本ページはプロモーションが含まれています

【PR】本ページにはプロモーションが含まれています

【創業時】固定電話を市外局番ありで限界まで安くする方法2選

 投稿日:

固定電話の市外局番を格安で取得する方法

新しい事業を個人事業主・法人として創業する際に一度は考える「固定電話がいる?いらない?」論争。実際に総務省が発表している「令和4年通信利用動向調査の結果 主な情報通信機器の保有状況(世帯)」によると、令和4年度の1世帯あたりの固定電話保有率は「63.9%」あり、事業用ではない人も含めまだまだ固定電話を契約している方がいらっしゃいます。

また会社となると、信用のために市外局番を持っておいたほうがいいと考える方も大多数いらっしゃると思います(私も創業時そうでした笑)ので、今回は、

固定電話(市外局番あり)をいかに安く契約できるか?※光電話以外でさらに安いサービス

を解説いたします。こらから創業される方やすでにされた方で固定電話をまだ持っていない方で固定電話を検討している方は是非最後までご覧下さい。

企業が固定電話を持つメリット・デメリット

創業時の固定電話メリットデメリット

メリット

最大のメリットとして「信用」です。

例えるなら、当ブログのジャンルがネット回線系なので「光回線の申込サイト」で考えた場合、申込前に電話で質問してみようと思った際に、

  • 090から始まる番号
  • 050から始まる番号
  • 03(0120)から始まる番号

この3つがあった際にどこが一番安心して電話をすることができますでしょうか?

090の場合だと、「個人」感が凄く出てしまうので申込会社には相応しくないです。

050の場合だと、個人感は薄れますが、050の番号があまり見慣れないので少し不安になります。

03(0120)の場合だと、固定番号だということは明白でかつ、「企業」感が出ます。またネット回線の申込サイトだと0120は無料で通話ができるので気軽に電話することができるのでより安心につながります。

なので、申込やお問い合わせが来て欲しい考えている方は固定電話の方が安心・信用できるのでおすすめです。

デメリット

最大のデメリットは「高い」です。

まず、従来の固定電話の料金についておさらいをしておきます。アナログ電話と光電話の料金を掲載します。

 アナログ電話光電話
電話基本料金1,700円
(税込1,870円)
500円*
(税込550円)
通話料金市内/3分8.5円日本全国
8円
県内市外/3分20~40円
県外/3分20~80円
国際電話アメリカ合衆国宛て/1分

グアム・サイパンなど一部を除く。
60円(免税)9円(免税)
携帯電話ドコモ宛て/1分20円16円
au宛て/1分30円17.5円
SoftBank宛て/1分40円17.5円

*NTT東日本の料金で計算
*光電話は500円(税込550円)とは別にネット料金が4~5,000円近くかかります。

通話料金引用:docomo ドコモ光電話

上の表の通り、今では光電話が主流で月額基本料金や通話料もアナログ回線に比べてかなり安いのですが、別途ネット代を払わないといけません。月額が安い光コラボレーションでもファミリープランなら5,000円近く、マンションプランなら4,000円近く費用がかかってきます。

これでは固定電話だけが欲しい方からしたら結局料金が上がってしまうことになります。

 

つまり、固定電話を通常引こうと思ったら信用を得るために月々少なくても1,700円以上(アナログ電話の場合で、光電話の場合は500円+ネット代)を払わないといけないため、創業したてのお金がない時期にこの料金は少々重荷になってきます。

 

しかしご安心下さい。次項でこの固定電話の料金を安く、かつ市外局番を取得できる新しいサービスを複数ご紹介しますので「信用を得れつつ、経費を抑える」おすすめのサービスを「2社」ご紹介します。

 

月550円と超格安「おうちの電話」

おうちのでんわ 基本料金550円~/月 ※1 別途、通話料がかかります。

おうちの電話の月額

  • 1年間500円(税込550円)/月のみ!
  • ソフトバンク・ワイモバイルキャリアなら永年500円(税込550円)/月!
  • 端末代金が実質無料!
  • 電話オプションを2つ選べて280円(税込308円)/月
    or
    電話オプションを5つ選べて580円(税込638円)/月
  • ソフトバンク携帯電話との国内通話が24時間無料
  • 対応エリア全国の市外局番

引用:光・アナログ以外の格安固定電話「おうちの電話」が無敵過ぎる件

このように、本当にたった500円(税込550円)/月で電話を持つことができるのです!

