速度が遅いを高速に!v6プラス対応の光コラボ一覧を調べてみた

      2017/09/20

【2017/9/20更新】ビッグローブ光のキャッシュバック額が大幅に増加しました。

今ではもう聞きなれたであろう「光コラボレーション(光コラボ)」月額料金が安くなったり、キャッシュバックなどのお得な特典などあったりと乗換をされる方に大きなメリットがあります。

反面デメリットもあり、「速度が遅くなる可能性」を秘めています。

「速度が遅くなるのだったら今のままでも...。」

「月額が安くなっても速度が遅いんだったら、安物買いの銭失いだよな」

など、速度が遅くなるかもしれないという不安から乗換に今一歩踏み込めていない方もいらっしゃると思います。

そこで今回はそんな不安を解消すべく、速度が劇的に向上する可能性がある「v6プラス」に対応した光コラボの各種プロバイダを独自に調査をしてみました。

乗換えに不安を持っている方はもちろん、これからネットを新規で検討している方も必見の内容です。最後までご覧ください。

なぜ同じフレッツ光からの乗換え(転用)なのに光コラボは遅いと言われるのか

そもそもなぜ光コラボは遅いと言われているのか、まずそこの根本のところからお話ししていきましょう。

例)フレッツ光から光コラボに乗換えをする方の思考例

同じフレッツ光の回線を使っているから速度が変わるわけがない。逆に変わる方が物理的におかしい!

私も、以前まで上の方と同じ考え方でした。しかし現実問題、そういった方でも速度が遅くなっている方が多くいらっしゃいます。

光コラボの仕組み自体は基本的に同じフレッツ光の回線を使っています。大きな違いといったら

  • 月額
  • キャンペーン
  • 請求の一本化

ぐらいでしょうか。

では、なぜ遅くなるのか?実はちゃんとした理由があったのです。

プロバイダ側が原因

プロバイダのキャパシティが一杯になりかけている(なっている)とフレッツ光から光コラボに乗り換えたとしても速度が落ちることが多いです。
※これは前提として「フレッツ光+プロバイダA社」⇒「光コラボB社」に乗り換えた場合。

当ブログでも何度も取り上げていますが、「プロバイダは仲介会社みたいなもの」です。その仲介会社の役割は「いかにスムーズにお客様を流していくか」が重要になってきます。

モノで例えます

プロバイダを不動産屋に例えた場合

不動産屋がA社とB社があったとします。
(両社とも金額・サービス・社員の質は同じだとします)

A社は10名社員が働いており、どんなにお客様が来ようともほとんど待たせることなく物件を紹介していきます。
一方B社はには社員は3名しかいなく、あまりお客様がこない時間帯ならなんとか大丈夫ですが、土日祝日など多く来る日になると、案内するまで待っていてもらっています。

両社で仲介してもらったことのあるお客様の声を聞くと、「A社は特に何も気にならなかったが、B社はかなり遅かった。人を増やせば解決するのに...

つまり、プロバイダ側原因で速度が遅い原因は「プロバイダ側の装置がお客様の数に対して足りていない」からです。

プロバイダ側もその事態は分かっているのですが、中々改善されていなくて今こうして問題になってきているのですね。

実際に てくろぐ という「IIJというプロバイダ」のエンジニアの方がブログで装置の増設について言っていましたので一部抜粋します。

この状況(速度が遅い状況)を改善するためには、網終端装置の台数を増やす必要があります。IIJでは継続的にNTT東西に対して増設の申し込みを行っており、準備ができた都道府県から順次増設が行われています。増設が完了するとある程度通信速度は改善するのですが、ご利用者が増えて通信が増えると再び速度が低下します。もちろんIIJからは再度増設の申し込みを出しますが、次の増設が実行されるまでの間は速度が低下した状態が継続してしまいます。

んん~、なるほど。網終端装置の増設はNTT側がやることで、一応プロバイダ側は「増設してよね!」と動いているのですね。それでもなかなか改善されないということは...NTT側が一杯一杯になっているのだと推測できます。

つまり、速度が遅くなる原因はプロバイダ側だが、改善されない原因はNTT側

と想定できます。

でもこれでは利用者側としては八方塞がりですよね。

でも安心して下さい。速度が遅くなりにくいスペシャルな「接続方法」を見つけてきましたので紹介いたします。

 

v6プラスという選択肢

まず「v6プラス」について解説します。実はこのことについて以前に当ブログで紹介していました。

簡単に抜粋すると

「v6プラス」とは…従来のフレッツ光接続方式はIPPoE接続方式ですが、GMOとくとくBB「v6プラス」では速度遅延を起こしているボトルネックを解消するIPv6 IPoEの接続方式を採用しています。

