本ページはプロモーションが含まれています

【PR】本ページにはプロモーションが含まれています

スピードテストおすすめ3サイト!ワンクリック速度測定でPing値も診断!

 投稿日:2019年8月10日    更新日:

※NURO光 難民速報 ※PC版について追加

NURO光のパケットロスの測定方法は「SPEED TEST OOKLA」のアプリ版で測定することができますので、こちらも気になる方はスマホでダウンロード・測定してみて下さい。
※PC版でパケットロスが同じくOOKLAで測定できますが、ソフトをインストールしてさらにライセンス発行が必要になるため手軽で簡単なアプリ版の方をおすすめします。

⇒ ios版 https://www.speedtest.net/apps/ios
⇒ andoroid版 https://www.speedtest.net/apps/android

今話題のNURO光の21時以降に起こるパケットロス問題。(2023年2月現在はだいぶ落ち着きを見せたが)いまだ解決策はなくサポートの対応もあまりよくないという声が散在しております。また契約期間内の解約は解約金であったり工事費用の残債(MAX44,000円)がかかってくるため解約難民で溢れかえっていると想像します。

解約金や工事費用を代わりに負担して乗り換えできる光回線について別記事で書いているのでご参考になれば幸いです。

 

最大5万円負担+7.7万円CB!auひかり

 

最大10万円負担+4万円CB!SoftBank光

 

新たに「ワンクリックスピードテスト(Ookla社)」を実装しました。スタートボタンを押せば通信速度の測定が開始します。是非一度お試し下さい。

PC・スマホ両方対応
■自動で最適なサーバーを探しくれます
■お気に入りに追加して、いつでもお気軽に測定してみて下さい。

スピードテスト

  • 「あれ?光回線なのにを全然読み込まないなぁ」
  • この場所速度遅くね?」
  • 「最近WiFiが遅すぎてイライラする!」
  • 「えッ、もしかして通信制限にかかっている!?」

など、スピードテストをする際に色々なシーンや感情があると思います。このページでは上部の信頼と実績の「Ookla」のスピードテストを最安値ット仕様(左上にロゴが入っています)で作ったワンクリックスピードテストをはじめ、おすすめできるスピードテストサイトを「厳選3社+2」をご紹介していきます。

まずは現状のネット回線の速度を知り、そこからどうするかを対策していきましょう。

※ネット回線の速度改善・対策については別記事「もう嫌!ネット速度が遅い原因【5つ】と【4つ】の改善裏技」をご覧いただければ幸いです。

スピードテストの各ワードの意味

スピードテストをするとよく出てくるワードが、

  • 下り
  • 上り
  • Ping値

ほかにもJitter・パケットロス・Buffer Bloatなどありますが、数が多くなるとややこしくなるのでこの3つ代表格について詳しく解説していきます。

言葉の意味を少しでも理解してスピードテストをすれば、「今はこういう状況だな~」と少しスピードテストが楽しくなります。

下り(ダウンロード)

下り

下り速度が一番需要がある測定値だと思います。いわゆる【受信速度】で、値が大きいほどいいです。

用途としてネット閲覧・動画視聴・メール受信・ファイルダウンロードなど、WEBサーバーからパソコン・スマホ携帯に入ってくる速度です。

値としては、「Mbps」を使っており、よく「メガビット」と呼ばれています。

上り(アップロード)

上り

上り速度は【送信速度】で、値が大きいほどいいです。

用途としてSNSで投稿・動画をアップロード・WEBへの書き込み・メールの送信など、パソコン・スマホ携帯からWEBサーバーに送る速度です。

値としては下りと同じく、「Mbps」を使っており、よく「メガビット」と呼ばれています。

Ping値(レスポンス)

Ping値

Ping(ピン)値は【応答速度】といい、オンラインゲームのような次々と状況が変化していくネットワークの場合Ping値「レスポンス」がとても重要になってきます。

Ping値は値が小さいほどよく、この値が高い方は有線接続(特にカテゴリー7以上のLANケーブル)にすると改善することが多いです。

「下り・上りが速いのに、ネットワークが遅い...」という方は「Ping値」も一緒に見てみましょう。目指せ1桁台。

おすすめスピードテストサイト「3選」

世の中にはたくさーーーん、スピードテストサイトが存在していますが、上記で述べた「下り・上り・Ping値」が分かるおすすめの測定サイトを「5つ」ピックアップしてきましたので、1つ1つご紹介いたします。

