ついに始まる光コラボ再転用!おすすめの事業者変更先をいち早く紹介

 投稿日:2019年6月29日    更新日:

光コラボの再転用(事業者変更)

この日をどれだけ待ったことか。2019年7月1日についに「光コラボ間再転用」が解禁されます。これにより、多くの方々が光コラボから光コラボへと乗り換えすることができるようになり、新たな波乱の幕開けとなりそうです。。。頂きに立つのはいったいどこの事業者か!?

...といういつもと違うようなナレーション風前置きをしてみました。

今回は、新たに始まる再転用(事業者変更)について詳しく解説するのと、おすすめの転用先やその簡単な乗り換え方法など、光コラボ間再転用尽くめでいきます。

今契約している光コラボを解約・乗り換えできなくてウズウズしている方!必見ですよ!!

再転用(事業者変更)をどこよりも簡単に解説

まず、総務省が発表している内容を記載します。

「事業者変更」の導入について

  • 現状、異なるコラボ光サービスへの変更を行い、同一電話番号※1の継続利用を希望される場合は、既存の仕組みを組み
    合わせ、加入電話への番号ポータビリティを経て、変更先の光回線の新設・ひかり電話への番号ポータビリティを行った上で、
    変更元の光回線を廃止する必要があります。その際、利用者は、立会い工事等の手間が発生しています。
  • 「事業者変更」導入により、立会い工事を要することなく、同一電話番号(ひかり電話で発番した番号を含む)を継続
    利用することが可能になる等、異なるコラボ光サービスへの変更を円滑に行うことができるようになります。
  • コラボ事業者の「事業者変更」の導入有無により、利用者の利便性を損なうことがないよう、全コラボ事業者における導
    入と一斉開始が望ましいと考えます。

※1 加入電話で発番した番号のみ継続利用可能

引用:総務省 光コラボレーションモデルにおける「事業者変更」の対応について

「う~ん...。5回ぐらい読めばなんとなく理解できるかもw」

と少し難しそうなので、事業者変更(再転用)を超~~簡単に言うと、

たった3,000円で工事立ち合いなしで光コラボ間で乗り換えができる(電話番号もそのまま!)

 

再転用の図解

 

光コラボ転用

画像参照1:NTT東日本 事業者変更とは
画像参照2:docomo 他社光サービスからのきりかえ(事業者変更)

ことです。

本当にこれだけです。(笑)

今までは光コラボ同士で乗り換えするには「一旦完全に解約」をしないと不可能だったのですが、2019/7/1からは今光コラボで契約している人は「スムーズ」に光コラボ同士乗り換えすることができるのですね!

ではもう少し具体的に事例を交えながら内容を解説してみましょう。

再転用事例:他光コラボからドコモ光

光コラボ再転用(ドコモ光)

画像参照:docomo 他社光サービスからのきりかえ(事業者変更)

上の図より、現在他社光コラボレーションと契約している場合、同じ光コラボレーションの「ドコモ光」へと乗り換える場合は、工事不要で契約先の変更をするだけで簡単に乗り換えることができます。

図だけを見るととても簡単そうですが、なぜか今までこれがダメだったそうで...。携帯がドコモの人には最高のチャンスですね!(後述するドコモ光とのセット割でかなりお得に。)

 

再転用のやり方

再転用のやり方の流れを簡単にご紹介しますと、

A社=現在契約中の光コラボ
B社=これから契約する光コラボ

  1. 事業者変更番号の発行を、A社へ依頼
  2. 事業者変更番号をB社へ伝え、事業者変更手続きを行う
    有効期限は「15日間」
  3. 事業者変更の工事日を決定
  4. 事業者変更工事の実施、B社としてスタート!
  5. A社を解約

参照:NTT西日本 事業者変更のお手続き

要は現在契約している光コラボと、新しく契約する光コラボ両方との連絡やりとりが必要になります。

※間違ってもNTT本体に連絡しても何もしてくれないので、必ず新旧の光コラボ先に連絡しましょうね。

 

光コラボの区分表

光コラボとそうじゃない回線の見分け方区分表

「自分が契約している回線って光コラボなの?」

と分からない方のために、光コラボとそうじゃない回線の簡単な区分表を作りました。

 事業者一例
光コラボ(再転用)ドコモ光・ソフトバンク光・So-net光・
ビッグローブ光・@nifty光・楽天光・
OCN光・ぷらら光・enひかり...など
フレッツ光(転用)フレッツ光(東・西)
その他光(乗り換え)auひかり・NURO光・コミュファ光・
メガエッグ光・ピカラ光・BBIQ光・
ケーブルテレビ系光...など

