【大調査】光回線の二段階定額と使い放題どっちが安いか調べてみた

      2017/03/17

今では当たり前となっている「使い放題プラン」。どんなに使っても月額料金も変わらないし、速度の通信制限もないのが当然であります。

しかし、まだ世の中には「二段階定額プラン」という、使った分だけ料金が上がるがちゃんと上限があるプランが存在しています。

そこで今回はほとんどネットを使わない層に向けて光回線の使い放題と二段階定額のどっちが安いか徹底比較した記事を書きます。

二段階定額とは

そもそも二段階定額プランについて解説します。まず下の図をご覧ください。

二段階定額プランとは、使わないときは安く、多く使うときは上限以上は高くならないネット回線のプランのことを言います。

こういう方におすすめ

最初の項目にも書きましたが、リストアップします。

  • たまにしかネットをしない
  • ネットをやる人が年に数回しか帰ってこない
  • 家にいる時間がほとんどない
  • 別荘
  • 高齢の親御さん宅

などほとんど人がいない家や、ネットをする人がほとんど家にいない方の家などに合うプランだと思います。

 

比較する対象

気になる月額料金についてお伝えします。二段階定額プランを展開している会社数は少ないですが、その中で「OCN光」で比較したいと思います。

OCN光は以前にブログで【OCN光の本気】口コミNo1プロバイダが月額最安値! という記事を書きました。

この記事によると、OCN光は光回線最安値のプロバイダということが書かれており、さらにちょうど二段階定額プランも展開しているので

使い放題最安値 × 始まりが安い二段階定額

を同じプロバイダで比較することができます。なのでOCN光で比較していきます。

月額料金の比較

まずは使い放題と二段階定額の月額料金を比較していきます。値段を見る前の想像としては二段階定額の方が安いイメージがありましたが果たしてどうでしょうか。

使い放題の月額料金

OCN光の使い放題のプランの料金体系を簡単に説明します。

  • 月額費用(ファミリー):5,100円 ⇒ 3,650円(税別)
  • 月額費用(マンション):3,600円 ⇒ 2,800円(税別)

※【値下げ期間】1年間で上記は新規プラン
※【転用の場合】戸建てプランは4,400円/月、集合住宅プランは3,200円/月だが共に最安値です。

正直「むちゃくちゃ安い!」です。使い放題でかつプロバイダ料金も込みでこの価格です。

比較対象のために日本で最も普及しているインターネット回線「フレッツ光」の料金を載せます。

戸建て:5000円~6000円(月)
マンション:3500円~4500円(月)

という料金が一般的(むしろ安いぐらい)と言われているのですが、その価格を大きく下回ります。いかに安いかが分かります。

二段階定額の月額料金

次にOCN光の二段階定額の料金を紹介します。そもそもOCNがこのプランをやっていたこと自体が世間であまり知られていないプランです。

  • 月額費用(ファミリー): 3,900円~5,600円(税別)

※マンションプランは設けていないそうです

この図を見て分かる通り、月間3GBまでしか使わない場合は3,900円以上料金が上がらないため悪くないプランです。その後はパケットを利用するほど料金は増えていき、10GB以降は料金が上限の5,600円でストップします。

つまり、月に3GB以下の利用量の方には月3,900円で済むためおすすめのプランです。

因みに3GBはどうれくらいかというと、スマホで例えると適当にネットサーフィンをしているぐらいなら問題ない容量ですが、パソコンで使うとなると画面の大きさが全然違うため、読み込む容量がかなり大きくなります。さらにパソコンの場合「アップデート」や「セキュリティの更新」などがあるため定期的に大容量通信が自動的に行われてしまうため、数日も経たないうちに上限にいく可能性があります。

月額が安い使い放題はこちら!