信頼と実績のOOKLA「SPEED TEST」

SPEEDTEST

SPEED TEST 

SPEED TESTは当ブログで実装しているワンクリックスピードテストの大本、信頼と実績の「OOKLA」を使っています。下り・上り・Pingが分かる上に、「Change Server」を押すと、サーバーエリアを変更することができます。日本は「Tokyo(東京)」だけでなく、「Bunkyo(恐らく東京都文京区)」「Tsukuba(つくば)」「Sakai(恐らく大阪府堺市)」「Kyoto(京都)」「Hitoyoshi(人吉)」など、様々な最寄りエリアで調べることができます。

※基本的には「Tokyo」で測定して大丈夫です。

またデザインや測定中の動きなどが近代的でクールなので測定中も退屈することが少ないのもプラスですね。

地域ごとの速度が分かる「ブロードバンドスピードテスト」

ブロードバンドスピードテスト

ブロードバンドスピードテスト

ブロードバンドスピードテストは下り・上り・Ping値の測定結果に加えて、

  • 自分のエリア結果を閲覧
  • 以前の結果を閲覧

することができます。

自分のエリア結果を閲覧はマップ上で自分の測定した地域が暫定で表示され(精度高い)その周辺での他の方のスピードテスト結果平均が表示される「比較機能」がついています。

また以前の結果を閲覧は無料会員登録をする必要がありますが、過去に測定した自分の履歴を見ることができるので、定期的に速度を測る必要性がある方にはおすすめの機能です。

パケットロスも測れる「SOURCE FORGE」

※知らぬ間に「SOURCE FORGE」のリンク先が別のものに変わっていましたので、パケットロスを測定ご希望の方は「SPEED TEST OOKLA」のアプリ版で測定することができますので、こちらも気になる方はスマホでダウンロード・測定してみて下さい。
※PC版でパケットロスが同じくOOKLAで測定できますが、ソフトをインストールしてさらにライセンス発行が必要になるため手軽で簡単なアプリ版の方をおすすめします。
⇒ ios版 https://www.speedtest.net/apps/ios
⇒ andoroid版 https://www.speedtest.net/apps/android

SOURCE FORGE

SOURCE FORGE

※別のリンク先に変更になっているため、パケットロスは「SPEED TEST OOKLA」のアプリ版で測定してみて下さい。
※PC版でパケットロスが同じくOOKLAで測定できますが、ソフトをインストールしてさらにライセンス発行が必要になるため手軽で簡単なアプリ版の方をおすすめします。
⇒ ios版 https://www.speedtest.net/apps/ios
⇒ andoroid版 https://www.speedtest.net/apps/android

SOURCE FORGEでは、下り・上り・Ping値の測定結果に加えて、「パケットロス」も測定可能です。

パケットロスとは、データを送信している最中にIPパケットが消失してしまうことです。基本的に0%の値ですが、パケットロスが高くなると、通信のやり直しが行われるので、結果的にデータ通信の速度が遅くなります。

LINE電話のようなインターネット電話は音声が途切れやすくなったり、リアルタイムの動画配信は映像が乱れやすくなります。

 

気軽にすぐ測定できる「2選」

さきほどは「下り・上り・Ping値」が測定できる測定サイトとして3選でしたが、「下り・上り」のみ気軽に測定できるおすすめのサイトを2つご紹介いたします。

The王道「Googleスピードテスト」

Googleスピードテスト

Googleスピードテスト

※上手く飛べない方は、Google検索フォームに「スピードテスト」入力検索して下さい。

当サイトでもよく使っているスピードテストサイトです。昨年ぐらいから使えるようになり、Google検索フォーム上で「スピードテスト」と検索すれば検索トップに出てきます。