このように、「光コラボ(再転用)」の欄の回線同士であれば、今回解説している再転用をすることができます。

転用・再転用・乗り換えの区分表

次に、「転用・再転用・乗り換え」の区分表を作成しました。

  
光コラボ光コラボ:再転用
フレッツ光:乗り換え
その他光:乗り換え
フレッツ光光コラボ:転用
フレッツ光:解約新規
その他光:乗り換え
その他光光コラボ:乗り換え
フレッツ光:乗り換え
その他光:乗り換え

この表の通り、再転用は「光コラボ⇒光コラボ」のみで、転用は「フレッツ光⇒光コラボ」をさしています。どちらもフレッツ光の回線網を使っているの「転用」という言葉が入るのですね。

また「乗り換え」は今の契約を終わるのと同時に場合によっては今の回線の撤去工事などがかかることもあります。

■フレッツ光の解約新規について

解約新規とは、今ある契約を解約して同じ住所で新たに契約を結びなおすことです。通常、そのやり方をフレッツ光でやると様々な新規キャンペーンが対象外になるのですが、身内やご夫婦名義で「ちゃんとした事情」がある前提で契約すれば新規で契約することができるということです。

グレーな方法ですが、私が現場で働いていたときは稀にそういう方がいらっしゃいましたが、新規キャンペーンが適用されていました。(離婚や家を出ていったなど)

これについては別記事でも書いてあるので「フレッツ光⇒フレッツ光」で乗り換えたい人は下記リンクをご覧ください。

 

おすすめの再転用先 光コラボ

それでは、おすすめの再転用先の光コラボをご紹介します。

※因みに再転用先を選ぶ際ののヒントは「セット割とキャッシュバック」です。

 

ドコモ光(GMOとくとくBB)

GMOとくとくBBドコモ光

【再転用でのキャンペーン】

  • ファミリー:5,200円/月
  • マンション:4,000円/月
  • キャッシュバック:最大2万円
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • 速度が遅かったらポイント還元
  • セキュリティ1年間無料
  • セット割引:最大3,500円割引

2015年にスタートしたドコモ光は現在契約者数は550万件(2019年3月調べ、ドコモ公式決算説明会より)を突破しており、さらに光コラボの中でのシェア率も約42%と光コラボレーションの中で1番人気です。

人気の理由は大きく3つあり

  1. Docomo携帯とのセット割引(というか唯一のセット割)
  2. テレビCM効果
  3. プロバイダを多数選べる

という具合に様々な要因があり、消費者のイメージ的に「NTT=ドコモ」⇒「フレッツ光=ドコモ光」のような位置づけられており、光コラボが出た瞬間から爆発的な人気が出たと思われます。(さらにCMも後押し)

スマホとセット割引

ドコモ光スマホ割引

ドコモの携帯を持っている方はドコモ光が断然おすすめです。(というかドコモ光しかセット割引制度がないため)それを実証するために、「スマホセット割引おすすめ比較」記事を以前に書きました。

ここでは、「docomo」「au」「Softbank」の3台キャリアと光回線のセット割引でどの組み合わせが一番お得になるかを比較しました。

そしたら、ダントツで

「docomo携帯 × ドコモ光」

が安くて一番おすすめということが分かりました。

料金シミュレーションができる

実際にセット割引の料金シミュレーションができ、

  • 住居タイプ
  • ご家族のご利用状況
  • 契約プラン
  • ご利用年数

をクリックするだけで割引予想料金が簡単に出てきます。

ドコモ光料金シミュレーション

上の画像は実際に試しにやってみた結果です。思った以上に割引されていてビックリしました。笑

料金が気になる方は一度試しにやってみてもいいかもしれませんね。

 

ドコモセット割の料金シミュレーションはこちら!ドコモ光

 

プロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめ

GMOとくとくBB

ドコモ光は光コラボの中では珍しく(というか唯一?)プロバイダを選択することができます。

26社あるプロバイダの中から何を選んだらいいのか分からない方のために別記事「【ドコモ光で迷ったらココ】おすすめプロバイダを比較!ヒントはv6プラス」でNO.1プロバイダをご紹介しています。

