約15.8万人が不満!?オールコネクトの口コミを集計したら泣けてきた

 投稿日:2020年11月29日    更新日:

オールコネクトの口コミ

このブログも5年近く運営していますが、その間に色々なネット回線の代理店を見てきました。口コミのいい代理店はもちろん、この代理店大丈夫かな?というところもしっかりと調べて、さらには実際に色々な会社に直接訪問もしてきました。しかし1社だけちゃんと調べるのを避けていた会社があります。。それは、

オールコネクト(ALL CONNECT)

オールコネクトは知名度で言ったら非常に高く、ネット回線系の商材ほとんどを網羅している超巨大企業と言っても過言ではありません。

しかし...。

あまり特定の会社さんのことを悪く言いたくはないのですが、オールコネクト(正確にはオールコネクト系のグループ会社全般)は非常に口コミが悪いのです。

特定の企業を名指しで悪い記事を書くことは極力避けては来ましたが、あまりにも多すぎる悪い口コミが今でも増え続けているので、それら口コミをピックアップしてお客様に寄り添いつつ、逆にどうしたら口コミがよくなるのかを真剣に考えたいと思います。オールコネクト系で新規申込を検討している方は是非最後までご覧いただき、本当に申込をするか今一度ご検討下さい。

※なお、この記事を執筆するためにオールコネクトから執筆料などを一切貰っておらず、純粋にオールコネクトが本当に良くなったいただきたいのでこの記事内にはオールコネクト系の広告を一切掲載いたしません。

オールコネクトは超巨大グループ

まずオールコネクトとは、ネット回線業界の中でもトップクラスに巨大な組織です。実際にホームページに書いてある会社概要の一部を抜粋しますと、

会社名株式会社 ALL CONNECT(オールコネクト)
本社〒910-2178
福井県福井市栂野町第15号1番地2
TEL : 0776-31-2100(代表)
オールコネクト本社
東京支社〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目3番1号 浜離宮ザ・タワー 4F
大阪支社〒531-6008
大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番88号 梅田スカイビルタワーイースト8F
五反田営業所〒141-0022
東京都品川区東五反田1丁目2番33号 白雉子ビル7F
新宿営業所〒163-1342
東京都新宿区西新宿6丁目5番1号 新宿アイランドタワー42F
設立2005年4月21日
資本金5億6,510万円 [資本金+資本準備金] (2020年2月)
連結売上高432億円(2020年2月期)
スタッフ数連結従業員数 814人(2020年5月時点)
子会社一覧株式会社ALL CONNECT CC
株式会社ネットナビ
株式会社グライド
株式会社保険コネクト
フルコミット株式会社
株式会社ディーナビ
株式会社Grand Network
株式会社25
株式会社Life Bank
株式会社Link Life
株式会社グッド・ラック
オウデム株式会社
株式会社DANNE
株式会社Eleven
株式会社ネットのエース
イーペット少額短期保険株式会社

引用:オールコネクト会社概要ブログ

このように福井や東京や大阪などに複数の事業所を持ち、さらには子会社も合わせるとが合計「16社」もあるではないですか!?!?また設立からたったの15年で売上が400億円超えで従業員も連結で800人越えと、数字だけを見ると大企業ですね。

今回注目していただきたいのがこの「16社」なのですが、これら全ての会社のGoogle口コミを拾い上げた上で統計を取り、潜在的にどれくらいの数の方々がオールコネクト系の会社に不満を持っているかを計算していきます。

合計539件の口コミと1.3点の評価...

Google口コミってみなさんご存知ですか?知りたい会社をGoogleの検索フォームで検索するとスマホならページ上部に、パソコンなら画面右側に出るGoogle上で書ける口コミのことです。

オールコネクトのクチコミ上の画像がパソコン上で「オールコネクト」と検索した際のGoogleクチコミ。

オールコネクトのクチコミ上の画像がスマホ上で「オールコネクト」と検索した際のGoogleクチコミ。

このGoogleクチコミを調べたのが2021年1月27日ですが、すでに「70件、平均2.1点」という件数が多い割にかなり低い数値が出ています。(因みに点数のMAXは5点です)

しかしここで驚かないでいただきたいのですが、この数値はあくまでオールコネクトのみの数値であって、さきほどご案内した「16社」分のGoogle口コミ全てを集計してみました。

その結果、まずGoogleクチコミが書かれていたのが

  • 株式会社ALL CONNECT
  • フルコミット株式会社
  • 株式会社Grand Network
  • 株式会社Life Bank
  • 株式会社Link Life
  • 株式会社グッド・ラック