分かりやすく動きのあるデザインなので、「今どれくらいの速度だろう~」と思ったら気軽に検索をかけて使用しています。

あと、Googleでトップに出てくるのだから間違いないだろう~という謎の安心感もあります

THEシンプル「fast.com」

fast.com

fast.com

超シンプルなスピードテストサイト「fast.com」下り速度だけを「パッ」と知りたいときに気軽に測定することができます。

世界的に巨大動画サイト「Netflix」が運営しているため安心もできますね。

また「詳細を表示」ボタンを押せば、上り速度と「レイテンシ(遅延)」も分かるため、詳しく見たい方にもおすすめです。

※因みに「レイテンシ(遅延)」はPing値と似ており、違いを分かりやすく例えるとレイテンシが片道の伝達速度でPing値が往復の伝達速度というと少し違いが分かるかと。ただ、あまりレイテンシとして名前表記しているスピードテストサイトがないので、統一してPing値で値を見るといいです。

スピードテストの速度スコアを上げたい方は

「何回やっても速度が遅い!」「スコアだけでなく体感速度もかなり遅い!!」「どうしたら速度が速くなるの~~~!?!?」

と速度やスコアを上げたい方は、別記事「もう嫌!ネット速度が遅い原因【5つ】と【4つ】の改善裏技」をご覧ください。

ここでは、速度が遅い【原因】を1つ1つ潰していき、その過程で速度を改善させていくというやり方を掲載しています。

【速度が遅い原因潰しの一例】

  1. メモリの軽量化
  2. セキュリティの重複確認
  3. パソコンは古い?スペック悪くない?
  4. 無線ルーター 〃
  5. LANケーブルはCAT5e以上か?
  6. フレッツ光は100Mbps時代のままか?

この中でやりやすい原因潰しから行っていき、都度スピードテストを行う。ということをやっていけば光回線利用中の80%以上の方は速度が改善します。

しかし、それでも変わらない方は根本的な「回線本体」に原因(もしくはヘビーユーザーが近くにいる・特定のサイトだけ混んでいるなど)があることが特定できます。

おすすめは「速度」と「安定感」

速度を上げたい方におすすめの乗り換え先のキーワードとなるのが、「速度」「安定感」です。

速度というのが下りの最高速度で、安定感というのが昼も夜も安定的に速い回線のことを指しています。

両方かね揃えている一番おすすめの回線はダントツ「NURO光」です。

NURO光は1つ抜けている

NURO光

NURO光をおすすめする理由が、「下り最大速度2Gbps」という1つ抜けた速度。通常光回線はどこも「1Gbps」が最大表記ですが、NUROはその倍。

そんな速度が速いNURO光の特徴をお伝えすると、

  • 下り最大2Gbps
  • ファミリー:4,727円(税込5,200円)/月
  • マンション:4,727円(税込5,200円)/月
  • 無線ルーター・設定サポート1回分コミコミ!
  • 初期工事費用:無料
  • キャッシュバック:4.5万円(オプション不要)
  • おうち割:1,000円(税込1,100円)割引/月(最大10台)

このように速度が速いだけでなく、超お得な月額料金やキャンペーン・割引など他をつぶす勢いで大盤振る舞いしています。

さらに、各方面からNURO光のスピードテストで驚愕の速度結果を出している声があがっています。

速度が出た口コミ

NURO光にする前のBefore Afterを紹介されていますね。こうやってみると速度が爆速化されているのが分かります。

 

速いだけでなく「安定」しているとのお声も。

 

出た!!1Gbps越え!!!最大2Gbpsじゃないと1Gbpsを超えることは不可能なので、この数字は凄いですね。

 

エリア外に注意

NURO光は光コラボよりもエリアは限定的です。現在、下記エリアとなっており、

NURO光最新エリアマップ

このように北海道・関東・東海・関西・九州(福岡・佐賀)・中国(広島・岡山)NEW 2021年6月~をエリアとしていますが、まだまだ全国区とまではいきません。上記エリアに入っている方も一部地域はエリア外の可能性があるので、一度下記エリア検索フォームのページでお試し下さい。

NURO光のエリア検索はこちら

(ページやや下の下記ボタンをクリックして下さい)

NURO光エリア検索

 

 

圧倒的速度と安定感はNURO光!