ドコモ光の中に現在「26社」のプロバイダが存在しており、良いプロバイダのみ残すために当ブログ独自に「絞り込みを3回」行いました。

  1. 料金が安いプランAに絞り込み ⇒ 20社
  2. v6プラス対応に絞り込み ⇒ 9社
  3. v6プラス対応無線ルーター無料レンタル ⇒ 3社(GMOとくとくBB・DTI・ぷらら)

※最後の絞り込みの時にhi-hoも残りましたが、無線ルーターがv6プラス非対応でした。

このように3社のみが絞り込みをして残りました3社の特徴を比較表で見てみると、

※スマホの方は横にスクロールすると詳細が出てきます。

プロバイダ無線ルーター下り最大速度機種性能出張無料サポートCB
GMOとくとくBBWXR-1750DHP21.3Gbps2万円
DTIWRC-1167GST2867Mbps×1.5万円
ぷららWN-AX1167GR2867Mbps1.5万円

※ So-netは無線ルーターor出張無料サポートどちらかを選択するキャンペーン

このように一番おすすめのGMOとくとくBBは、So-netやDTIやぷららよりもワンランク上のv6プラス対応無線ルーター「WXR-1750DHP2」を無料レンタルでき(実際に別記事の機種別速度実験で1位になりました。)、その他の条件でも出張無料サポートがついていたり、キャッシュバックも1.5万円貰えたりなど好条件が揃っているので

GMOとくとくBBが一番おすすめできるプロバイダということが証明されました。

 

 

ドコモ光まとめ

【再転用でのキャンペーン】

  • ファミリー:5,200円/月
  • マンション:4,000円/月
  • キャッシュバック:最大2万円
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • 速度が遅かったらポイント還元
  • セキュリティ1年間無料
  • セット割引:最大3,500円割引

光コラボの中でシェア率1位のドコモ光の目玉は「キャッシュバック最大2万円」「v6プラス対応高性能無線ルーター無料レンタル」「docomoセット割最大3,500円割引」キャンペーン実施中です!

また携帯・スマホがドコモの方は大幅なセット割引を適用することも可能なので、docomo=ドコモ光をおすすめします。

 

ドコモ光はこちら!

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

ソフトバンク光(エヌズカンパニー)

ソフトバンク光正規代理店エヌズカンパニー

【再転用でのキャンペーン】

  • ファミリー:5,200円/月
  • マンション:3,800円/月
  • キャッシュバック:1.5万円(確実!)
  • 違約金負担:最大10万円
  • スマホ違約金還元:最大10,260円
  • おうち割:最大1,000円/月割引(最大10台!)

ソフトバンク光の魅力といったらなんとて言っても「キャンペーンが豊富」なこと。

キャッシュバックが1.5万円(確実)も!!(後ほど詳しく解説)また他社から乗り換えの際に生じる違約金の負担を最大10万円というマンモス級の支援。すごい...。

キャッシュバック1.5万円が確実に貰える

ソフトバンク光の再転用キャッシュバック

ソフトバンク光は現金キャッシュバック1.5万円を

  • オプション加入なし!
  • 最短2ヶ月後に振込!
  • 申し込み段階で口座情報をお伝えするだけ!

で貰える超太っ腹キャンペーンを行っています。

またこのキャンペーンはソフトバンク光正規代理店「エヌズカンパニー」が実施しており、別記事「【あぶな!!】ソフトバンク光おすすめ代理店比較!知らないと3万円損!?」の代理店ランキングで確実に貰える1番おすすめの代理店になりました。

他社違約金負担(回線・携帯)

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン

 特典内容対象
回線違約金負担最大100,000
(割賦残債は4.2万円まで)
・他社 解約時の違約金
・撤去工事費
・アナログ電話復活工事費
・モバイルブロードバンド割賦残債
携帯違約金負担10,260円 割引
(1,026円(税込)×10ヵ月)
ソフトバンクスマホ・ケータイ

SoftBank 光 
+ 
おうち割 光セットの申込

ソフトバンク光は再転用であっても上記の違約金負担系のキャンペーンは適用可能です。(エヌズカンパニーのソフトバンク光の担当者に確認済み)

やはり再転用と言えども他社違約金は1万円前後はかかりますよね。。。そういったのを負担してくれる上にキャッシュバックも代理店から別に1.5万円も出るなんて最高すぎます!