 

初期費用の比較

初期費用は結論から言うとどちらでやってもほぼ同じです。

工事区分 工事費用
(一括払い) (分割払い)
派遣工事あり 屋内配線を
新設する
場合
18,000円 合計 18,000円
【初回3,000円】+【2回目以降500円×30回】
屋内配線を
新設しない
場合
7,600円 合計 7,600円
【初回1,600円】+【2回目以降200円×30回】
派遣工事なし 2,000円 -

+ 事務手数料=3,000円

上の表がかかる費用です。元々光の配線がされている場合(光コンセントがあり、中の配線が生きている場合)派遣工事なしで安くなりますが、全くない状態からだと通常の工事費用がかかってきます。

【注意】

二段階定額プランで契約している方が「上限にいくことが増えてきたし使い放題に変更しようかな」と思ったときに、変更自体は可能ですが再度工事が発生する可能性高いです。なぜかと言うと、100Mbps用の配線工事をした場合、使い放題はほとんどの場合1Gbpsの配線のため「配線を入れ替える工事」が必要の可能性が高いです。その場合、再度お立合いをして、また同じように通常工事費用のお支払の必要がでてきます。

 

速度の比較

また、使い放題と二段階定額プランでは速度が全く違います。

  • 使い放題:上り下り最大1Gbps
  • 二段階定額:上り下り最大100Mbps

※使い放題のマンションは最大200Mや100Mの場合あり
※二段階定額はファミリーのみのプラン

見て分かる通り、10倍も速度が違います。仮に二段階定額プランで契約している場合、たまに自宅に帰ってネットをしようかなと思ってパソコンを立ち上げても、速度が遅いためイライラしてしまうことや、その遅いのをずっと待っていたら知らない内にたくさん通信されており上限にいってしまったなど、負の連鎖が起こる可能性があります。

 

まとめ

使い放題と二段階定額プランの双方を比較してきました。最後にまとめていきます。

【月額料金】

月の1/3以上はその場所でネットをする方⇒ 使い放題

  • 月額費用(ファミリー):5,100円 ⇒ 3,650円(税別)
  • 月額費用(マンション):3,600円 ⇒ 2,800円(税別)
    ※【値下げ期間】1年間で上記は新規プラン

別荘や実家のご両親のお家やほとんど家にいない方⇒ 二段階定額
ファミリーのみ:3,900円/月~5,600円

【初期費用】

事務手数料込みで5,000円~21,000円で使い放題も二段階定額も変わらない。

しかし二段階定額で契約した場合、今後使い放題へ変更することは可能だが再度工事費用が発生する可能性が高いため、変更の可能性がある方は最初から使い放題の契約をおすすめします。

【速度】

  • 使い放題:上り下り最大1Gbps
  • 二段階定額:上り下り最大100Mbps

※使い放題のマンションは最大200Mや100Mの場合あり
※二段階定額はファミリーのみのプラン

たまにするネットであっても速度は速い方がよいという方は月額料金にも大差がないため使い放題をおすすめします。

【総まとめ】

  • 使い放題の方が月額が安い
  • 初期費用はほぼ変わらない
  • 速度は使い放題の方が速い

以上より使い放題を契約した方が断然おすすめです。何より、2017年4月末までやっているOCNの月額大幅割引は使い放題のみ適用になるキャンペーンなので、これ以外の選択肢が見つかりません。

二段階定額で検討されていた方もこの機会に使い放題を検討されてみてはいかがでしょうか。

OCN光の使い放題はこちら!

1位 auひかり

auひかりキャッシュバックキャンペーン

【2017年9月1日更新】全てのキャンペーンにおいて太っ腹な大横綱「auひかり」

  • 月額:3,800円~
  • キャッシュバック:最大 50,000円(最短翌月振込)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • スタートサポートプラス:月額1,000円割引/12ヶ月
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円(さらに割引あり!)

2位 ソフトバンク光

【2017年9月1日更新】あのSoftbankがついに動いた!1年で最もお得な時期「ソフトバンク光」

  • 乗換割引:24ヶ月1,000円割引/月
  • キャッシュバック:最大 24,000円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 NURO光

インターネットの速度が「世界最速」!ソフトバンクのスマホ(携帯)を持っていればさらにお得な「NURO光」

  • 下り最大速度:2Gbps
  • 月額:4,743円(無線LAN+セキュリティ込み)
  • キャッシュバック:最大 35,000円(最短翌月振込)
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:関東圏(広範囲)

 - 光コラボ, 光回線, 裏ワザ・裏情報