 

光コラボなら断然「OCN インターネット」

ドコモスマホユーザーならスマホと光回線のセットでお得なOCNが断然おすすめ!!

NURO光のエリア検索でエリア外だった方にはフレッツ光回線網を使っている「OCN インターネット」をおすすめします。大きな理由としては、

  • 「Tier1」IPバックボーンに接続
  • 次世代の通信方式「IPoE」

OCN独自の通信技術によりOCN インターネットでは回線の遅延や混雑が起こりにくく、より安定してインターネットができる環境を整えています。

「Tier1」IPバックボーンに接続

バックボーンの違い

「Tier1」IPバックボーンについてOCN公式側が解説しているので下記に引用します。

「Tier1」IPバックボーンとは?
 
インターネットの品質を上位プロバイダに頼ることなく、自らをコントロールできる世界規模の広帯域IPバックボーンを有するISPグループのことです。

OCNのIPバックボーンは、世界的なTier1IPバックボーンで提供します。

引用:OCN インターネット

難しい言葉が並んでいますが、要約すると、OCN インターネットの回線は遅延が起こりにくい!ということです。

例)道路の広さで例えると...

  • 一般的なバックボーン:道路が狭く車線が少ないため渋滞が起こりやすい
  • OCNのバックボーン:道路が広く車線が多いため渋滞が起こりにくい

というように確かに道路だと車線が少ないと渋滞は起こりやすいですよね。OCN インターネットのバックボーンは世界規模の広帯域のバックボーンを有しているため世界的な「Tier1」IPバックボーンでサービスを提供しています。

次世代の通信方式「IPoE」

「次世代の通信方式」IPoE

次世代の通信方式「IPoE」についてもOCN インターネット側で解説されていましたので引用いたします。

「次世代の通信方式」IPoEとは?
 

IPoEはネットワーク設備の混雑を緩和し、通信品質の改善をIPoE方式で実現した「次世代型」の新しい接続方式のひとつです。
企業内のLANなどと同じやり方で直接インターネットに接続するため、従来型のPPPoEよりも大容量の通信が可能で、混雑にも強いのが特徴です。

引用:OCN インターネット

同じく難しい言葉が並んでいますが、要約すると、OCN インターネットの回線は混雑が起こりにくい!ということです。

例)同じく道路で例えると...

  • 従来方式PPoE:みんな利用しているのに車線が少ないため渋滞が起こりやすい
  • 新方式IPoE:空いている裏道を利用して車線が多いため渋滞が起こりにくい

というようにOCN インターネットでは空いている裏道でかつ車線多いため渋滞が起こりにくいのです。OCN インターネットは次世代型の通信品質を改善したIPoE方式のため混雑が緩和され、さらに大容量の通信も可能なサービスを提供しています。

OCN インターネットの料金キャンペーン

「OCN Internet」×「ドコモ光」

【料金】

  • ファミリー 1ギガ
    タイプA:5,720円/月
  • マンション 1ギガ
    タイプA:4,400円/月
  • ファミリー・マンション 10ギガ
    タイプA:6,380円/月
  • 初期事務手数料:3,300円
  • 初期工事費用
    1ギガ:無料
    10ギガ:22,000円

【キャンペーン】

  • 1ギガ:最大37,000円キャッシュバック
        :WiFiルーター無料レンタル
        :dポイント2,000pt
  • 10ギガ:最大55,000円キャッシュバック
        :WiFiルーター特価販売
        :dポイント17,000pt
  • 無料開通訪問サポート

【公式割引】

  • ドコモ光セット割
    月額最大1,100円割引/月(最大20回線)

このようにドコモ光OCN インターネットは速度が安定的なだけでなく料金やキャンペーンなども非常にお得になっており、非常に魅力的です。

NURO光圏内外問わず、OCN インターネットを是非ご検討下さい。

 

OCN インターネットはこちら!

