「ん??さらにわからなくなった...。」

さすがに専門用語が多かったので、かみ砕いて解説します。まず下の図をご覧ください。

「う~~ん、分かったような分かっていないような...。」

では、さらに「もので例えて」解説します。

もので例えると、GMOとくとくBBは「秘密の抜け道」を教えてくれるのです。

通常、混雑した時間帯に車を走らせていると渋滞になることが多いですよね。しかしGMOとくとくBBは「ひっひっひ。おやっさん、混んでいない特別な裏道を教えまっせ」(想像)という具合に混んでいない道を教えてくれて快適に車を走らすことができます。

「なるほど、分かりやすい!!」

と言う具合にガッテンいってくれると幸いです。

今までの「IPv4」と呼ばれる通信手段は、光コラボ人気が過熱もあいまってアクセスが集中し、やむを得なしに混雑するポイントを通らなければならなかったのです。

しかし、プロバイダ側を「裏道(v6プラス)」を教えてくれる会社と契約すれば、混雑した道を通らずに済むため、快適に運転(ネット)ができるのですね。

※因みに※

さきほどGMOとくとくBB側から「高性能無線ルーターの無料レンタル(プレゼント)」と解説しましたが、実はこのルーターも「v6プラス」に対応している最新のものなので、無線LANでネットを飛ばしても高速が期待できます。

 

 速度の保証?ポイントプレゼント!

GMOとくとくBBはさらに思い切ったキャンペーンを行っています。

速度が遅かったら100ポイント(円相当)プレゼント!

これはとくとくBBの用意したフォームと条件で速度測定をして、下り速度が100Mbps未満だった場合、GMOグループ内で使える「GMOポイント」が100ポイント(1ポイント1円相当)をプレゼントするという強気なサービスです。

つまり「今月は40Mbpsしか出なかったかぁ~」や「いつも遅くてムカ~!」となっている方はとくとくBBの申請フォームに従えば毎月100ポイントが貰える可能性があるのです。(もちろんポイントを貰うには毎月つど申請が必要)

GMOポイントはGMOショッピングで使えたり、月額費用の支払いに回せたりなど、いろんな使い方ができます。

実際に、GMOとくとくBBは独自に速度統計を取っています。下の画像をご覧ください。

なんと!全国平均で下り264.27Mbpsも出ているではないですか!?!?こんなに高い数字、一時的でも私の自宅で出したことありません!(笑)

またこちらのデータは毎月更新しているので、より「安心」を利用者に届けようとする、まさにプロバイダの鏡です。

このように速度にかなり自信がないとこういったキャンペーンが打ち出せないので、速度に関しても一番おすすめできるプロバイダといってもいいでしょう。

 

ドコモ光で一番おすすめのプロバイダ

ドコモ光は光コラボで一番のシェアを誇っており、その中でも料金の安い「プランA」に人気があります。

さらにそのプランAの中でもっともおすすめできるプロバイダがGMOとくとくBBです。

  • マンションタイプ:月額4,000円※
  • ファミリータイプ:月額5,200円※
  • 初期工事費用:有料
  • dポイント10,000ptプレゼント
  • 現金4,000円キャッシュバック(地域限定)
  • 月額がプランBよりも200円安い
  • 市販で1万円相当の高性能無線LANを無料プレゼント
  • v6プラス(秘密の抜け道)により高速通信が期待できる
  • 速度が遅ければ毎月100ポイント貰える

※もちろん料金は月額が安いプロバイダ料金「プランA」コミコミ価格

といった具合に特典が満載です!

その他のプロバイダもプランAなら料金は変わりませんが、特典では差別化があまりできているようには見えませんでした。

「月額の安さ」「特典」「速度」「安心」どれをとってもNO.1のGMOとくとくBBが一番おすすめのプロバイダです。

一番おすすめのセット、「ドコモ光+GMOとくとくBB」の簡単お申込方法

申し込み方法はいたって簡単です。まずはこちらをクリック して、ドコモ光 with GMOとくとくBBのサイトへ行って下さい。

スマホの方

スマートフォンユーザーの方は下図の通りにタップして下さい。

ドコモ光新規申込フォーム

次に

  1. お名前
  2. お電話番号
  3. ご住所
  4. ご連絡希望日
  5. メールアドレス

だけを入力して送信して下さい。たったこれだけでいいので数分で終わりますよ。

GMOとくとくBB

他社に比べて入力項目が圧倒的に少ないため、スマホの入力が苦手な方でもうれしいですね。

そして、後日担当のものから電話があり、そのお電話で確認が終わります。

問題がなければトントンとそのまま開通まで進んでいきます。

PC・タブレットの方

パソコン・タブレットの方は下画像の通りクリックして下さい。

gmoドコモ光

クリック後はフォームに従って記入して下さい。項目が5つ程度と非常に少ないため数分で終わります。

何度もいいますが、ドコモ光のプロバイダを比較する大きなポイントは「プランA」「特典が大きい」会社を選び、さらに「v6プラス」対応のプロバイダが得策です。その恩恵が一番得れるのはGMOとくとくBBです。是非一度ご検討下さい。

ドコモ光をお得に始めるにはこちらをクリック!

プロバイダ回線ランキング

1位 auひかり

【2017年6月18日更新】全てのキャンペーンにおいて太っ腹な大横綱「auひかり」

  • 月額:3,800円~(ADSL利用中ならさらに割引)
  • キャッシュバック:最大 48,000円(最短翌月振込)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円(さらに割引あり!)

2位 ソフトバンク光

【2017年6月1日更新】あのSoftbankがついに動いた!1年で最もお得な時期「ソフトバンク光」

  • 乗換割引:24ヶ月1,000円割引/月
  • キャッシュバック:最大 24,000円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 月額:2,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 Yahoo!BBADSL(公式)

「とにかく安くしたい!」方は月額最安値の「Yahoo!BBADSL(公式)」

  • 固定電話あり:月額 1,265円
  • 固定電話なし:月額 2,857円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 対応エリア:全国
  • 初期費用:無料

 - ドコモ光, 光コラボ, 光回線 , , , , , ,