しかも光電話のようにネットの契約がいらないので、ネット代の余計な費用を払いたくない方からしたら最高に安いです!

また「通話料」も安くなっており、

全国どこにかけてもおトクな通話料! 固定電話あて(3分あたり) 全国一律8.789円 おうちのでんわ/BBフォン/ホワイト光電話あて 無料※6 ソフトバンクあて 無料※7 ワイモバイル/他社あて(1分あたり) 17.6円

このように光電話のように通話料が安くなっているうえに、

  • ソフトバンク携帯あての通話料:無料
  • おうちの電話/BBフォン/ホワイト光電話あての通話料:無料

これらへの通話料金が無料という、光電話の上位版のような存在です。

工事なしでつなげるだけ

おうちの電話

おうちの電話のもう1つの特徴が「工事不要」でつなげるだけの簡単設定のところです。どういうことかを図説すると、

おうちの電話の設定

このように、

  • すでにアナログ電話を使っている方(番号引継ぎも可能!)
  • 新しく電話を持ちたい方

が簡単におうちの電話を始めることができるようになっており、モジュラージャック(電話回線用の穴)を使わずともコンセントと電話機に繋げるだけで簡単に開通することができます。

※モジュラージャックの見分け方

モジュラージャック(電話端子)画像引用:パナソニック マルチメディアコンセント

よくLAN端子と電話端子とを間違える方がいらっしゃいますが、LAN端子は下側に「凸」があり、電話端子は上下に「凸」があります。

今回のおうちの電話はLAN端子や電話端子を使わずに開通できるため、こちらの端子の有無は気にしなくて大丈夫です。

セットでさらに安く

おうちの電話の月額

おうちの電話のセットサービス「でんわまとめて割」を利用すれば、月額が永年500円(税込550円)で使うことができます。セットの条件として

  • ソフトバンクの携帯
  • ワイモバイルの携帯
  • ソフトバンクAir

※対応プランはこちら

のいずれかを契約していれば、「でんわまとめて割」が適用することができます。

また、オプションもでんわまとめて割で割引されるようになっており、

でんわまとめて割のオプション割引

【オプション一覧】

  • 番号表示サービス:200円(税込220円)
  • キャッチ電話サービス:300円(税込330円)
  • 着信転送サービス:500円(税込550円)
  • 番号通知リクエスト:200円(税込220円)
  • 着信お断りサービス:200円(税込220円)

これらオプションを2つ選べて月額たったの「280円(税込308円)」とかなり格安でご利用することができます。私個人的には、「番号表示(ナンバーディスプレイ)200円(税込220円)」「転送500円(税込550円)」をよく使うのでこちらを選びたいですね。

さらに、初期費用もでんわまとめ割で割引対象となっており、

 「おうちのでんわ」のみの
お申し込み
「でんわまとめて割」
お申し込み
契約事務手数料800円
(税込880円)
800円→0円
番号利用登録料1,000円
(税込1,100円)
1,000円→0円
番号継続登録料2,000円
(税込2,200円)
2,000円
(税込2,200円)

このようにさまざまな料金が無料になるという、乗り換えしやすいようにサービスされています。

 

ソフトバンク系の携帯を持っている方だけでなく、工事不要のネット回線「ソフトバンクAir」を契約していればセット割が受けれるのであれば、これを機にソフトバンクAirも検討してもいいですね。

合体ができる!?