OCN インターネット

 

WiFiだとドコモ home 5Gが頭1つ抜けている

ドコモhome5G 2023年7月最新キャンペーン

上記2つは光回線のため、エリア内に入っていないといけないのはもちろん、工事が必要であったり開通まで日数が結構かかるというデメリットがあります。そこで工事不要ですぐ開通できる回線と言えばWiFiとなるのですが、そのWiFiの中で頭1つ抜けている超高速WiFiが存在します。それは

ドコモ home 5G

で、ドコモのエリア網のため超広いだけでなく、なんと「下り最大4.2Gbps」という化け物級に速い速度をうたっています。(さらにネット使い放題!!

【特徴】

  • ☆データ量無制限!!*
  • ☆契約の縛りなし!
  • ☆日本全国対応ドコモエリアで超広範囲
  • 月額4,950円(税込)
    ∟ 初月日割り計算
  • スマホセット割:最大1,100円割引(税込)(対象家族全員
  • 初期費用:3,300円(税込)
  • 端末代:実質無料*
  • キャッシュバック:10,000円(ほぼ確実!!)
    オプション不要
    開通の翌々月末
    口頭で口座情報を伝えるだけ
  • 工事不要でコンセントを指すだけ
  • 下り最大4.2Gbps
  • 開通時期:約1週間~で開通
  • 5G/4G Wi-Fi6対応の高速通信
  • 最大65台接続可能
  • 法人・個人事業主名義で申込可能!
  • 支払い方法:クレジットカード or 口座振替

*ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。とホームページ上に記載あり
*最大36ヶ月間「月々サポート割引額1,100円(税込)」により端末代が相殺されます。

ドコモ home 5G 申込サイト

箇条書きをしましたがすごいことになっていますね!

このドコモ home 5G は別記事「【はい,終わり】ドコモ home 5G 弱点が消えた最強WiFi登場で業界が震えている」でご紹介しました。

「弱点が消えた最強のWiFi」として新たに2021年8月27日に登場し、その弱点が消えたことによりWiFi業界の勢力図が大きく変わろうとしています。

※「☆」をつけた上3つについては特にすごいところなので重点的に詳しく解説いたします。

データ量無制限!!

ドコモ home 5G データ無制限

ドコモ home 5G の一番の特徴といっていいでしょう。なんとデータ無制限で使い放題なのです!!!

公式の記載は少々曖昧...

まずドコモの公式側で無制限についてどのように記載されているか調べてみました。

ドコモのネットワークで快適につながる!
データ量無制限!

  • ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

引用:ドコモ公式 home 5G

このようにドコモ公式側では「混雑状況次第では・・・」「直近3日間のデータ量が特に多い方は・・・」「大量のデータ通信があった場合は・・・」など、曖昧な表現をされており具体的な数字などの表記はされていませんでした。

販売代理店も同様の回答

実際に ドコモ home 5G の販売代理店 NNコミュニケーションズの担当者にも通信制限について確認してみましたが公式同様に具体的な数字の回答は得られませんでいた。

月1,000GB以上も使っている猛者が出現!!

Twitterで容量をたくさん使っている人いないかな~と探していましたら「月1,000GB(1テラ)」以上も使っている猛者が出現しましたのでTwitterを引用させていただきます。

なんとぉ!!!

月に1,000GB以上使っても制限がかかることなく下りが100Mbpsを超えているではありませんか!?!?

これは凄い検証をされましたね!!!

またこの検証は現在も続いておりさきほどの検証は2021年8月の検証でしたが、2021年9月になっても制限を受けることなくバンバン使えているとTwitterで記載がありました。

9月も100GBオーバーしましたが、同様に制限されることなくかなり高速で通信されていますね。

つまり現時点では使い放題ということ

公式・販売代理店・ユーザーのレビューを見た結果、2021年9月現時点では実質的に使い放題で通信することができますが、ドコモ home 5G の契約者が爆増して使用容量が全体を通して大きく上がった場合は特定のユーザーに対して通信制限される可能性がある。

という解釈をいたしました。どちらにしても現時点では実質的に使い放題なのでWiFiの制限が嫌という方には非常におすすめですね!