こちらの「6社」で、残りの会社はほぼすべてが「Googleマイビジネスが存在していなかった、クチコミがまだ書かれていなかった」に該当しました。逆に言うと口コミが書かれていない残りの会社は今後マイビジネスが立ち上がり次第新たに口コミが書かれていく可能性があるということです。

そして気になる口コミが書かれていた6社分を集計したところ、

合計:539件、平均1.3点

※2021年7月18日に再集計

という、とんでも数値をたたき出しました。

気になる各会社の点数を見ていきましょうか。

株式会社オールコネクト

福井・東京合計:113件、平均2.7点

オールコネクトは福井と東京に会社があるためGoogleマイビジネスが2つ存在していますがグループ会社の親玉でもあるため評価は非常に低いですね。昔の評価も書かれているのですが会社自体の取り組みに対する評価や恐らく社員さん?がつけた評価で高かったのですが、最近の評価はほとんどが星1。少し内容を見て見ましょうか。

【2021年2月28日追記】まさかのクチコミ急上昇!?

ここ1~2週間で急激のいい口コミが福井・東京のオールコネクトで増えていて「おぉ、ついに会社が変わったか!?」と歓喜しましたが、大きな疑念をいだきました。というのも2月1日時点で福井・東京でクチコミが「合計:86件、平均1.8点」だったのですが、2月28日では「合計:114件、平均2.9点」と今までに見たことない急激な上昇(しかも最近のものはほぼ全て☆5つ)を見せました。本当に変わったのであれば、グループ会社のリンクライフも上昇を見せるはずですがむしろ超悪化(リンクライフは後述で詳しく解説しますが、合計283件、平均1.1点⇒合計299、平均1.1点)していました。

これは、どうしてでしょうかね...。

【2021年3月2日追記】東京のGoogleマイビジネスが削除!?

連日オールコネクトのクチコミを追っていたのですが、本日見たら東京事務所の方のGoogleマイビジネスが削除されていました。。。

これにより31件あった貴重なお客様の多くのクチコミ(最近のものは☆5でとてもいいクチコミも多く投稿されていたのに)が全てなくなりました。せっかく時間をかけて書いて下さったお客様の気持ちを考えると私も辛い気持ちになります。

急に削除とはいったい何があったのでしょうか?

【2021年3月4日追記】東京のGoogleマイビジネス復活!

本日オールコネクト東京のマイビジネスを見たら復活していました!私初めて見たのですが、マイビジネスって復活できるのですね笑 以前と同じ31件で復活していたのでとりあえずホッとしました。また引き続き様子を見守っていきます。

オールコネクトの口コミ

口コミ数の多い福井本社側の一部を抜粋します。

オールコネクトの口コミ

2020年3月に起きた「どんなときも繋がらない事件」から急激に評価の低い口コミが広がりました。どんなときもWiFiの件で大炎上した子会社の「株式会社グッドラック」ですが、ネットに繋がらないことに対して対応が後手後手になったのと電話に全く繋がらないことや顧客を無視した経営判断などもあり、この件は親会社であるオールコネクトにも飛び火しています。グッドラックとオールコネクトは親会社子会社の関係以上に住所が同じということもあるため同罪とも言われています。

また一番ヤバイ事件が2020年11月4日に発表された「個人情報流出事件」です。経緯など詳細がホームページに掲載されていたので抜粋します。

不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告 2020年11月4日

 この度、弊社が運営するWebサイトにおきまして、使用しているサーバーが第三者による不正アクセスを受け、一部のお客様の個人情報が流出した可能性があることが判明いたしました。
 お客様をはじめ関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけする事態となりましたこと、深くお詫ひ申し上げます。
 この件で、個人情報が流出した可能性のあるお客様には、本日より書面、雷子メールまたは電話にてお詫ひとお願いを個別にご連絡申し上げております。
 弊社では今回の事態を厳粛に受け止め、再発防止の対策を徹底してまいります。お客様をはじめ関係者の方々には重ねてお詫ひを申し上げますとともに、今回の経緯と内容およひ対策につきまして、下記のとおりご報告させていただきます。

1. 経緯
2020年2月27日
クラウドサーバー契約元より弊社環境に不正アクセスがあり、原因となる対策を早急に行う必要があると連絡を受けました。同日、不正アクセスの原因およひ機密情報の漏洩状況について調査を開始いたしました。