参照:GMOとくとくBB

専門的用語では上記の通りとなり、また図でも解説しますと

上図の通りになります。またさきほど紹介した てくろぐ でも画像による紹介がありましたので紹介します。

さらに、さらにかみ砕いた表現にすると

もので例えると、V6プラスは「秘密の抜け道」を教えてくれるのです。

通常、混雑した時間帯に車を走らせていると渋滞になることが多いですよね。V6プラスは「ひっひっひ。おやっさん、混んでいない特別な裏道を教えまっせ」(想像)という具合に混んでいない道を教えてくれて快適に車を走らすことができます。

by.最安値ット

ということです。

つまり、ロバイダ側の装置が混雑していたとしても、「V6プラス対応のプロバイダ」を選択すれば速度が遅くなる可能性が低くなる。

ということが言えます。

では本題でもある「v6プラス対応」の光コラボ一覧をこのブログで特別に説明していきます。光コラボと速度の美味しいとこどりなのでよく見て検討して下さい。

v6プラス対応の光コラボ一覧

それでは秘密の抜け道を教えてくれる、V6プラス対応のプロバイダを紹介していきます。せっかく紹介するのでおすすめ順に紹介したいと思うのですが、おすすめする条件を書きます。

  • 設定や申し込みなどの手間が少ない
  • 料金が安い
  • 評判(口コミ)

この3つを元に厳選したv6プラスに対応した光コラボを順に紹介していきます。

おすすめ1位. ビッグローブ光

なんと!1位は超有名なビッグローブ光です!

では「1位の理由」を解説します。

手間が超少ない

ビッグローブ光は手間が少ないです。v6プラスの申し込みから設定までの手順を簡単に解説しますと

  1. 申し込み時には「申告不要」(もちろんv6プラスのオプション料金は無料)
  2. 開通後の設定完了後に「ビッグローブ光のサポートページ」に入り、v6プラスの申し込み
  3. 1日~数日後「v6プラス」への切り替えが自動的に完了します。※

※BIGLOBEでご利用のメールアドレス宛に「v6プラス接続の設定のお知らせ」が届くそうです

上記のように非常に簡単で、主にやることと言ったら開通設定後に、サポートページから「v6プラス」へのお申し込みぐらいです。

またv6プラスを利用するには1つ条件があり”v6プラス対応ホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)”が必要になってきます。ひかり電話が必要な方なら問題ない条件ですね。

料金が超お得

v6プラスの料金が無料なのはさることながら、単純にビッグローブ光の月額や初期費用、さらにはキャンペーンまでがお得でした。

  • ファミリープラン:月額4,980円
  • マンションプラン:月額3,980円
  • 初期費用:33,000円 ⇒ 3,000円
  • キャッシュバック:最大25,000円(開通の2ヵ月後末に確実に振込)
  • auスマートバリュー:月額最大2,000円割引

※月額はネットのみのプラン

なんと月額が相場よりも安いだけでなく、初期にかかる工事費用が無料!さらにキャッシュバックが最大2.5万円も返ってきたり、au携帯(スマホやタブレットも)を契約していると最大2,000円割引(しかも最大10台まで)するなんて、男前すぎます!

評判が超いい

ビッグローブ光のv6プラスの評判が良かったので一部ツィッターを掲載します。

ビッグローブ(BIGLOBE)光まとめ

では堂々の1位に輝いたビッグローブ光をまとめます。

  • 設定が簡単だが、光電話の加入が必要
  • 月額・初期費用・キャンペーン全てが高水準
  • 評判が凄くいい

という具合に、まさに「安い・うまい・速い」の3拍子が揃っています。

 

ビッグローブ光はこちら!

 

おすすめ2位. ドコモ光+GMOとくとくBB

2位はドコモ光(プロバイダはGMOとくとくBB)です!以前に当ブログでも紹介していました。

では「2位の理由」を解説します。

手間が超少ない

ドコモ光は手間が少ないです。v6プラスの申し込みから設定までの手順を簡単に解説しますと

  1. 申し込み時に「申告不要」で自動的に付加(もちろんv6プラスのオプション料金は無料)
  2. v6プラス対応の高性能無線LANルーター(無料)が送られてくるため一緒に接続すれば自動的に設定される

以上の簡単な流れです。ドコモ光の特徴はv6プラス対応の高性能無線LANルーターが無料でレンタルができるところです。通常v6プラス対応の無線LANルーターは種類に限りがあり、しかも市販価格は1万円オーバーとかが多いので非常に「楽」で「お得」ですね。

 

料金がリーズナブル

v6プラスの料金が無料なのはさることながら、単純にドコモ光の月額や初期費用、さらにはキャンペーンまでがお得でした。

  • ファミリープラン:月額5,200円
  • マンションプラン:月額4,000円
  • 初期費用:3,000円+工事費用
  • キャッシュバック:なし
  • スマホとセット割:月額最大5,700円割引

月額はリーズナブルで特に問題ありません。初期費用は事務手数料+工事費用がかかってきます。またドコモの携帯(スマホ)を持っていればセット割で最大5,700円/月割引されます。

評判は超良い!