また今後制限が本格化されてきた場合はこのブログでも事例も含めてご紹介していければと思います。

契約の縛りなし!

ドコモ home 5G 縛りなし

ドコモ home 5G は契約期間の縛りはありません。契約してからすぐに解約しても解約金はかかりませんし、もちろん長~~く利用し続けていても途中解約の違約金であったり月額料金がある期間から上がるということもありません。

しかし、端末代は36ヶ月で実質無料になる仕組みになっていますので、分割で購入されている方は途中解約をされた場合は端末残債分「39,600円-契約月数分」のお支払いが必要になりますのでご注意を。

日本全国対応!

ドコモ home 5G 対応エリア 日本全国

ドコモ home 5G はドコモの5G/4Gエリア対応なので、日本全国が対応エリアとなります!

実際に下記リンクでエリアを調べることができるのですが、ドコモユーザーが一番イメージしやすいのですが、ドコモの4G LTEエリアはすべて網羅されているためかなり田舎な地域でもつながりやすいということです。

ドコモ home 5G のエリア検索ページ

引用:ドコモ公式

田舎で使っている方の口コミ

実際に田舎の地域で使っている方の口コミがTwitterに上がっていたので一部ご紹介します。

この方は4G通信で100Mbps以上で通信ができているみたいですね。

こちらの方も4G通信で100Mbps以上出ていますね。

こちらの方は長野県軽井沢の山と高い木に囲まれている場所でもかなり快適とレビューされていますね。

 

と、このように田舎の地域であったとしてもドコモの4G・LTEエリア内であればかなり快適にネットができるみたいですね。

当サイトも実機レビューしたら驚愕の結果が

ドコモhome5Gの記事を書く上で一番しないといけないことが「実際に自分で使ってみて正直に伝えること」でした。なので2021年10月に開通を行い色々な速度実験を行ったところ、笑いが出るほど速度が出ましたw

※実際のhome5Gの速度実験レビュー記事は下記リンクです。

内容を一部抜粋すると、

★ドコモhome5Gの速度を実機レビューした結果

  • エリアは周りが田んぼだらけの超田舎(電波は4G+で電波強度MAX)
  • 5GHz帯
    下り平均172.4Mbps
    上り平均25.0Mbps
  • 2.4GHz帯
    下り平均58.1Mbps
    上り平均15.3Mbps
  • 5GHzでも2階建て戸建ての家中に電波が飛んだ上に超高速だった

(docomoの電波)金棒(超高性能機種 hr01)

ドコモhome5G 5GHzでスピードテスト※5GHzでレビュー時の最高速度。なんと超田舎な地域で下り175Mbps出ています。

ドコモhome5G 5GHzで家中7か所でスピードテスト※電波強度を確かめるために距離を取ったらどれくらい速度が出るのか各7部屋で実験。どの部屋でも100Mbps超えを連発し、鬼門であるお風呂まで電波が届きました。

このように超田舎な地域(4GLTEエリア)で5G圏内でもないのに170Mbps越えの速度を出したり、機種「hr01」が超高性能が故に最高速度だけでなく遠くまで電波を飛ばしつつ高速を維持するといった離れ業もですなどまさに【鬼(docomoの高速電波)に金棒(超高性能機器 hr01)】で終始笑いが止まらない結果でしたw

 

このようにドコモ home 5G 魅力盛りだくさんの最高のホームルーター型のWiFiです。

特に☆をつけた最大の特徴3つの「データ量無制限」「契約の縛りなし」「日本全国対応」はかなり強力です。これにより今までWiFiの弱点が強みに変わり、

  • ネットが繋がりにくい
    ⇒ 日本全国のドコモ4G/5Gエリアなのでかなり田舎まで網羅している
  • 速度が遅い
    ⇒ 下り平均速度:約150Mbps*
  • 通信制限がある
    ⇒ 現時点では月1,000GBを使っても制限されていない口コミがある

*平均速度を確認したのは「みんなのネット回線速度」という速度投稿サイトです。

このように「弱点が消えた最強のWiFi」として登場したため、WiFi業界の勢力図が大きく変わろうとしています。

田舎の地域でも超エリアが広い!ドコモ home 5G ぜひご検討ください。

 

最強WiFi home 5Gはこちら!