2020年3月3日
ログの調査結果から、弊社が収集した個人情報を含む機密情報の一部に、不正にアクセスされ、ダウンロードされている事実を確認しました。

2020年3月12日
一般財団法人関西情報センター(KIIS)へ報告いたしました。

2020年3月16日
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)へ報告いたしました。

2020年5月18日
本件全容解明およひ被害状況の把握に向け、第三者調査機関(P.C.F.FRONTEO株式会社)によるフォレンジック調査を依頼しました。

2020年7月31日
第三者機関による調査が完了し、ECサイトでお問い合わせいただいたお客様の個人情報が流出した可能性があることを確認いたしました。

以上の事実を確認したため、本日の公表に至りました。

2. 事案概要
(1)原因
社内調査およひ第三者調査機関によるフォレンジック調査の結果、弊社が運営するWebサイトのシステムの一部への脆弱性により、第三者による不正アクセスが確認されました。

(2)流出した可能性がある情報
2012年~2015年に株式会社ALL CONNECT、および関連会社である株式会社Link Life、株式会社ピークライン(現:フルコミット株式会社)が運営していた集客サイトにて、お問合せの際ご登録いただいた個人情報となります。

く個人情報>
・氏名
・住所
・電話番号
・メールアドレス
※フォレンジック調査の結果、クレジットカード情報が漏洩した証拠は見つかりませんでした。

<流出した可能性のある情報の内訳>

販売会社個人情報の件数
株式会社 ALL CONNECT3,649件
株式会社 Link Life9,866件
株式会社 ピークライン1,440件

※本事故対応については、親会社である株式会社ALL CONNECTが一元管理を行っております。

3. お客様へのお願い
 現時点では、漏えいした情報の拡散など二次被害は確認されておりませんが、もし、お客様のご住所、電話番号、メールアドレス等に身に覚えのない請求、不審な者からのDM等が届いた場合には、誠にお手数をおかけしますが、弊社に情報をお寄せいただきたく存じます。

4. 再発防止について
 弊社はこのたひの事態を厳粛に受け止め、調査結果を踏まえて全てのWebサイトの脆弱性を改善しました。また、今後同様の事熊が発生しないよう、社内ルールの見直し、システムの継続した監視体制の強化を行い、当該サイトのセキュリティ強化に努め、再発防止を図ってまいります。

5. 事案の公表について
 2020年3月3日に情報の流出が確認されてから今回の公表に至るまで、時間を要しましたことを深くお詫ひ申し上げます。本来ならば、情報流出の疑いがある時点でお客様に個別にご連絡差し上げ、注意を喚起するとともにお詫ひ申し上げるところではございましたが、お客様に充分な対応が出来ず、さらなるご迷惑をお掛けすることが懸念された為、関係会社と協議し、事実関係の究明に対応しておりました。今回の公表は第三者機関の調査結果を受け、関係機関との連携を確保した上で公表し、併せてお客様への個別のご連絡を行うことにいたしました。
 今回の公表までお時間を要しましたこと、重ねてお詫ひ申し上げます。

6.本件に関するお問い合わせ窓口
<ALLCONNECT お客様相談窓口>
フリーダイヤル.0120-50-5167
∟10:00~19:00
(土・日・祝日も開設)

引用:オールコネクト 不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫びとご報告
※引用元では文章が画像化されていたので文章に直して引用しました。

個人情報流出については起きてしまったものしょうがないとは言いませんが、それよりもこの文章内で企業としての隠蔽体質が2つ露呈しています。

1つ目、なぜ公式発表を画像化したのか?我々のようなブロガーやメディアが引用する際に画像⇒文章化という手間なのはいいのですが、画像化することにより少しでもSEO(個人情報流出の件が検索エンジン上位表示になる)に引っかからないようにしている魂胆があるように感じ、誠実さを感じません。

2つ目、発表タイミングがあまりにも遅すぎたこと。文章内では2020年3月3日に「個人情報を含む機密情報の一部に、不正にアクセスされ、ダウンロードされている事実を確認しました」と言っており、さらには2020年7月31日には「第三者機関による調査が完了し、ECサイトでお問い合わせいただいたお客様の個人情報が流出した可能性があることを確認いたしました」と言っているのにも関わらず発表されたのは2020年11月4日と遅すぎます。遅くなった弁明として、「しっかりとした対応ができないため...。」と書かれていますが、本当の理由としては万が一営業停止にでもなったらネット回線で一番の稼ぎ時である3.4.5月と9.10月のいわゆる「繁忙期」を捨ててしまうことになるため発表をあえて遅らせたのではないか?と疑ってしまいます。