また携帯・スマホの乗り換え違約金負担も新規同様に対応しているので、これを機に携帯キャリアの乗り換えもいいかもしれません。

 

おうち割

ソフトバンクおうち割

「ソフトバンク」もしくは「ワイモバイル」のスマートフォンを持っていれば最大月1,000円割引/台となり、最大10台まで割引が効きます。もちろんこの割引は期間限定割引と併用できるのでご安心下さい。

ソフトバンク光まとめ

【再転用でのキャンペーン】

  • ファミリー:5,200円/月
  • マンション:3,800円/月
  • キャッシュバック:1.5万円(確実!)
  • 違約金負担:最大10万円
  • スマホ違約金還元:最大10,260円
  • おうち割:最大1,000円/月割引(最大10台!)

このようにソフトバンク光はキャッシュバックや割引など超太っ腹なキャンペーンが非常に豊富な会社です。

またソフトバンク(もしくはワイモバイル)のスマホを持っていれば「おうち割」で月額1,000円割引(最大10台)が適用になるため、携帯がソフトバンク系の方にはおすすめの光回線です。

 

ソフトバンク光はこちら!

 

ビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)

NNコミュニケーションズ

【再転用でのキャンペーン】

  • ファミリー:4,980円/月
  • マンション:3,980円/月
  • キャッシュバック:1万円(確実!)
  • auスマートバリュー:最大2,000円/月割引(最大10台!)

ビッグローブ光の特徴はやはり「auスマートバリュー」につきますね。

キャッシュバック1万円が確実に貰える

ビッグローブ光は現金キャッシュバック1万円を

  • オプション加入なし!
  • 最短2ヶ月後に振込!
  • 申し込み段階で口座情報をお伝えするだけ!

で貰える超太っ腹キャンペーンを行っています。

またこのキャンペーンはソフトバンク光正規代理店「NNコミュニケーションズ」が実施しており、別記事「【激胸アツ!!】ビッグローブ光代理店キャッシュバック比較!点数でランキング化」の代理店ランキングで確実に貰える1番おすすめの代理店になりました。

auスマートバリュー

auスマートバリュー

「au」の携帯・スマートフォンを持っていれば最大月2,000円割引/台となり、最大10台まで割引が効きます。ご家族にauユーザーがいる場合はとてもうれしい割引ですね。

ビッグローブ光まとめ

【再転用でのキャンペーン】

  • ファミリー:4,980円/月
  • マンション:3,980円/月
  • キャッシュバック:1万円(確実!)
  • auスマートバリュー:最大2,000円/月割引(最大10台!)

このようにビッグローブ光(NNコミュニケーションズ)はキャッシュバックが確実に貰うことができます。

またビッグローブの携帯・スマホを持っていれば「auスマートバリュー」で月額2,000円割引(最大10台)が適用になるため、携帯がauの方にはおすすめの光回線です。

 

ビッグローブ光はこちら!

 

最後に、再転用先は「コレ」を選べ

おすすめの再転用先プロバイダを3つ紹介しましたが、選び方として

上記のような選び方をすれば、再転用で失敗しにくいと思います。

もちろん、どの回線もv6プラス(IPv6オプション)に対応しているため、ネットが高速で安定しやすいです。

再転用の際はこの記事をご参考いただければ幸いです。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

ドコモ光はこちら!

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

ソフトバンク光はこちら!

 

ビッグローブ光はこちら!

 

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年7月1日更新】なななんと!!キャッシュバックが今月から大幅UPしました!!

  • 工事費用:実質無料
  • CB:5万⇒ 最大52,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円負担!
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年7月1日更新】ソフトバンク光の代理店キャッシュックが過去最大!!

  • 月額:3,800円~
  • 工事費用:実質無料
  • CB:最大35,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • スマホ違約金還元:最大10,260円

3位 ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

【2019年7月1日更新】ドコモ光が「初期工事費用無料」キャンペーンを開始しました!!

  • 月額:4,000円~
  • 初期工事費用無料!!
  • セット割引:最大3,500円割引
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • dポイント:1万ptプレゼント
  • キャッシュバック:最大20,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - ネット比較, 光コラボ, 裏ワザ・裏情報