限界突破WiFi×どんなときもWiFi徹底比較!おすすめはコレだぁ!!

 投稿日:2019年10月10日    更新日:

本日2019年10月10日に衝撃的ニュースが流れました。

月額3500円で国内通信が使い放題 エックスモバイルがクラウドSIM対応ルーター「限界突破WiFi」発売

引用:IT media

限界突破だとぉぉ!?!?

クラウドSIMと言えば「au SoftBank docomo」回線を自動的に使える「どんなときもWiFi」が採用している通信技術。実際にどんWiFiを契約していますが、超速くて安定的な通信です。

さらに月額がたったの3,500円で使い放題という限界を突破しようという料金体系なのですが、ここで少しの疑問が生じました。

「限界突破WiFiとどんなときもWiFiってどっちがいいんだろう」

そこで今回はその両者を様々な角度で比較をしていき、

  1. 料金
  2. 機種性能
  3. 通信制限
  4. 契約期間
  5. 海外利用

こちらの5点で比較をしていき、どっちの機種がおすすめかを徹底比較をしていきます。

料金比較

まず肝心な料金から比較していきます。

【限界突破WiFi】

限界突破WiFiの料金

  • 月額:3,500円
  • 2年目以降:3,500円
  • 初期費用:無料
  • 端末代:無料

【どんなときも破WiFi】

どんなときもWiFi料金

  • 月額:3,480円
  • 2年目以降:3,980円
  • 初期費用:3,000円
  • 端末代:無料

なんていうことでしょうか!?2年間はどんなときもWiFiが「20円×24ヶ月=480円」がお得ですが、それ以降は限界突破WiFiがずーっと480円安いです。限界突破WiFiの特徴の1つに「月額がずーっと変わらない」という大きなメリットがあるため、契約したら中々解約はしない方には非常におすすめです。

限界突破WiFiの料金こちらが限界突破WiFiの料金イメージ。ずーっと同じ金額で使えるのは安心ですね。

またどんなときもWiFiは初期費用(初期事務手数料)が3,000円かかりますが、限界突破WiFiは初期費用無料とガチで勝ちにきています。

つまり、トータル料金で圧倒的に限界突破WiFiの方が安くなっています。

機種性能比較

次に機種の性能を比較していきます。

 限界突破WiFiどんなときもWiFi
見た目限界突破WiFi機種どんなときもWiFi機種
タッチパネル
地図・翻訳アプリ有
×
連続使用最大15時間最大12時間
同時接続8台5台
機種代金無料無料

このように、限界突破WiFiの方がすべてにおいてどんなときもWiFiを上回っています。

特に、スマホ型でタッチパネルなのは個人的に使いやすそうと感じました。どんなときもWiFiの機種はシンプルで分かりやすくて実際に使ってみて不便はないですが、スマホ慣れした身からしたら少し物足りないかなという印象です。

では全てを上回った限界突破WiFiの機種について少し掘り下げて見ていきましょう。

限界突破WiFiの機種の良さ①スマホ型

限界突破WiFiの機種

5.7インチの大画面でタッチパネル。まさにスマホ型です。

さらに電池容量も3,400mAhのバッテリーが搭載(⼀般的なスマートフォンより⼤容量)されており、 WiFiとしての連続利⽤も15時間とたっぷり使えます。

限界突破WiFiの機種の良さ②地図・翻訳アプリ

限界突破WiFiの機種

こういうの欲しかった!WiFi端末でそのまま地図アプリが使えるのは超嬉しい!今までは「WiFi電源ON⇒WiFi接続確認⇒スマホの地図アプリで検索」という流れでしたが、限界突破WiFiなら「WiFi電源ON⇒そのまま地図アプリで検索」というスマホを出す手間が1つ減ります。私は結構出張で県外に行くのですが、WiFiを片手に電波を確認しながらさらにスマホも片手にマップを調べるというように「両手がふさがりながら」検索していることが多々ありました。しかし限界突破WiFiなら片手でWiFi機能と地図検索ができてしまうのでとても欲しかった機能です。

また翻訳アプリも入っているため、海外旅行(限界突破WiFiは海外でも利用できる!後ほど詳しく解説)でも使えるため、わざわざ海外いくたびに別途海外専用のWiFiをレンタルしなくて済みます。

 

通信制限比較

【限界突破WiFi・どんなときもWiFi】

  • 通信制限:共になし!
  • 速度制限:共になし!

通信制限や速度制限は共にありません!WiMAXや他のWiFiで「使い放題」といっておきながら、「月間7GB制限」や「3日間10GB制限」があるなど本当の意味での使い放題ではないWiFiばかりでしたが、限界突破WiFiやどんなときもWiFiにはそういった制限が一切なく、本当の意味で使い放題なのです。私もどんなときもWiFiを契約してから数か月経ちましたが、もちろん一度も制限にかかったことがありません。

限界突破WiFiの制限なし

契約期間と解約金

【限界突破WiFiの契約】

  • 契約期間:0~24ヶ月(解約金18,000円)
  • 更新月:①3ヶ月間(解約金無料)
  • 以降の契約期間:②12ヶ月(解約金5,000円)
  • ①②の繰り返し
  • 端末は返却しなくていい!