どちらにしてもこのような画像での公式発表でなく、責任者が公の場で記者会見を開いて謝罪をされたほうが誠意はしっかりと伝わったと思いますし、私も含め世間の方々も変な推測もせずに済んだと思います。

オールコネクトだけでとても長文になってしまいましたが、あと5社あります。それでは次の会社を見ていきましょう。

フルコミット株式会社

1件、平均1点

フルコミットはauひかりをメインで取り扱っている会社ですがそのほかにもピカラ光やコミュファ光なども取り扱っている、昔からよく聞く会社でかなり有名です。(色んな意味で)

2020年11月4日に情報漏洩発表

さきほどご紹介したオールコネクトの情報漏洩事件で「オールコネクト」「リンクライフ」「フルコミット(旧ピークライン)」の揃って3社が情報漏洩していました。

フルコミット側は1,440件の漏洩と発表されており、オールコネクトの3,649件やリンクライフの9,866件に比べればまだ少ないですが、こういった事実があります。

フルコミットの口コミ

フルコミットの口コミ

この方は問い合わせのみ?をされた方だと思いますが、検討したい旨を伝えたら「どこに聞いても料金は変わらないし、今電話を切ってしまうとこちらからの現金プレゼントはできなくなりますが、それでもいいんですか?」と言われ、調べて見たらフルコミットとソネット公式の金額が大きく異なっていたとのことでした。

一応第三者視点でフルコミットとソネット公式のauひかりの料金(上記金額はファミリーのためファミリーの金額)を確認したところ、

  • フルコミット:5,600円
  • ソネット:3,480円
    3年間の金額で4年目からはフルコミットなどの代理店と同じ金額

auひかりソネット最新キャンペーン月額割引画像引用:auひかりSo-net公式

※上の画像はソネットがファミリー3,480円をやっている金額の画像。(2/1現在)
※光電話込みの金額

うーん...。この口コミを鵜呑みにすると、フルコミットの担当者はだいぶ言葉足らずでしたね。。。今一度書かれていたことを記載すると、

「どこに聞いても料金は変わらないし、今電話を切ってしまうとこちらからの現金プレゼントはできなくなりますが、それでもいいんですか?」

こちらに今回の補足情報をカッコ()にして追加して見ると、

「どこに聞いても(どの代理店から)料金は変わらないし(ソネット公式は4年目からは一緒)、今電話を切ってしまうとこちらからの現金プレゼントはできなくなりますが(また違う番号で書け直せばいいし、これは営業テクニックの1つ)、それでもいいんですか?(あなたの今の言葉だけでは勘違いをさせますけど)」

このようになりました。最初のどの代理店からという言葉を言って「あくまで代理店内での料金は変わらない」ということを強調していればよかったのですが、ソネット公式側の料金が頭になかったと推測します。

また「今電話を切ってしまうとこちらからの現金プレゼントはできなくなりますが、それでもいいんですか?」という言い回しはキャッシュバックを確実に出さない代理店でよく使われる営業テクニックです。

「初回限定の特典」「このお電話でのみ」「履歴が残りますので次かけてこられても適用不可です」

などのワードはお客様を1回目の電話で契約に持っていこうとする営業テクニックなので、逆にこういうことを行ってきたらその会社のことを怪しんで下さい。かなりの高確率でキャッシュバックの手続きが複雑なところが多いです。

株式会社Grand Network

8件、平均1点

So-net専門のネット回線を取り扱っている会社です。口コミ数は決して多くありませんが全て1点という事実。(2021/2/1~2/28の間で4件から8件に上昇しました)内容を見て見ましょう。

グランドネットワークの口コミ

株式会社Grand Networkの口コミ

口コミ全てに「キャッシュバックが貰えなかった」という趣旨の内容で書かれていました。実際にグランドネットワークのホームページ(ソネット光)を見ると、

申込日の1か月後にキャッシュバック申請のメールが届きます。
申込日から10か月後にキャッシュバック申請のお手続きを行って頂き、開通月含む12か月にキャッシュバックをお客様の口座にお振込みさせて頂きます。

引用:株式会社GrandNetwork So-net光

う~ん。。。未だにこのような古くてお客様泣かせなやり方をしているのだなぁというのが率直な感想です。この手は最初に来るキャッシュバック申請メールでの手続きはもちろん、10ヶ月後に1ヶ月目に届いたメールのURLから手続きをする必要があるため、最初に届いたメールを消さずにずっと保存しておく必要があります。また10ヶ月後という長い期間を置くことによって「申請し忘れ」を狙う企業側の腹黒さも見えるためこの手の方法でキャッシュバックが貰えなかった被害は日々出続けています。

グランドネットワークはこれ以上悲しい思いをするお客様を増やさないために、「申し込み=ほぼ確実に貰える」キャッシュバック方法に切り替えをおすすめします。

株式会社Life Bank

6件、平均1点

ソフトバンク光やNURO光などのSoftBank系をメインで取り扱っているLifeBankです。口コミ数は決して多くありませんが全て1点という事実。(2021/2/1~2/28の間で2件から3件に上昇しました)

ソフトバンク光ランキングで最下位だった...