 

遅いなと思ったらスピードテストを

以上でスピードテストサイト「厳選3社+2」のご紹介を終わります。改めてサイトをまとめると、

【厳選3社】

【即測定2社】

基本的に上り下りの速度だけでいい方は即測定できる2社からでもいいのですが、上り下り以外のことを知りたい・理解しておきたい方は厳選3社から使いやすいサイトでテストをするといいです。

スピードテストでスコアが低い、さらに実測でもかなり遅いと感じる場合は、速度が遅くなっている可能性を1つ1つ潰して行きましょう。こちらも改めて潰すポイントをあげると、

【速度が遅い原因の潰し方一例】

  1. メモリの軽量化
  2. セキュリティの重複確認
  3. パソコンは古い?スペック悪くない?
  4. 無線ルーター 〃
  5. LANケーブルはCAT5e以上か?
  6. フレッツ光は100Mbps時代のままか?

これらをやっていけば大抵の方は速度が速くなります。それでもダメで速度が全然改善しない場合は、

これらの中から合う回線を検討していけばいいでしょう。

素晴らしいネットライフを送って下さい。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

圧倒的速度と安定感NURO光はこちら!

 

OCN インターネットはこちら!

OCN インターネット

 

最強WiFi home 5Gはこちら!

 

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2024年6月1日更新】NNコミュニケーションズのキャッシュバック額が最大「72,000円⇒77,000円 」に大幅アップしました!
【2024年6月15日更新】NNコミュニケーションズがKDDI本社から18期連続表彰、さらにクチコミ総数が3,300件突破しました!!(高評価率95%!!

  • 戸建て:5,100円/月~(税込5,610円)
  • マンション:3,800円/月(税込4,180円)
  • 工事費用:実質無料
  • CB:52,000円最大77,000円
    2024年6月最新版!!!
    戸建て・マンション一律!!
    ネットのみでも61,000円
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円(税込2,200円)割引/台
  • UQ自宅セット割:月額最大 780円(税込858円)割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円(税込31,680円)負担!
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円
  • 開通までWiFi無料レンタル
  • レビュー総数:3,300件突破!平均4.7(高評価率95%)

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2024年6月15日更新】エヌズカンパニーがSoftBank本社から6年連続表彰、さらにクチコミ総数が7,800件突破しました!!(高評価率95%!!
【2024年5月16日更新】エヌズカンパニーのキャッシュバックが過去最大額まで増額しています!!(+45,000円)

  • ファミリー:5,200円/月(税込5,720円)
  • マンション:3,800円/月(税込4,180円)
  • 工事費用:実質無料
  • CB:3.3万円最大73,800円
    戸建て・マンション一律!!
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大10万円(税込)
  • おうち割:月額最大1,000円(税込1,100円)割引/最大10台
  • スマホ違約金還元:最大9,500円(税込10,450円)
  • レビュー総数:7,800件突破!平均4.7(高評価率95%)
  • SoftBank本社から6年連続表彰(1社のみの快挙)

3位 ドコモ光(NEW)

【2024年6月15日更新】NNコミュニケーションズドコモ光のキャッシュバックが「最大45,000円」と非常に多く出ます!!

  • ファミリー:5,200円/月~(税込5,720円)
  • マンション:4,000円/月(税込4,400円)
  • 初期工事費用:無料!(2/1~)
  • セット割引:最大1,000円(税込1,100円)割引(最大20回線)
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
    全国で速度実績のある安心機器
    ∟ 3機種から選べる
  • キャッシュバック:1ギガ 35,000円
    ∟ 10ギガ 45,000円
    ∟ dポイント全員:+2,000pt
    ∟ dポイント10ギガ:+17,000pt
    新規・転用・事業者変更 一律
    ほぼ確実に貰える!!(OP不要)
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • レビュー総数:2,000件突破!平均4.7(高評価率95%)

 - 速度改善 , , , , , , , , ,