【どんなときもWiFi】

  • 契約期間:0~24ヶ月
    ∟解約金(0~12ヶ月)19,000円
    ∟解約金(13~24ヶ月)14,000円
  • 更新月:①1ヶ月間(解約金無料)
  • 以降の契約期間:②24ヶ月(解約金9,500円)
  • ①②の繰り返し
  • 要端末返却

契約期間や解約金についても限界突破WiFiの方が断然いいです。両社とも2年間の契約ですが、限界突破WiFiはまさかの更新月「3ヶ月間」もあります!通常更新月は1ヶ月がデフォルトでむしろそれ以外はないと思っていたのですが、3ヶ月も設けているなんて最高な会社じゃないですか!?!?

さらに解約金は更新月無料ですが、限界突破WiFiはそれ以降の契約中の解約はたったの5,000円でいいのです。優しすぎます!

さらにさらに!途中解約をする場合はどんなときもWiFiは端末を返却しないとさらに高額な違約金(+18,000円)が発生するのですが、限界突破WiFiは端末を返却する必要ないし、端末のみの違約金はありません。

もうこれは完全に勝ちにきていますよ!!

海外利用

【限界突破WiFi】

  • 世界107ヵ国
  • 1日380円~
  • 地図・翻訳アプリ内蔵

【どんなときもWiFi】

  • 世界107ヵ国
  • 1日1,280円~

海外利用でも限界突破WiFiに軍配が上がりました。使える国は同じですが、料金が圧倒的に安いです!さらにスマホ型端末に地図・翻訳アプリが内蔵されているため、その場で非常に便利に使うことができます。

アジアで料金比較

限界突破WiFiの海外利用(アジア)

限界突破WiFiのアジア圏内の料金表をホームページから抜粋。仮に「中国」の料金を見てみると、

  • 1日:380円
  • 7日:980円
  • 30日:1,880円

※どんなときもWiFiは1日1,280円×日数

このように長く使うほど圧倒的に安くなっていきます。海外旅行や出張はたいてい日にちが決まっているので、予定を立ててお得な契約プランを考えることができますね。

番外編:速度は最高だった

限界突破WiFiやどんなときもWiFiは同じ「トリプルキャリア」(au SoftBank docomo)のエリア網を使ったクラウドWiFi(SIM)通信方式をとっているため、エリアが広いのはもちろん、どんなときもWiFiを使った速度の使用感は超満足しています。

どんなときもWi-FiのエリアどんなときもWiFi「トリプルキャリア」の通信イメージ

トリプルキャリアの4つのリアルな速度を検証

さらに別記事「どんなときも【3大】デメリットと【4つ】のリアルな速度」で「どんなときもWiFi」で4つのリアルな速度について検証しています。

リアルな速度1:実測は全然遅くなかった!観光地での比較

スペックだけでは分からないので、実際にWiMAX2+とどんなときもWiFiを比較しているレビューを探してきました。

そしたら双方のスピードテストを各地(沖縄)で測定比較していたわたしのネットというサイトがありましたらので一部引用いたします。

計測場所
どんなときもWiFiの通信速度
WiMAX2+(W06)の通信速度
下り
上り
下り
上り
首里城正殿
21.6Mbps7.44Mbps10.3Mbps0.25Mbps
国際通り
22.6Mbps16.7Mbps26.9Mbps5.25Mbps
若狭海浜公園
18.9Mbps13.9Mbps4.39Mbps0.51Mbps

※計測日:2019年3月4日

引用:わたしのネット 本当に無制限!?どんなときもWiFiは契約すべきか他社モバイルルーターと比較してみた

このように沖縄県の各観光地で測定比較をされていたのですが、上り下りともにどんなときもWiFiは非常に安定していますね。ポケットWiFiは外出先はもちろん、このような観光地に旅行や出張に行ったときにも重宝しますので、どこでも安定的に繋がるは魅力的ですね!

リアルな速度2:家の中でも安定感は凄かった

別記事「【THE安定感VS瞬間風速】どんなときもWiFiとWiMAXを7ヶ所で測定比較した結果」で2階建ての戸建ての中「7か所」でWiMAXとどんなときもWiFiの速度比較をしました。

どんなときもWiFiとWiMAX速度比較

どんなときもWiFiとWiMAXのスピードテスト比較

計測場所
どんなときもWiFi
WiMAX2+(W05)
下り
上り
下り
上り
①書斎
13.1Mbps12.6Mbps26.4Mbps0.93Mbps
②寝室1
13.3Mbps13.1Mbps2.80Mbps0.12Mbps
③寝室2
10.6Mbps6.65Mbps圏外圏外
④ガレージ
15.6Mbps12.5Mbps0.79Mbps0.04Mbps
⑤リビング
10.8Mbps8.28Mbps圏外圏外
⑥キッチン
9.83Mbps10.6Mbps1.58Mbps0.06Mbps
⑦お風呂
11.7Mbps5.32Mbps3.14Mbps0.13Mbps
平均
12.1Mbps9.86Mbps4.95Mbps0.18Mbps

