【経費ィ!!】法人名義で契約できる光回線とプロバイダを比較!

 投稿日:2016年10月4日    更新日:

法人名義で契約できるプロバイダ

【2018/9/1更新】各光回線最新情報に更新しました!

法人・個人事業主の方は事業をする上で必ず「インターネット回線」が必要になってきます。しかし、会社で使用するためできれば経費扱いにしたいはず。プロバイダの中には法人名義で契約できない会社もあったりするわけで不安要素があります。

そこで今回は「法人名義」で契約できるおすすめのプロバイダとインターネット回線を比較します。実はこういった情報どこにも載っていないので必見ですよ!

法人名義と個人名義の違い

そもそも、インターネット回線の契約名義が「法人名義」と「個人名義」の違いを説明すると、【支払名義】が異なるぐらいです。個人だと「田中太郎」のように個人の口座やクレジットから引き落としできますが、法人だと「株式会社田中」名義の口座やクレジットから引き落としができます。それによって何が変わるかというと「経費にできるかどうか」が変わってきます。まあもちろん、個人の口座から引き落とされていても経費にできたりするので一概には言えませんが、法人なら法人名義の口座から引き落とせたほうが何かと楽ですよね。

キャッシュバック額が大きく違う

またこれはフレッツ光だけにいえることなのですが、個人名義で申し込むより法人名義で申し込んだほうがキャッシュバック額が3万~4万円違います。

【裏情報】

NTTフレッツ光はなぜ個人と法人でキャッシュバック額(手数料)の違いを出しているかというと「長期的に契約されているかどうか」で判断を下したと推測されます。個人だと他社乗り換えが頻繁に起こりがちですが、法人名義だと一度契約するとめったなことがない限り乗り換えというのは起こりません。

なので法人(個人事業主)だと長く契約してくれそうだし、リスクが少ないから多くキャッシュバックを出してくれるのですね。

できれば個人でも多く出してもらいたいところですが、法人名義で検討されているのであれば第一候補に入りますね。

 

法人名義で契約できる回線の種類

それではまず、法人名義で契約できるインターネット回線の種類から解説します。(プロバイダは後ほど)

NTTフレッツ光(東西)

フレッツ光

これは言うまでもなくNTTフレッツ光です。昔からですが、法人名義で契約できます。またこれは光回線全般にいえることですが「光電話」という固定電話サービスがあり、固定電話同士の通話なら3分間たったの「8.4円」で通話することができ、電話の多い会社はありがたい経費削減オプションですね。

法人名義での支払い方法

フレッツ光の場合、支払い方法は3つあり

  • 口座引き落とし
  • クレジット決済
  • 請求書払い

があり、とくに毎月請求書払いができるのは法人にとっては嬉しい選択肢です。

しかし、フレッツ光の場合は別途プロバイダとも契約しなくてはならなくて、上記に対応していればいいのですが、クレジット決済のみのプロバイダも多くあるので選ぶ際は注意が必要です。

またさきほど申し上げた「法人だとキャッシュバックが多くもらえる」方法が適用できるのは一部の代理店だけなんです。これ結構重要で、電気屋さん(K○電気や山○電気など)で実際い聞いてみましたが法人だからといってキャッシュバックは多く出してくれないそうです。

一番おすすめの代理店

「ではどこで申し込めばいいのかい?」

と思われた社長さん、

  1. より多くキャッシュバックが出て
  2. 早く確実に貰えて
  3. 対応がいい

「早い・安い・うまい!の3拍子が揃った代理店を紹介します。

それは「株式会社ラプター」というNTTフレッツ光の正規代理店です。

フレッツ光法人

こちらであれば法人名義(個人事業主)西日本の方なら最大45,000円、東日本なら最大40,000円貰えます。そして何より、キャッシュバックが簡単です。申込時に振り込み希望口座を伝えれば開通の翌々月末に自動的に振り込まれます。なのでお仕事が大変な方は申請し忘れることなく確実に貰う事ができるのですね!

株式会社ラプターはこちら!

フレッツ光キャンペーン

 

ドコモ光

ドコモ光法人名義

 

ドコモ光も法人名義で契約が可能です。

がっ!!