実際に、GMOとくとくBBは独自に速度統計を取っています。下の画像をご覧ください。

 

なんと!全国平均で下り264.27Mbpsも出ているではないですか!?!?こんなに高い数字、一時的でも私の自宅で出したことありません!(笑)

またこちらのデータは毎月更新しているので、より「安心」を利用者に届けようとする、まさにプロバイダの鏡です。

このように速度にかなり自信がないとこういったキャンペーンが打ち出せないので、速度に関しても一番おすすめできるプロバイダといってもいいでしょう。

 

ドコモ光(GMOとくとくBB)まとめ

ではドコモ光(プロバイダGMO)をまとめます。

  • 面倒な設定いらず
  • 「v6プラス」高性能無線LANルーターが無料レンタルできる
  • 速度に絶対的な自信と統計を会社がとっている

という具合に、「v6プラス」のためにあるような回線+プロバイダです。

しかし注意が必要で、ドコモ光はGMOとくとくBB以外にもプロバイダを選択することができますが、ここまで速度に対して自信と安心を与えるプロバイダは他にありません。

ドコモ光 = GMOとくとくBB

一択というぐらい頭1つ2つ抜けています。なのでプロバイダのご選択には気を付けて下さい。

ドコモ光はこちら!

 

おすすめ3位. @nifty光

3位はニフティ光です!では「3位の理由」を解説します。

ちょっと手間

@nifty光はちょっとだけ手間がかかります。v6プラスの申し込みから設定までの手順を簡単に解説しますと

  1. 開通の翌月から申し込み可能(無料)
  2. 設定ページに入りID/PW等の入力
  3. 数日後に登録メールに「v6プラス利用開始」メールが届き完了

と言う風に、開通後すぐにできるわけでなく、翌月から設定が可能になります。ちゃんと覚えていればいいですが、忘れていたら設定せずに「そのまま」の状態なので気を付ける必要があります。

またこちらもビッグローブ光同様、”v6プラス対応ホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)”が必要になってきます。ひかり電話が必要な方なら問題ない条件ですね。

 

料金が超お得!

v6プラスの料金が無料なのはさることながら、月額料金はかなり安かったです。

新規開通の場合

  • ファミリープラン:5,200円 ⇒ 4,500円/月
  • マンションプラン:3,980円 ⇒ 3,400円/月
  • 初期費用:戸建は20,000円、集合住宅は17,000円
  • キャッシュバック金額:15,000円(開通の2ヵ月後末に自動振込)
  • auセット割:月額最大1,200円割引

※月額割引は24ヶ月間
※月額はネットのみのプラン

月額料金はかなり安い部類に入りますが、その分初期費用が高額となっています。しかし、ビッグローブ光同様に「auセット割」があるためau携帯(スマホ.タブレット)をお持ちの方は月額最大1,200円割引の恩恵を受けることができます。

 

評判は上々

@nifty光のv6プラスの評判が良かったので一部ツィッターを掲載します。

と言う具合に、良い内容がツィートされていました。

@nifty光 まとめ

ではニフティ光をまとめます。

  • 月額が超安い
  • ちょっと手間で、ひかり電話に申し込みが必要
  • 評判が良い

という具合に、ちょっと手間ですが、安さを求める方には良い回線かと思います。

 

月額が超安いニフティ光はこちら!

 

v6プラス対応光コラボ まとめ

おすすめ光コラボプロバイダをランキング形式で紹介してきましたが、お客様の要望別にもまとめてみました。

とにかく「安く」v6プラスを使いたい

「安さ」を重視されるのであれば、ニフティ光...と言いたいところですが、初期工事費用が高額だし、仮に転用で工事費用がかからなかったとしても月額割引は適用されません。なので、トータルでの安さ(月額、初期費用、キャッシュバック等)で考慮した場合