別記事「ソフトバンク光代理店ランキング」で各代理店を独自点数化をした結果、LifeBankは圧倒的最下位でした。

その理由としてキャッシュバックを貰う難易度が非常に難しかったのです。

その根拠としてLifeBankのコールセンターに直接電話をして確認をしました。

  1. 申込時に「CPコード」を自己申告
  2. ネットのみなら25,200円+初回電話申込で+10,000円の【合計35,200円】
  3. 申込から翌月「キャッシュバック申請メール」送信(10か月後にしか入れないURLが記載してある)
  4. 申込から10か月後に元々送っていた「キャッシュバック申請メール」内に書かれているURLから入って手続き(有効期限30日間)
  5. 同じく10か月後にソフトバンク光公式側から開通前後に送られてくる契約書類のコピーを郵送でLifeBankに送る

「う~む。どういうことだ??」となる方もいらっしゃると思うのでかみ砕いて表現いたします。

 

「申込時にCPコードを言わなきゃアウト!翌月に送るメールを10ヶ月保存した上で10ヶ月後に30日以内に手続きしなくちゃアウト!!さらに10ヶ月後の同じタイミングに書類を送らないとアウトぉぉお!!!www」

 

という、危ない罠がたくさん潜んでいます。もちろんこれらどのタイミングになってもLifeBank側から催促や指摘してくれないため「全て自己責任」で手続きしないといけません。

特に、申込翌月に送ったメールを10ヶ月間も保存し続けるなんて無理ありません?w書類ならまだしもメールでこの手法は初めて聞きました。

引用:最安値ット ソフトバンク光代理店ランキング

なるほど...。この罠だらけのキャッシュバック申請方法だったら口コミが低いのも逆に納得できますね。

それでは口コミの内容を見て見ましょう。

ライフバンクの口コミ

ライフバンクの口コミ

ライフバンクの口コミは数も少なかったですが、一番上の方はインパクトがありました。断ったはずの有料オプションに入っていたり、工事費用分のキャッシュバックがなかったりなど、申込前に思い描いていたキャンペーンや契約内容と違うとおっしゃっています。契約の際にコールセンターの担当の方は必ず口頭上で説明はすると思いますが、「口コミに対する返事がない」ため口コミ内で言われている、詐欺?という主張のみが残り続けます。

これはオールコネクトグループ全体に言えますが、なぜか口コミに対して一切返事をしていません。貴重なご意見として書いていただいた口コミに対して誠意ある返事をすれば多少お客様の怒りも収まると思うのですが...。なぜでしょうか。

株式会社Link Life

364件、平均1.1点

皆さん数字を見て既に驚きだとは思いますが、リンクライフは360件越えの数でありながらまさかの平均点は1点台という日本新記録?とも思える数字を出しています。

約2年間で320件以上の数

またリンクライフという会社は別記事「1.3万人以上が不満!?LinkLifeのクチコミが悪いたった1つの理由 BroadWiMAX」でGoogle口コミの数や内容について1年以上前に書きましたが、書いた当時は45件だった口コミが今では約360件まで成長し、約2年間で320件以上の増加を見せました。

あまりにも点数が低いので気になる内容を見ていきましょう。

リンクライフの口コミ

リンクライフは過去類を見ないぐらい口コミが多かったので、多数ご紹介させていただきます。(1.3万人以上が不満!?LinkLifeのクチコミが悪いたった1つの理由 BroadWiMAX より)

音信不通系

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

音信不通系の口コミが一番多かったです。これらのようにどれだけ電話しても繋がらない、いつかけても繋がらない。挙句の果てにつながったけどたらい回しや対応が悪く、消費生活センターに駆け込む人も...。あきらかに人手が足りていないことが分かります。

オプション系

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

このように「知らぬ間にオプションがついてて料金が高くなっていた」ような口コミはオプションマストにしている会社には必ずある口コミです。

LinkLifeはBroadWiMAXというWiMAXのプロバイダの中でも1.2を争う有名な会社で、実際にかなり多くのお客様が契約しています。しかし、契約内容としては