1つだけ注意が必要です。それは......、

法人名義で契約できないプロバイダがあります。

ドコモ光の仕組みは「ドコモ光本体」+「プロバイダ」というフレッツ光に近い形態での契約になります。そのプロバイダと契約する際に法人名義に対応していなくては元も子もないので......、

 

分かりやすく一番おすすめのプロバイダを1社紹介します。

 

それは、「GMOとくとくBB」です。

 

 

まず下記画像(根拠)をご覧ください。

GMOとくとくBBドコモ光法人名義

これはドコモ光のプロバイダの「仕様書」みたいなものですが、契約条件の契約名義にしっかりと「法人」と記載してあります。

ドコモ光の「GMOとくとくBB」がおすすめな理由

さらに「ドコモ光のプロバイダ比較!~一番おすすめはコレだ!~」という風な記事にも書いてあるのですが、そこでもダントツでGMOがおすすめでした。

理由としてはかなりたくさんあり、

【GMOとくとくBB"だけ"の特典】

  • 月額がプランB(他プロバイダ)よりも200円安い
  • 市販で1万円相当の高性能無線LANを無料プレゼント
  • マカフィーのセキュリティが1年間無料
  • 通常7,400円する出張設定サポートが無料
  • 最大15,000円キャッシュバック※
  • v6プラス(秘密の抜け道)により高速通信が期待できる
  • 速度が遅ければ毎月100ポイント貰える

※ 条件として、ひかりTV(2ねん割) or スカパーに加入する必要があります。

プロバイダをGMOにするとこんなに超~~~~お得です!!

もう1回言いますが、これGMO特有の特典ですよ!?

特に法人だと「速度が出ないと業務に支障がでる!」とか、「何度もネットが途切れると仕事にならんよ」など、速度に対して不安要素が必ずあると思います。

でもご安心下さい。

GMOには「v6プラス」という速度を高速で安定できる通信規格を設けていて、かつ万が一速度が遅ければポイント保証をするという強気のスタイルです。これなら安心して契約できそうですね。

社用携帯にdocomoスマホがあればさらにお得に

さらにさらに!法人名義のドコモスマホ(携帯)があれば「最大3,200円/月割引」されます。

つまり、社用携帯がドコモだったら、断然お得な割引が適用になるドコモ光がおすすめ回線になってきますね。

 

ドコモ光をお得に始めるにはこちらをクリック!ドコモ光

ドコモ光 ドコモ光

 

auひかり

auひかり

auひかりももちろん法人名義で契約することができます。auひかりの場合は個人であろうが法人であろうがキャッシュバック額は多くでます。(最大5.5万円)

法人名義での支払い方法

auひかりの場合もフレッツ光同様に、法人名義での支払い方法は3つあり

  • 口座引き落とし
  • クレジット決済
  • 請求書払い

があり、とくに毎月請求書払いができるのは法人にとっては嬉しい選択肢です。

社用携帯にauスマホがあればさらにお得に

さらに、auひかりのすごいところは「法人名義でauスマートバリュー」が契約できることです。「???」とハテナマークになっている方もいると思うので簡単に凄みを解説します。

社用携帯がauなら最大10台まで「最大2,000円/月割引」されます。個人名義同様の割引サービスが法人でも受けることができるので、携帯がauなら一番おすすめです。

またひかり電話も「2番号」取得することができるため、固定電話用とFAX用と分けることだってできるのでau光は仕事向きなんですね!

一番おすすめの代理店

ではauひかりもフレッツ光同様におすすめの代理店を教えます。

「株式会社NNコミュニケーションズ」というau光正規代理店です。

auひかり正規代理店NNコミュニケーションズ

こちらに関しては以前auひかりの代理店同士でどこが一番優秀かを比較した記事でも紹介しています。

この記事を要約すると

  • キャッシュバックが確実にもらえる(最短翌月末)
  • キャッシュバック額が最大5.5万円
  • 振り込み口座は申込時に口頭で聞く
  • 他社代理店は面倒な手続きが多い上にホームページ上に虚偽を記載してある

という内容となっており、NNコミュニケーションズは圧倒的点数で他社代理店に差をつけました。代理店の違いはキャッシュバック額の違いなので、確実に多くもらえるこちらの会社を一番おすすめします。

NNコミュニケーションズはこちら!