※因みに、おうちの電話とソフトバンクAirは機種同士上下で合体できるように設計されており、ご自宅にスタイリッシュに置くことができます。

おうちの電話の機種こちらがおうちの電話の機種

↓↓↓

おうちの電話とソフトバンクAirのドッキングそしてこちらが、おうちの電話とソフトバンクAirが合体した画像。ドッキングできるのはロマンを感じますね笑

「モバレコAir」というSoftBankAirの上位互換版の存在

モバレコエアー

実は、ソフトバンクAirにはあらゆる面での上位互換版「モバレコAir」という回線が存在します。いわゆるアライアンスモデルというのですが、要はジェネリック医薬品みたいなもので、「同じ機種・回線を別料金体系で展開」しているサービスのことをいいます。

※もちろん、本家ソフトバンクAir同様におうちの電話とのセット割引も適用できます。

また機種も本家と同じものを使っているため、おうちの電話との合体も可能です。

(モバレコAirの担当者にメールで確認済み)

そんなモバレコAirの料金サービス概要を箇条書きで説明すると、

  • 最短3日で開通!
  • 月額:1,970円(税込2,167円)*
  • 初期費用:3,000円(税込3,300円)
  • 下り最高速度:962Mbps
  • 3日間の通信制限:なし!
  • キャッシュバック:1.7万円(ほぼ確実)
  • おうち割:1,000円(税込1,100円)割引/月(最大10台)
  • 他社違約金負担:最大10万円

* 1~2ヶ月目が1,970円(税込2,167円)、3~24ヶ月が3,344円(税込3,679円)になります。

月額「1,970円(税込2,167円)」という安さに加えて、キャッシュバックや割引などの大きな特典がたくさんありなんかすごいことになっていますが、まずはモバレコAirが何なのかを簡単にご紹介。

ソフトバンクAirとの違い

モバレコAirとは

モバレコAir ホームページ

別記事、「モバレコAirを絶対におすすめできない【2つ】の数字マジック」でソフトバンクAirとモバレコAirの違いについて解説しました。

 

要は実態としてはソフトバンクAirそのものを本家よりも月額を安く展開しているということです。

 

モバレコAir通信制限なし

もちろん!!上の図の通り、ソフトバンクAir本家同様に「3日間の通信制限なし」なので変わらず快適にご利用いただきます。WiMAXのような3日間の通信制限に悩まず済むのでこれは嬉しいサービス。

 

「本家」よりも「代理店最強」よりも圧倒的にお得だった...

モバレコAirの料金

またさきほどの記事で、ソフトバンクAir本家やソフトバンクAir最強代理店「NEXT」と料金を詳細まで比較した比較表を作りましたが、月額料金の安さはもちろん、トータルの金額まで圧倒的にモバレコAirが安かったです。

比較表で改めて差額を紹介します。(本家よりもNEXTの方が特典が良かったのでNEXTと比較した表を掲載します)
全て税込表示

回線モバレコAirソフトバンクAir
正規代理店NEXT
詳細ページ
月額1*2,167円3,080円
月額2*3,679円3,080円
月額3*3,679円5,368円
月額4*5,368円5,368円
初期費用3,300円3,300円
代理店CB*-17,000円-30,000円
2年間合計71,572円74,676円
3年間合計135,988円139,092円

* 2023/2/11 月額キャンペーン確認
* 月額1は1~2ヶ月間、月額2は3~12ヶ月間、月額3は13~24ヶ月間、月額4は25ヶ月以降の料金

* CBとはキャッシュバックの略
* NEXT社はSoftBank Air 新生活を快適に!2万円キャッシュバックを併用した場合には、キャッシュバックの金額は30,000円となります。
* 全て税込表示

おおおおおお!!!

モバレコAirの方が断然お得ではないですかぁ!?!?

2年間合計の料金差額は「74,676円 - 71,572円」= 3,104円(税込)

ソフトバンクAirと同じ電波・同じ機種を使っているのでモバレコAirの方が断然お得だということが分かりますね!

 

【月額が安くCBたくさん】モバレコ Air はこちら

 

かなりお得な市外局番を持てる固定電話としておうちの電話をご紹介しましたが、まだほかにも格安でおすすめな会社があるのでご紹介します。

 

外出先から市外局番を発着信「03plus」

03plus

  • 月額基本料金:980円(税込1,078円)
    ∟ 年払いなら1,200円お得!
    ∟ 1端末契約
  • 初期費用:5,000円(税込5,500円)
  • 最大1ヶ月無料お試し可能
  • 10分かけ放題:1,000円(税込1,100円)
    ∟ 年払いなら半年間無料!
  • オプション
    ∟ +1端末:税込770円/月
    ∟ 追加番号:税込220円/月 など
  • 市外局番:46局対応(2023年11月時点)
  • 開通工事なし

