【無派遣工事の罠】BIGLOBE光マンションタイプを開通したら、信じれない速度が!

 投稿日:

無派遣工事でビッグローブ光を開通

先日、アパートを借り際にネットと電話が必要だったため、「どうせだし光回線にするか」と思い、思い切って光を開通してみることにしました。

そこでどの光回線にしようか検討した結果、自分で書いた記事 【光コラボ厳選9社】絶対に後悔しない最安値比較【毎月更新】を参考に「新規・マンションタイプ」で探したところBIGLOBE光が一番いいなと思って契約しました。

実質月額の料金的には2018年7月時点でビッグローブ光は2位でしたが、

  • auスマートバリュー
  • v6プラス(IPv6オプション)

に対応しており、auによる月額割引の恩恵と、v6プラスで速度が安定して高速化が期待できたため、判断には迷いませんでした。

 

今回は、そのビッグローブ光マンションタイプ(無派遣工事)を開通する際につまづいた点とその対策法を経験に基づいてお伝えしていこうと思います。

また最後に開通後のネット速度も驚愕のスピードがでましたので最後までお楽しみください。

 

無派遣工事とは

無派遣工事とは

光回線の無派遣工事とは、工事担当者が訪問しなくても簡単に開通できてしまう工事のことをいいます。

無派遣工事の流れとしては

  1. 無派遣工事日(開通日)が決まる
  2. 工事日の2日前ぐらいに接続機器(ONU)が届く
  3. 工事日の指定の時間までに接続機器を繋げておく

以上のように、実際に工事担当者と立ち会う事なく、事前に機器を繋げておくだけで光回線が開通できてしまうのでとても気が楽です。

 

図解

言葉で説明してもいまいちピンとこないと思いますので、図で解説いたします。

無派遣工事の図解

光ファイバーの引き込みから光コンセントの設置までが済んでいれば大抵無派遣工事になります。

無派遣工事の大前提として宅内の光コンセントの設置までが完了していることです。

 

鍵は「光コンセント」の有無

また無派遣工事になるかどうかの重要なカギになってくるのは「光コンセント」があるかないかで大きく変わってきます。

無派遣工事の光コンセント

上の画像が光コンセントです。(新しく開通したアパートの写真)これが今回無派遣工事の決め手になりました。

ここには「光コンセントSC挿入口」と書かれており、専用のケーブルを「カチッ」と入れれるようになっています。

光コンセントがあっても注意が必要

しかし、

光コンセントがある=無派遣工事 ...が100%というわけではないのです。

光回線というのは年々進化しており、光コンセントまでの工事をしたのが数年前であったりしたら、最新の光回線の速度に対応していなかったりします。

また、光コンセントはあるが、上の図解での「スプリッタから光コンセントまで」の配線が撤去工事されていたりしたら、派遣工事をしないと開通することはできません。

まあでも経験上、光コンセントがあれば高確率で無派遣工事になりますのでそこまで心配せずに。

いずれにしても、申込後に工事担当者から派遣か無派遣かの連絡がありますので、そのときご確認下さい。

 

無派遣工事ができない!?

光回線を無派遣工事できない理由

光コンセントが事前に確認できていたし、型も古くなさそうだったので「普通に無派遣工事で決まりだろう」と思いビッグローブ光を申込しました。

申込をしてからすぐに料金の説明をオペレーターの方からしてもらい、そこから1週間たたないぐらいに工事担当の方から電話がありました。

そして、光コンセントがあるという旨を伝えましたが衝撃の言葉を伝えられました。

 

「もしかしたら無派遣工事ができないかもしれません...。」

 

なにッ!?!?!

理由を聞いてみたところ

「お調べしたところお客様の光コンセントが設置されたのが10年近く前のため、もしかしたら担当を派遣しないといけないかもしれません」

確かに、お借りしたアパートは築10年近くだったのであながち間違いではなさそうでした。

しかし、せっかく無派遣でできそうだし、仮にダメだったとしてもその時はまた担当を派遣してもらえばいいと思っていたので結局「無派遣」でお願いしました。

 

ビッグローブ光ならではの安心材料

「仮にダメだったとしてもその時はまた担当を派遣してもらえばいい」

と思えたのも、これも全てビッグローブ光が工事費用無料だったからです。まぁそんなこと言ったら最初から派遣工事でやれよと言われそうですが、体を張った無派遣工事をやってみたかったのでそれはご愛敬で。

引っ越し先でも工事費用無料!?