  • 安心サポートプラス(907円2ヶ月無料)
  • MyBroadサポート(550円)

を申し込まないと初期費用「18,857円」がかかってしまうため、半強制的にオプションに入らないといけません。

それにより、オプションがいらない!と思っている方はすぐに加入後に外すのですが、忘れてしまう方もいらっしゃるわけで、勝手に無駄なオプション料金がかかってしまいます。

BroadWiMAXはこういったお客様の声が多数あがっているのにも関わらず、リリース開始から一貫してこの姿勢を取り続けているので、逆に凄いなとすら思います。

初期不良系

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

これは一番ひどいと思いました。特に2番目の方なんて事実なら本当に同情いたします。

そもそも初期不良で機械が壊れていたら早急に対応しないといけません。なんせ悪いのはLinkLifeか運送会社が悪いのですから。それをauショップに丸投げして、たらい回しになり、使えない期間がどんどん長引いていく...。挙句の果てに機種変更をしたいといえば「3000円かかる」とか、はっ?ですよね笑 初期不良なのにどうしてお客様が負担をしないといけないのですかね。 本当に同情します。

メール誤送信問題

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

株式会社LinkLife(BroadWiMAX)の口コミ

これが一番衝撃でした。BroadWiMAXのいわゆる「発送メール」を関連しているグループ会社全部に誤送信してしまった事件です。実際にLinkLifeの公式サイトでもニュースリリースされているので一部引用します。

  1. 概要
    2018 年 12 月 7 日 18 時 37 分~ 47 分頃、株式会社 Link Life が提供する Broad WiMAX2+ をお申込みの方にお送りする発送のご案内メールが、株式会社 Link Life のグループ会社のお客様にも配信されるという、誤配信が発生いたしました。
  2. 発生の理由について
    グループ会社で共同で利用しているメール配信システムにおいて、作業者の操作ミスにより、登録されている全てのメールアドレスへ送信する操作を行ってしまいました。その結果、グループ会社のお客様を含む誤配信が発生いたしました。
    配信対象を選択する手順にて、誤って送信先を未選択のまま送信を行ったことによります。
    システムの設計上、未選択の場合には登録されている全てのメールアドレスへ送信されるため、グループ会社のお客様を含む誤配信が発生いたしました。
    なお、グループ会社にて、現在登録されているリストを削除するとともに、今後、配信終了後にはリストを削除することを義務化いたしました。
  3. 再発防止策
    以下の対策を行うことで、再発防止に努めます。
    (1) 配信実行前のチェック体制の見直し
    配信実行前のチェック体制の見直しとして、グループ全社にてダブルチェック体制を義務化いたしました。
    (2) メール送信システムのグループ会社毎の分離
    こちらは、既に対策として進めておりましたため、2018 年 12 月中にシステムの分離を完了予定としております。
  4. メールを受け取られたお客様への対応
    メールを受け取られたお客様には 12 月 8 日 9 時に送信されたメールにて(件名:「株式会社 LinkLife【メール誤配信のお詫び】」)にて事実のご説明と謝罪をさせていただくとともに、当該メールの削除をお願いいたしました。

引用:株式会社LinkLife公式サイト

すでに改善されたそうですが、メールがグループ会社全体に送れたということは、逆にお客様の情報を全てグループ会社で共有されていた可能性もあります。事前に同意の上で共有されていたのならいいのですが、そうでなければ勝手に共有されていたのでとても恐ろしいことです。

オールコネクトグループの中でも一番口コミ数が多かったリンクライフですが、主力商材であるブロードワイマックスの顧客数がいかに多いかも分かります。次のグッドラックでも詳しく解説しますが、オールコネクトグループは全体的に「新規獲得>>>>>サポート」とサポートの人員や力の入れ具合をかなり軽視しているため、このように多くの悪い口コミが書かれています。

 

株式会社グッド・ラック

50件、平均1点

グッドラックと聞いてピーンと来た方もいらっしゃると思いますが、そうです。「どんなときもWiFi」を運営している会社ですね。

口コミの数もかなり多いですが、平均点がまさかの1点という前代未聞の低さ...。内容を見ていきましょう。

グッドラックの口コミ

グッドラックの口コミ

グッドラックの口コミのほとんどがどんなときもWiFiに関する「通信障害」「電話不通」「連絡なし」さらには「不当料金請求」など、多くの評価の低い口コミが書かれていました。

コロナによる世界情勢の変化に伴いテレワークの増加や機器や部品が輸入できなくなったことに関しては同情いたしますが、「電話に繋がらない」に関してはサポート人員を最初から少数しか確保せずに営業部隊に重きを置いて運営していたツケが回ってきたとしか思えません。