スマートフォンさえあれば、市外局番の番号を持てる時代になりました。

03plusは開通工事なしで03、06などの市外局番の番号を取得することができ、月額たったの980円(税込1,078円)で利用でき、そして外出先でもスマートフォンから市外局番の番号を発着信することができる画期的なIP電話サービスです。

事業内容的にオフィスにあまりいない方や、固定電話機を置く予定がなかった方にはピッタリなサービスで、申込後にスマホに「03plus」のアプリを入れれば発着信ができます。

数年前はこれの050バージョンがあったのですが、まさか市外局番の番号をスマホから発着信できるようになるなんて思いもしませんでした。(2016年に開業しましたが私の開業時にこのサービスがあれば間違いなく申込していましたw)

市外局番46局対応の幅広さ

  • 東京(03)
  • 札幌(011)
  • 先代(022)
  • 武蔵野三鷹(0422)
  • 国分寺・武蔵野三鷹・立川・八王子・相模原(042)
  • 青梅(0428)
  • 所沢(04)
  • 千葉(043)
  • 横浜(045)
  • 厚木(046)
  • 平塚(0463)
  • 藤沢(0466)
  • 鎌倉(0467)
  • 柏(04)
  • 市川・船橋(047)
  • 成田(0476)
  • 浦和・川口・草加(048)
  • 川越(049)
  • 名古屋(052)
  • 瀬戸(0561)
  • 刈谷(0566)
  • 春日井(0568)
  • 一宮(0586)
  • 大阪(06)
  • 寝屋川・堺・茨木・池田・八尾(072)
  • 和泉(0725)
  • 京都(075)
  • 三田(079)
  • 神戸(078)
  • 西宮(0797)
  • 西宮(0798)
  • 広島(082)
  • 福岡(092)
  • 北九州(093)
  • 上記以外のエリア(050)

参考:03plus サービス提供エリア

提供エリアは都心部や政令指定都市を中心に広がっていますが、エリア外の場合は強制的に050の番号となるので契約前に公式サイトでエリア要確認ですね。まだまだエリア外の市外局番が多くあるため今後に期待ですね。

料金の仕組み

03plusの料金

※通話料:アプリからの発信:20円/30秒、専用IP電話機、宅内機器からの発信:市外局番宛 8円/3分、その他携帯宛など 17.5円/1分

月額料金は非常に簡単で、1端末(スマホ)の利用だけなら初期費用税込5,000円(税込5,500円)の月額980円(税込1,078円)で利用でき、年払いなら税込1,320円お得にご利用できます。

10分かけ放題

また、通話を頻繁にかける方は10分かけ放題プランオプションがあり、1回の通話で10分間までなら月額税込1,100円でかけ放題で、こちらも年払いなら税込6,600円お得にご利用することができます。

その他オプションの料金表は下記通りです。

追加ID(1回線)

初期費用:5,000円

利用料:700円/月

※電話番号は付属しません。

追加番号(1電話番号)

利用料:200円/月

10分かけ放題(1IDあたり)

1,000円/月

留守番電話(1番号あたり)

280円/月

時間外アナウンス(1番号あたり)

800円/月

クラウドFAX(1番号または1IDあたり)

500円/月

WEB電話帳(1IDあたり)

280円/月

転送電話(1番号あたり)

500円/月

通話録音(1番号あたり)

3,000円/月

IVR(自動音声応答)(1番号あたり)

3,000円/月

受付アプリ(1IDあたり)

初期費用:3,000円

利用料:500円/月

留守レポ(1番号あたり、100件まで)

2,280円/月

表引用(公式サイトは全て税抜表記でした):03plus 料金について

追加ID(利用スマホ台数)であったり、固定番号の追加、留守番電話や転送サービス(正直、03plusの場合は転送サービスはそこまで必要ないと思いますが)など色々ありましたが、お得なオプションセットがあったのでご紹介いたします。