 

ソフトバンク光

softbank光

ソフトバンク光も法人契約が可能です。

が!SoftBank光だけ他2社と少しだけ違い、「みなし法人」という方法での契約になります。

【みなし法人とは】

みなし法人契約とは、契約者名に「会社名 + 個人名」が入る契約方法です。通常法人契約であれば「会社名」だけでいいのですが、ソフトバンク光(ヤフーBBADSLも)みなし法人という契約方法になります。

この個人名というのは注意が必要で、お支払方法が口座引き落とし、もしくはクレジットカード決済の方は名義人と一致していなくてはなりません。

なので、口座やクレジットの名義人でない、いわゆる単なる「担当者名」の場合は契約することができないので、その場合は代表者などから許可をもらうようにしましょう。

法人名義での支払い方法

ソフトバンク光の場合も、法人名義での支払い方法は3つあり

  • 口座引き落とし
  • クレジット決済
  • 請求書払い

がありますが、さきほどご案内した「みなし法人」でないといけないので、一部の方はご注意して下さい。

また、ソフトバンク光代理店独自のキャッシュバック適用条件として「口座orカード払い」である必要があります。請求書払いで検討されている方は十分にご注意下さい。

社用携帯にソフトバンクスマホがあればされにお得に

auひかり同様にソフトバンクの携帯(スマホ)を持っていれば月額料金が割引される「おうち割」が適用されるため社用携帯がソフトバンクならこちらをおすすめします。(最大10台までで月額最大1,000円/台割引)

さらにソフトバンク光は対応エリアがフレッツ光と同じため広範囲の方が対応地域に入っています。

一番おすすめの代理店

こちらも選んだ基準が「キャッシュバックが確実に多く貰えるかどうか?」が代理店の比較基準です。その場合

「株式会社アウンカンパニー」というソフトバンク光正規代理店です。

ソフトバンク光代理店

こちらについては以前にソフトバンク光の代理店同士(公式も)を点数化した厳選比較した記事を書いています。

要約すると

  • ランキングで圧倒的1位(100点満点中95点!)
  • 最短2ヶ月でキャッシュバック振り込み
  • 口座は申込時に口頭で聞く
  • 代理店側から最大32,000円キャッシュバック(公式側からも特典あり)

ということで、こちらの代理店アウンカンパニーも口座情報を「申込時に口頭で聞いてします」わけです。なので法人の方は安心して契約することができますね!

 

株式会社アウンカンパニーはこちら!

 

 

法人名義で契約できるプロバイダ

次に法人名義で契約できるプロバイダを紹介します。現役の時も結構不便さを感じていましたが法人名義で契約できないプロバイダって多いんですよね。どうしても希望のプロバイダがあった場合、プロバイダ名義だけ個人名義にしてもらうこともしばしばありました。(NTTフレッツ光は法人名義)

しかし全部挙げるとキリがないので

  • 月額が安く
  • 速度に定評がある

上記2点から厳選したプロバイダを紹介します。月額が安い(できれば最安値を推奨)ことはもちろん、速度がよく乱れるようなプロバイダは業務に支障をきたしますよね。

では紹介します。...と実は以前に記事に書いた「今まで損してたぁ!プロバイダのみ確実に安く乗り換え術(比較5選)」で紹介していたプロバイダの中にすでに法人向けに優秀なプロバイダが3社隠れていました。なのでこちらから紹介します。

1位、GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

とくとくBBで法人申込は「可能」です。実際に公式でも回答がありました。

GMOとくとくBB法人申込

また月額料金も格安です。

  • ファミリー:760円/月 ⇒ 490円/月(24ヶ月)
  • マンション:530円/月 ⇒ 490円/月(24ヶ月)

とにかく安いです!また速度に関しても結構出ている見たいです。

このように月額が安くて速度も結構でるGMOとくとくBBは法人(個人事業主)向けには一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBはこちら! GMOとくとくBB法人