実はビッグローブ光はもっとすごいことがあり、引っ越し先でも工事費用無料なのです!!

「え、でもそれって無派遣工事だけでしょ?」

と思われたあなた。実は「派遣工事」も含めて全て無料になります。

結構他社の光回線って、引っ越し先で工事があれば普通に工事費用取られるところが多いです。凄いよビッグローブ光!

 

 

無派遣工事の開通レビュー

それでは実際に無派遣工事で開通したレビューをしていきたいと思います。

 

機器到着

開通予定日の2日前に光回線の接続機器や書類などが届きました。

光回線の接続機器や書類等

  1. 書類等
  2. 光コンセント用ケーブル
  3. ONU(メイン機器)
  4. 無線LANカード
  5. 土台
  6. ACコンセント

届いたものはざっとこんな感じでした。

 

機器を接続してみる

では機器を接続した様子を画像こみで解説していきます。

光コンセントの接続

光コンセント機器接続方法

前述した通り、アパートにはすでに光コンセントが付いていたので、届いた光コンセント用ケーブルを挿入しました。カチッと奥まで入れれば問題ありません。

光コンセント機器接続方法

またメイン機器(ONU)側にも光コンセントを挿入します。こちらは機器下部底にカバーがあるので、それを外してから挿入します。

無線LANカードの挿入

また今回私はオプションで無線LANカード(BIGLOBE光の場合は光電話をつけていれば月額100円)を頼んでいました。これがあればv6プラス(IPv6オプション)を無線で飛ばすことができて、無線ルーターのような別機器を用意しなくて1台でスッキリします。

光回線の無線LANカード

サイズもちょうどいい具合で、これを挿せば速度が上り下り共に最大866Mbpsと驚異の速さが出るそうです。

光回線の無線LANカード

挿入場所もメイン機器の上部に穴が空いているので、ここに入れます。

完成形

光回線のメイン機器(ONU)

後はコンセントや土台などをつければ上の画像の通りになります。組み立ては非常に簡単でした。

 

設定は簡単な"はず"だった

事前にビッグローブ光の申込窓口(NEXT)の方に設定について確認していましたが、

ビッグローブ光は何もしなくても自動的にv6プラスに対応されますのでご安心下さい。

また無線で接続をご希望の場合は月たったの「100円」で無線LANカードをレンタルすることができるので、無線接続の設定は開通後にパスワードを入力するだけでいいのです。(ただし光電話に申し込んでいる必要がある)

by ビッグローブ光正規代理店NEXTの担当者F様
v6プラス対応の光コラボ一覧より

とのことで、

「ぐへへ...。超簡単そうじゃねぇか。」

とヨダレ案件でしたが、いざ、無線のIDをパソコンで見つけてパスワードを入力しましたが

 

「お使いのパソコンではネットワークに接続できません......」

 

とまさかの宣告。

もしかしたらまだ無派遣工事が完了していないのではないのか?と不安になったのでビッグローブ光のサポートセンターに電話してみましたら

「え!?すでに開通しているけど?(ハナホジー)」(実際はもっと丁寧に言っていました)

のような感じで言われ、固まりました。

原因はメイン機器にあった

結局、届いたマニュアルを見ながらカチカチと進めていき無事開通できましたが、一般の方からしたらちょっと大変な作業です。

さすがに聞いていたことと違ったので代理店のNEXTの担当者に電話してみたところ

 

「え!?......大変申し訳ございませんでしたぁぁああ!!!」

 

と電話越しで土下座しているのではないかぐらいな勢いで謝られました。いやそんなに謝らなくて大丈夫だよ。こうやって記事にする際に原因を知っておきたいだけだからね苦笑。といいなだめました。

後に原因を調べていただいたところ、西日本に住んでいる方には簡単に設定できる機器に対応していないケースがあるらしく、今回はたまたま私の機器が対応していなかったとのことでした。

まぁ仮に機器が簡単接続に対応していなかったとしてもマニュアルがとても分かりやすく作られているので、そこまで不安にならなくてもいいと思います。最悪サポートセンターもある訳ですしね。

 

マンションタイプの速度

それでは気になる速度を見ていきましょう。

一応条件として

  1. 夜19時頃に測定
  2. 無線は5m近く離れる
  3. パソコンで計測
  4. 測定サイトはBNRスピードテストを使用

1の「夜19持頃に測定」というのは夜になると速度がネットが混雑し、遅くなりやすい傾向があるのでピーク前の時間で計測します。

また4の測定サイトであるBNRスピードテストは毎度お馴染みの信頼できるサイトを使用します。

 

無線での速度

ビッグローブ光の速度

なんと!!