【ベージックセット】

ベーシックセット

通常の基本料金にプラスして時間外応答+留守番電話サービスがついて月額780円(税込858円)と割引価格でご利用できます。

【スタンダードセット】

スタンダードセット

電話だけでなくFAXも別番号で必要な場合お得な内容となっており、基本料金にプラスして留守番電話(通常価格:280円/月)/ クラウドFAX(通常価格:500円/月) / 追加ID(通常価格:700円/月)/ 追加番号(通常価格:200円/月)で価格が1,180円(税込1,298円)/月(通常価格:1,680円/月)とかなり割安になっています。

【プレミアムセット】

プレミアムセット

電話番号兼FAX番号と同じ番号で大丈夫。けどオプションを色々とお得につけたい方にはおすすめの内容となっており、留守番電話(通常価格:280円/月) / 時間外アナウンス(通常価格:800円/月) / クラウドFAX(通常価格:500円/月) / WEB電話帳(通常価格:280円/月)/ 転送電話(通常価格:500円/月)で価格が1,780円(税込1,958円)/月(通常価格:2,360円/月)とかなりお得な内容になっています。

時間外アナウンスは結構優秀

時間外アナウンス

時間外アナウンスとは、業務時間外(営業時間外)や休日などのスケジュールを設定し、その時間に着信した相手に自動応答メッセージを流すサービスです。 業務時間外や土日祝日以外にも休憩時や特別行事など詳細な営業時間外設定が可能なため、電話相手に細やかなアナウンス対応ができ営業チャンスのロスを改善します。

実際のデフォルト音声が公式サイトにアップされていたので下記に掲載します。

スマートフォンに着信が来るのでお休みの時などは留守番電話にしておきたい方、でも仕事用の市外局番の番号だから携帯電話の留守番電話のような応答にはしたくない、方にはかなりおすすめなオプションとなっています。

料金シミュレーションをして実際に計算してみた

公式サイト内に料金シミュレーションのページがあったので、本当にこの格安料金でできるか計算してみました。

【想定条件】
とりあえず固定電話が欲しく、発着信はできるようにしておきたい方向けに。

  • ID:1つ(スマホ1台分)
  • 固定の電話機やFAXはおかない
  • 年払いにして安く
  • 電話はほとんどしない
  • 恐らくほとんど電話がかかってこないのでオプション系はいらない

↓↓↓

03plusの料金シミュレーション

オプションなしで上記価格になりました。

初期費用5,000円(税込5,500円)割引後月額年払い費10,560円(税込11,616円)なので、初期費用を抜いた月額料金が割引入れて880円(税込968円)なのでかなり安く利用できますね。

03plusのお得なオプション

また、セットオプションも選択しやすくなっているため、ご自身にあったプランをご選択できそうそうですね。

03plus まとめ

【03plus】

  • 月額基本料金:980円(税込1,078円)
    ∟ 年払いなら1,200円お得!
    ∟ 1端末契約
  • 初期費用:5,000円(税込5,500円)
  • 最大1ヶ月無料お試し可能
  • 10分かけ放題:1,000円(税込1,100円)
    ∟ 年払いなら半年間無料!
  • オプション
    ∟ +1端末:税込770円/月
    ∟ 追加番号:税込220円/月 など
  • 市外局番:46局対応(2023年11月時点)
  • 開通工事なし

超格安でスマホで市外局番を発着信でき、オプションで番号や利用端末を増やしたりなど用途に合わせて幅を広げることができる画期的なサービスです。

創業後はオフィスにあまりいない、固定電話をあまり発着信する予定がない、固定電話機やFAX機を持つ予定がない方にはピッタリなサービスだと思いますので是非ご検討下さい。

 

03plusはこちら!