GMOとくとくBB法人 GMOとくとくBB法人

 

2位、楽天ブロードバンド

楽天ブロードバンド

楽天BBでも法人申込は可能です。公式サイトにも記載がありました。

楽天ブロードバンド法人

また料金についても記載します。

  • ファミリー:950円/月
  • マンション:900円/月
  • 隼(西日本):1,100円/月

という具合になっており、通常のプロバイダの相場である「ファミリー1,200円/月、マンション950円/月」よりも安く契約できます。(法人なのに)

また速度に関しても

結構でてるっぽい。

もし法人名義で楽天カードを持っていたらそのまま使えちゃうので、そういう方には楽天BBがおすすめですね。

楽天ブロードバンドはこちら! 

 

3位、インターリンク

インターリンク

インターリンクについても「法人」申し込みが可能です。

インターリンクの法人対応

このように公式サイトでも申込可能と記載があります。

またこのプロバイダの最大の特徴が「無料お試し」ができること。

  • ファミリー・マンション共通:1,000円/月(2ヶ月無料・解約金無料)

どのプランも月額1,000円で利用することができ、2ヶ月無料で解約金は無料。

つまり、速度やサービスが気に食わなければ無料で解約することができるということです。

「いくら評判が良くても実際に速度がでるかどうか不安...」という方は、月額も高くないこちらで試してから検討されることをおすすめします。仕事でやる以上「確実性」が問われるため料金よりも速度安定派の方はこちらをおすすめします。

インターリンクはこちら!

 

法人名義の回線まとめ

法人名義で契約できるインターネット回線を比較してきましたが、お申し込みできる回線はいろいろあります。しかも従来の個人名義同様にお得にキャンペーンを受けれたりする回線もたくさんありました。再度まとめますと

※CB=キャッシュバック

という具合に、フレッツ光の場合は法人(個人事業主)であれば最大45,000円キャッシュバックがもらえるし、auひかり・ソフトバンク光はそれぞれキャッシュバックが貰えるほか、スマホとのセットで割引が受けれるため社用携帯が各キャリアならそちらも検討すべきでしょう。

もちろん3社とも「口座引き落とし」「クレジットカード払い」「請求書払い」の3つからご選択できるので、法人に嬉しい回線ですね。

 

また法人でも契約できるおすすめのフレッツ光のプロバイダとして3社紹介しました。各社特徴をまとめると

  • GMOとくとくBB月額490円で速度も速い!
  • 楽天BB:月額も速度も上々で、法人名義の楽天カードをそのまま使える
  • インターリンク無料で2ヶ月間お試しできるから安心して契約できる

という具合にお客様の状況にあったプロバイダを選択することができます。個人的には法人であればインターリンクでお試ししてから入ってもいいのではないかと思います。やはり仕事となると料金も大事ですが何より「確実性」が今後の業務に影響してくるため、インターリンクのようなサービスは大歓迎ですね。

以上です。

Pocket

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2018年9月1日更新】キャッシュバック額が過去最大に!!みんな急げぇぇえ!!

  • 月額:3,800円~
  • キャッシュバック:最大 55,000円(最短翌月振込)
  • auひかりスタートサポート:最大 25,000円キャッシュバック(併用可能)
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • 初期工事費用:無料
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円

2位 ソフトバンク光

【2018年9月1日更新】ソフトバンク光の工事費用実質無料キャンペーン中です!!

  • 工事費用:実質無料
  • キャッシュバック:最大 32,000円(過去最大!!)
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円

3位 ドコモ光(NEW)

【2018年9月1日更新】ドコモ光が「工事費用無料」キャンペーンは9/30まで!!急げぇ!!!

  • 月額:4,000円~
  • 初期工事費用:無料
  • セット割引:最大3,500円割引
  • サービス:v6プラス対応高性能無線ルーター無料レンタル
  • dポイント:1万ポイントプレゼント
  • キャッシュバック:最大 15,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - auひかり, おもしろ比較, ソフトバンク光, ネット比較, フレッツ光, 光回線 , , , , , , , ,