夜のマンションタイプが無線で【約63Mbps】も出ているではありませんか!?!?

混雑の要因として、

  • 混雑する夜
  • 利用者が多いマンションタイプ
  • 無線で測定

この弊害の中、約63Mbpsも出ているなんて凄すぎます!!

これだけでも凄いのですが、実はさらに凄いデータが取れました。

 

有線での速度

ビッグローブ光の速度

 

どっひゃぁーーー!!!

 

有線接続ではなんと、【約202Mbps】も出ているのではありませんか!?!?!?

何度も言いますが、「夜」で「マンションタイプ」ですよ!?!?凄すぎます......。

 

 

v6プラスの判定結果は

また通信規格も調べてみました。

JANISのIPv4/IPv6接続判定ができるサイトがあり、ここでは接続方法がv6プラスで接続されているかどうかを調べることができます。

JANIS

因みに測定結果は下記通りです。

ビッグローブ光v6プラス判定

結果はIPv6オプション(v6プラス)で接続されており、IPv4アドレスとIPv6アドレスの語尾に「BIGLOBE」と記載がありました。

さすがはv6プラス。そのおかげかさきほどの超高速が出たのもありますね。

 

無派遣工事まとめ

  1. 工事担当が来ず、機器を簡単接続するだけ
  2. 無線の設定がパスワード入力だけの超簡単なケースが多い
  3. 速度が約202Mbpsも出た!
  4. もちろんIPv6オプション(v6プラス)接続

工事の方が来ないってすっごい気楽ですよね!派遣型の工事だと、あちらの都合に合わせないといけませんし、合わなければズルズルと工事日が後ろにずれて行きます。

また今回の私の開通ケースは機器が簡単設定にたまたま対応していませんでしたが、ほとんどの方がパスワードを入力するだけの超簡単な設定でいけるそうです。

そして一番ビックリしたのが、速度が約202Mbps出た事!(無線でも約63Mbps)

測定が夜でマンションタイプだったのにこの速度は本当に凄いことです。幸運な場所で開通できてよかったです。

 

ビッグローブ光の申込はランキング1位の「NEXT」

また今回ビッグローブ光を申込した代理店は「NEXT」といいます。

NEXTにした理由は簡単でビッグローブ光厳選代理店、キャッシュバック比較ランキングで堂々の1位だったからです。

1位の一番の理由として「高額な25,000円の代理店オリジナルキャッシュバックが確実に貰える」からです。開通の2ヶ月後末にお客様の口座に自動的に振り込まれるため、貰い忘れがおこりませんので一番おすすめできる代理店です。

なのでビッグローブ光と決まっているのならNEXTが一番おすすめです!

 

ビッグローブ光はこちら!

 

 

Pocket

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2018年7月1日更新】全てのキャンペーンにおいて太っ腹な大横綱「auひかり」

  • 月額:3,800円~
  • キャッシュバック:最大 50,000円(最短翌月振込)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • スタートサポートプラス:月額1,000円割引/12ヶ月
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円(さらに割引あり!)

2位 ソフトバンク光

【2018年7月1日更新】ソフトバンク光の工事費用実質無料キャンペーン中です!!

  • 工事費用:実質無料
  • キャッシュバック:最大 32,000円(過去最大!!)
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 enひかり(NEW)

enひかり

【2018年7月20日更新】業界最安値「enひかり」がついに!「工事費用半額キャンペーン」を期間限定8/5までで始めました!

  • 月額マンション:3,300円~
  • 月額ファミリー:4,300円~
  • 初期工事費用:半額キャンペーン!
  • 速度:v6プラス対応可能
  • 契約期間と違約金:なし
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - v6プラス対応, 光コラボ, 光回線, 裏ワザ・裏情報