 

まとめ 固定電話は限界まで安くできた

今まで固定電話といえばアナログ電話や光電話でしたが、どちらも月額料金が高かったです。(光電話は一見安いですが別途ネット基本料金がかかってきます)

しかし市外局番を取得することにフォーカスをしたら今回「格安2社」も見つけることができました。

【おうちのでんわ】
月550円で市外局番が利用できる超格安固定電話サービス

  • 1年間500円(税込550円)/月のみ!
  • ソフトバンク・ワイモバイルキャリアなら永年500円(税込550円)/月!
  • 端末代金が実質無料!
  • 電話オプションを2つ選べて280円(税込308円)/月
    or
    電話オプションを5つ選べて580円(税込638円)/月
  • ソフトバンク携帯電話との国内通話が24時間無料
  • 対応エリア全国の市外局番
  • 開通工事なし

【03plus】
外出先でスマホで市外局番を発着信できる

  • 月額基本料金:980円(税込1,078円)
    ∟ 年払いなら1,200円お得!
    ∟ 1端末契約
  • 初期費用:5,000円(税込5,500円)
  • 最大1ヶ月無料お試し可能
  • 10分かけ放題:1,000円(税込1,100円)
    ∟ 年払いなら半年間無料!
  • オプション
    ∟ +1端末:税込770円/月
    ∟ 追加番号:税込220円/月 など
  • 市外局番:46局対応(2023年11月時点)
  • 開通工事なし

調べてみたら凄いのが出てきましたね。分かりやすく分けると、

通常通り事務所で固定電話機を使った市外局番の発着信は「おうちのでんわ」

屋内外で利用でき、固定電話機のいらないスマホでの発着信は「03plus」

という違いになりますが、圧倒的に安いのは「おうちのでんわ」です。またおうちのでんわはソフトバンクエアー(モバレコエアー)とのセット割が適用になりますし、物理的にドッキングができるためネット回線も一緒に考えている方にはさらにおすすめですね。ご利用シーンにあった会社をお選び下さい。

 

おうちのでんわ はこちら

物理的に合体できる モバレコ Air はこちら

 

03plusはこちら!

 

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2024年5月22日更新】NNコミュニケーションズのキャッシュバック額が最大「72,000円⇒77,000円+WiFiルーター 」に大幅アップしました!
【2024年5月16日更新】NNコミュニケーションズがKDDI本社から18期連続表彰、さらにクチコミ総数が3,200件突破しました!!(高評価率95%!!

  • 戸建て:5,100円/月~(税込5,610円)
  • マンション:3,800円/月(税込4,180円)
  • 工事費用:実質無料
  • CB:52,000円最大77,000円
    2024年5月最新版!!!
    戸建て・マンション一律!!
    ネットのみでも61,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円(税込2,200円)割引/台
  • UQ自宅セット割:月額最大 780円(税込858円)割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円(税込31,680円)負担!
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円
  • 開通までWiFi無料レンタル
  • レビュー総数:3,200件突破!平均4.7(高評価率95%)

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2024年5月16日更新】エヌズカンパニーがSoftBank本社から6年連続表彰、さらにクチコミ総数が7,600件突破しました!!(高評価率95%!!
【2024年5月16日更新】エヌズカンパニーのキャッシュバックが過去最大額まで増額しています!!(+45,000円)

  • ファミリー:5,200円/月(税込5,720円)
  • マンション:3,800円/月(税込4,180円)
  • 工事費用:実質無料
  • CB:3.3万円最大73,800円
    戸建て・マンション一律!!
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大10万円(税込)
  • おうち割:月額最大1,000円(税込1,100円)割引/最大10台
  • スマホ違約金還元:最大9,500円(税込10,450円)
  • レビュー総数:7,700件突破!平均4.7(高評価率95%)
  • SoftBank本社から6年連続表彰(1社のみの快挙)

3位 ドコモ光(NEW)

【2024年5月16日更新】NNコミュニケーションズドコモ光のキャッシュバックが「最大45,000円」と非常に多く出ます!!

  • ファミリー:5,200円/月~(税込5,720円)
  • マンション:4,000円/月(税込4,400円)
  • 初期工事費用:無料!(2/1~)
  • セット割引:最大1,000円(税込1,100円)割引(最大20回線)
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
    全国で速度実績のある安心機器
    ∟ 3機種から選べる
  • キャッシュバック:1ギガ 35,000円
    ∟ 10ギガ 45,000円
    ∟ dポイント全員:+2,000pt
    ∟ dポイント10ギガ:+17,000pt
    新規・転用・事業者変更 一律
    ほぼ確実に貰える!!(OP不要)
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • レビュー総数:2,000件突破!平均4.7(高評価率95%)

 - WiMAX・WiFi, 裏ワザ・裏情報