結果、どんなときもWiFiが下り上り共に圧勝でした!家のいたる場所で計測するとこんなにも差が出るか!?というぐらいWiMAXの不安定さが目立ちました。(Youtubeでも新たにどんなときもWiFiとWiMAX2+の比較動画を作りました。)

リアルな速度3:実測は全然遅くなかった!都内近辺での比較

スペックだけでは分からないので、実際にWiMAX2+とどんなときもWiFiを比較しているレビューを探してきました。

そしたら面白い比較が何件かあったのでご紹介します。

この方は、大都会東京の新宿区内で速度比較をされたそうです。東京ならどこでも超高速のイメージでしたが、現実例として上記のような結果が。。

またこの方は、駅構内ではWiMAXが圏外だったそうですが、どんなときもWiFiはしっかりつながっているもよう!

最後にこの方は、某W(多分WiMAX)では地下やビルではなかなか電波が入り辛かったそうですが、どんなときもWiFiなら問題なく、むしろ電波が入らない場所を探す方が大変だとか!?w

リアルな速度4:YouTubeの「4K動画」も見れた!

別記事「【まさかの負傷】どんなときもWiFiで「4K」動画を見たらトラブル発生!」で、どんなときもWiFiでYouTubeの【4K動画】を見れるかどうかを実験しました。

YouTube公式は4K動画を見るには20Mbps以上必要と推奨していますが、日中家の中で測定したら22Mbps出ており、そのまま4K動画を難なく見ることが出来ました!(しかし夏場の暑い時期に重い動画を見ていたのでPCが熱くなりすぎて火傷してしまいました泣)

4K動画の測定環境

↓↓↓

WiFiで4Kを見た結果※GIFは80%軽くしましたが、重かったらごめんなさいm(__)m

このように、4K動画(長岡花火で検証)もちゃんと読み込んでいますね!!

こちらの記事内容もYouTubeに動画を面白おかしく編集してアップロードしていますので、よろしければご覧いただければ幸いです。

総括すると「リアルに」早かった

スペック上ではWiMAXやその他回線に完敗でしたが、実測としてはこのように、WiMAXより速かったり電波が劇的に入りやすかったり、4K動画が見れたりなど「4つのリアルな速度」使いやすかったです。

※限界突破WiFiも同じトリプルキャリアの通信方式なので、速度についてはそんなに差が出ないと予想します。

 

圧倒的「限界突破」だった

  • 料金の安さ:限界突破WiFi
  • 機種性能:限界突破WiFi
  • 通信制限:共になし!
  • 契約期間・違約金:限界突破WiFi
  • 海外利用の安さ・使いやすさ:限界突破WiFi

このように、安さや機種性能はもちろん、契約期間や海外利用などほぼ全てにおいて【限界突破WiFi】が優れていました。

内容的にはもう完全にどんなときもWiFiを潰しに来ているようなプランで、全てにおいて上回ろうという闘争心メラメラを感じました。

なので、どちらか迷われている方は、迷わず限界突破WiFiをご選択して下さい。(もう少し待っていれば私も限界突破WiFiを契約していました。諸行無常...)

限界突破WiFi公式サイト

もしくは、

「私ずっとガラケー派でスマホ全然使えないですぅ~」

という、スマホ型が苦手であれば超シンプルで使いやすい作りの「どんなときもWiFi」をお選び下さい。月額も3,480円でエリアが超広く速度も速いため、実際に私も契約していますが、電波状況や速度で不満を感じたことはありません(外出先での速度アベレージ15Mbpsぐらい)

スマホ型が苦手の方は「どんファイ!」

どんなときもwifi

 

WiMAX・WiFiおすすめランキング(2019年10月更新)

1位 JP WiMAX
 

JP WiMAX

【2019年10月1日更新】最新キャンペーン情報に更新しました。

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,800円~
  • CB:1万円(ほぼ確実!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • 1週間無料お試しレンタル可能!
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

2位 どんなときもWi-Fi
 

どんなときもwifi

【2019年10月1更新】

  • 回線:クラウドWiFi(au/Do/SB)
  • 月額:3,480円!
  • 使い放題で3日間の通信制限なし!!!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(D1)
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

3位 GMOとくとくBB WiMAX
 

GMOとくとくBB WiMAX

【2019年10月1日更新】

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,170円~
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • auスマートバリューmine対応
  • オプション2つ必須(最大2ヶ月無料)
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

 

ネット回線全体ランキング(2019年10月更新)

 

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年10月1日更新】今月も!!キャッシュバック大幅UP継続しました!!

  • 工事費用:実質無料
  • CB:5万⇒ 最大52,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円負担!
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年10月1日更新】無線ルーターが最新機種に変更!

  • 月額:3,800円~
  • 工事費用:実質無料
  • CB:最大35,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • スマホ違約金還元:最大9,500円

3位 ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

【2019年10月1日更新】ドコモ光が「初期工事費用無料」キャンペーンを開始しています!!

  • 月額:4,000円~
  • 初期工事費用:無料!!
  • セット割引:最大3,500円割引
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • dポイント:1万ptプレゼント
  • キャッシュバック:最大20,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - WiMAX・WiFi