  • 新規で安い = ビッグローブ光
  • 転用で安い = @nifty光

が一番おすすめです。その根拠として、2年間の実質月額で3社を「新規開通」と「転用開通」の2種類でまとめてみたのでご覧ください。

新規 月額 特典 初期費用 2年間合計 実質月額
ビッグローブ光ファ 4,980円 22,000円 3,000円 100,520円 4,188円/月
@nifty光ファ 4,500円 15,000円 20,000円 108,500円 4,521円/月
ドコモ光ファ 5,200円 0円 21,000円 145,800円 6,075円/月
ビッグローブ光マ 3,980円 22,000円 3,000円 76,520円 3,188円/月
@nifty光マ 3,400円 15,000円 17,000円 80,200円 3,342円/月
ドコモ光マ 4,000円 0円 18,000円 114,000円 4,750円/月
転用 月額 特典 初期費用 2年間合計 実質月額
@nifty光ファ 5,200円 10,000円 0円 109,600円 4,567円/月
ビッグローブ光ファ 4,980円 10,000円 3,000円 112,520円 4,688円/月
ドコモ光ファ 5,200円 0円 3,000円 127,800円 5,325円/月
@nifty光マ 3,980円 10,000円 0円 81,540円 3,398円/月
ビッグローブ光マ 3,980円 10,000円 3,000円 88,520円 3,688円/月
ドコモ光マ 4,000円 0円 3,000円 99,000円 4,125円/月

※ニフティ光は転用の場合、月額割引キャンペーンが適用外になる。
※ニフティ光は開通月は月額無料

上の表を見て分かる通り、新規はビッグローブ光転用はニフティ光、が一番安くなっています。お客様の環境に合わせて選択されるといいですね。(といってもほとんどの方が新規だったりしますのでビッグローブ光該当の方が多いと思います。)

 

豆知識

そもそも転用とは、「フレッツ光利用中の方が光コラボに乗り換えること」なので、お間違えなく。

例)
フレッツ光+プロバイダA社利用中 ⇒ ビッグローブ光コラボ契約 = 転用
auひかり+プロバイダB社利用中 ⇒ @nifty光コラボ契約 = 新規
どことも契約していない ⇒ ドコモ光コラボ契約 = 新規

※注視すべき点は「今フレッツ光(NTT)と契約しているかどうか」です。

 

また、携帯(スマホ)がドコモの場合は上の表関係なしに「ドコモ光」が一番おすすめです。セット割が効いてくるためトータルで安くなるためです。なのでさらにまとめると

  • 新規申込:ビッグローブ光
  • 転用申込:ニフティ光
  • ドコモの携帯(スマホ)持ち:ドコモ光

という考え方でまず間違いないかと思います。

 

 

ひかり電話を持たない方

ビッグローブ光と@nifty光は「ひかり電話」に加入しないとv6プラスを利用することができません。ひかり電話は基本料金だけでも500円/月かかるため上の表に

ひかり電話の料金:【500円×24ヶ月=12,000円】

を足すとどれも実質月額が上がりますが、唯一ドコモ光はひかり電話に契約しなくて良いのです。

理由

「v6プラス」対応の高性能無線LANルーターを無料レンタルできるから

です。なのでドコモ光だけ500円/月のひかり電話を契約しなくてもv6プラスが利用できるため、ひかり電話を特に必要としていない方は無条件でドコモ光を選ぶのが賢明ですね。

 

まとめの"まとめ"

では最後にまとめのまとめに入ります。

v6プラス自体はどれも高速が期待できるため、品質は各社申し分ないと想定できます。その上で比較するポイントは「料金」になってくるため、お客様の環境によって再度【もっともおすすめの回線】を紹介します。

という具合になりました。どの回線が一番いい!というわけではなく、お客様の環境に合った「v6プラス」の回線をお選び下さい。

長文になりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました。

 

1位 auひかり

auひかりキャッシュバックキャンペーン

【2017年9月1日更新】全てのキャンペーンにおいて太っ腹な大横綱「auひかり」

  • 月額:3,800円~
  • キャッシュバック:最大 50,000円(最短翌月振込)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • スタートサポートプラス:月額1,000円割引/12ヶ月
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円(さらに割引あり!)

2位 ソフトバンク光

【2017年9月1日更新】あのSoftbankがついに動いた!1年で最もお得な時期「ソフトバンク光」

  • 乗換割引:24ヶ月1,000円割引/月
  • キャッシュバック:最大 24,000円
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 NURO光

インターネットの速度が「世界最速」!ソフトバンクのスマホ(携帯)を持っていればさらにお得な「NURO光」

  • 下り最大速度:2Gbps
  • 月額:4,743円(無線LAN+セキュリティ込み)
  • キャッシュバック:最大 35,000円(最短翌月振込)
  • おうち割:月額最大 2,000円割引/台
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:関東圏(広範囲)

 - v6プラス対応, ドコモ光, ネット比較, 光コラボ, 料金【最安値】比較, 裏ワザ・裏情報 , , , , , , , ,