想像できないくらい多くの顧客数を獲得していたとは思いますが、そのために多莫大な広告費や営業部隊における人件費を割いていたかも明白にもなりました。

営業とサポートのバランスが完全に崩壊していましたね。

 

不満の数を推測

確かにオールコネクトグループのお客様は母数が多いので、多かれ少なかれお客様とのトラブルがあると思います。しかしGoogleのクチコミでここまで(539件、平均1.3点)酷いとは思いませんでした。実はこの数は実際にGoogleに書かれた口コミの数だけに過ぎず、実際にどれくらい不満に思っている方がいるのかをある法則で推測することができるのです。

ハインリッヒの法則に当てはめると、不満を持っている方は約15.8万人!?

ハインリッヒの法則という、いわゆる失敗発生率(クレーム率ともいう)があります。この法則は別記事「1.3万人以上が不満!?LinkLifeのクチコミが悪いたった1つの理由 BroadWiMAX」でも活用し、非常に大きな反響を呼びました。法則については詳しくは下記引用文をご覧ください。

1:29:300の法則(ハインリッヒの法則)

1件の大失敗の裏には29件の顧客から寄せられたクレーム、苦情で明らかになった失敗がある。さらにその裏には、300件の社員が「しまった」と思っているが外部の苦情がないため見逃しているケース、つまり認識された潜在的失敗が必ず存在すると言えます。

ハインリッヒの法則

引用:ハインリッヒの法則(ミツエーリンクス)

これより潜在的不満を持っている数を当てはめて計算しました。計算方法は下記通り

Googleクチコミ数合計=539件-60件(★3つ以上や良い口コミは除外)=479件

  • 417件を「致命的な失敗」に当てはめた場合
    1:29:300の【1】に該当
    479件×330=158,070件

  • 374件を「顧客から苦情がくる失敗」に当てはめた場合
    1:29:300の【29】に該当
    479件×(300/29)=4,955件

もしGoogleのクチコミだけでハインリッヒの法則に当てはめた場合、そこに書かれた口コミが「致命的な失敗」に当たると判断した場合は、158,070件の潜在的な不満層がいることに。「顧客から苦情がくる失敗」に当てはめた場合は潜在的に4,955件の潜在的不満層がいることになります。

Googleクチコミに書かれた時点でアウト

どうとらえるかは人それぞれですが、私は影響力の大きいGoogleクチコミに内容を悪く書かれた時点で「致命的な失敗」と考えます。なので、Googleの口コミだけでハインリッヒの法則にあてると約15.8万人なので、その他書き込みのできる影響力のある口コミ(ツィッターや2ch)などを考慮すると「少なくても約15.8万人」と考察しました。

かく言う私も株式会社グッドラックの「どんなときもWiFi」を契約していましたが、通信制限が勝手にされた時は口コミには書かなかったものの超不満ではありました。通信制限がされていた当時はSNS上で大荒れしていたこともあり、契約者数の大半が通信制限をされていたとしたらもっと多くの方が不満だったと思います。さらにいうとGoogleクチコミは2020年3月~7月ぐらいまで非常に反映されにくい状況だったりしたので、今回推測した数字よりも実際はもっと多くの方が不満に思っている可能性があります。

 

ここから大逆転する方法

ここまで大量に低い口コミが投稿された今、オールコネクトが大逆転する方法はあるのか?と真剣に考え、答えが2つ出ました。それは、

  • サポート大量増員
  • 利益優先顧客優先

サポートの人員を大量に増員し、さらにグループ全体としての考え方を利益優先⇒顧客優先」に思い切って変更することが最適解です。

サポート大量増員

実際にどの口コミを見ても「サポートに繋がらない!!」「折り返しが一切来ない!!」などサポートに繋がらないことを言われています。また「新規申込窓口にはすぐ繋がるけどサポートには一切繋がらない!」といったサポート軽視のようにも見えます。

このような共通していえる根本的問題を解決するためには何よりも優先でサポート人員を大量に増員し、繋がりやすい電話環境に変えることです。

誰が見ても分かる通りオールコネクトは超巨大グループです。毎年売上が上がり続けることや契約者数が増え続けることは非常に立派ですが、それに比例してサポート人員も充実させていくことが非常に大事です。

人員が少ないと社員の負担が増大する

またサポートの人員が少ないと、先述の通り「電話が繋がらない」といった余計なクレームが多発します。そうなると電話に出たサポートの方にそういったクレームが総当たりになり、心身ともに大きく疲弊します。

これは私が以前勤めていたネット回線の会社でも同様なことが起きていたことです。増員をケチった会社により心優しい社員がどれだけ傷ついたか、辞めていったことか...。

利益優先⇒顧客優先

さらにこれだけの声が上がっているのにも関わらず一向にサポートやサービスが改善されることもないため、企業の根本的考え方が利益優先だということは明白です。

「企業理念ってどうなっているのだろうか...?」とオールコネクトの企業理念を調べたら下記のように書いてありました。

  1. チャレンジし続ける姿勢で、競争から逃げず、競争に勝つ努力をする。
  2. 変化に強く、変化させられるのではなく、変化の中心に居る。
  3. 全てにおいて世界最高を目指し、妥協を排除する。
  4. 不正を排除し、道徳を重んじ、実力で勝負する。
  5. 市場と顧客の評価は絶対であり、結果から逃げない。
  6. スタッフが成長する為の環境を絶えず用意する。
  7. どこにでも通用する人材を育て続ける。

引用:オールコネクト企業理念

このように企業理念を見るといかにもベンチャー企業らしい理念で、就活中だったら一目置くような内容ですね。

しかし注目していただきたいのが「5.市場と顧客の評価は絶対であり、結果から逃げない。」この項目です。もし本当にこの項目が企業理念の1つだとしたら確実に守れていないですね。

市場はどうかは分かりませんが、顧客の評価は今回ご紹介したGoogle口コミはもちろん、TwitterやFacebookなどのSNSでもずっと昔から相当酷いです。また「結果から逃げない」と断言しておりますが、今までこの口コミの内容からずっと逃げていました。目を背け続けていたからこの膨大な数と低評価の数の口コミが書かれているのです。

なので経営陣は今一度企業理念を500回ぐらい読み返して猛省して下さい。

まとめ、復活するのは経営陣次第

それではオールコネクトの口コミについてまとめていきます。

  • グループ全体でGoogle口コミ総数が539件、平均1.3点
  • 約15.8万人が不満をもっている(ハインリッヒの法則)
  • ここから復活するには
    サポートの大幅増員
    利益優先顧客優先
  • 企業理念の「市場と顧客の評価は絶対であり、結果から逃げない。」を経営陣は500回声を出して読み、最優先で取り組む

オールコネクトグループ全体で口コミの数の多さと平均点の低さには驚きましたが、決してここから復活することは不可能ではありません。

何度も言いますが企業理念の「5.市場と顧客の評価は絶対であり、結果から逃げない。」を経営陣がしっかりと理解し、それをサービスやスタッフの考え方に落とし込むことができれば必ず世間の評価が良くなります。

そのためにやることは、

  1. サポートの大幅増員(今の3倍)
  2. 全サイト顧客最優先のキャンペーンに変更
    ・キャッシュバックが確実に貰えるキャンペーンに変更
    ・オプションを強制でつけない
    ・分かりにくい料金表示を撤廃
  3. 全Googleクチコミに返事をし、どう具体的に改善するか"約束"する
  4. 今まで利益優先だったことを公的に謝罪し、これからは顧客最優先の企業に生まれ変わるという趣旨の事を公式サイトに大々的に表示

これらを行えば時間はかかりますがオールコネクトグループ全体の価値が高まり、結果的に多くのお客様が満足してネット回線を開通・ご利用することが可能になります。

またオールコネクトの理念の中に「2.変化に強く、変化させられるのではなく、変化の中心に居る。」とあります。まさに今が変化の時であり、その変化の中心であるべきでないでしょうか?

もしこのブログをオールコネクトの経営陣が見ることがあれば、改善を"検討"するのではなく、理念に則り今すぐに"実施"すべきです。

今後復活を果たすまでこのブログではオールコネクトを追っていきたいと思います。

大変長文となりましたが、最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

1位 auひかり UP↑↑

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2021年8月1日更新】auひかりマンション(NNコミュニケーションズ)のキャッシュバック額が大幅にアップしています!(8/31まで!!

  • 戸建て:5,100円/月~(税込5,610円)
  • マンション:3,800円/月(税込4,180円)
  • 工事費用:実質無料
  • CB:最大52,000円(7/31まで!!)
    戸建て・マンション一律!!
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円(税込2,200円)割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円(税込31,680円)負担!
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円
  • レビュー総数:500件突破!平均4.7(MAX5)

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2021年8月1日更新】ソフトバンク光正規代理店エヌズカンパニーのキャッシュバックが前月よりもさらに増額されました!!

  • ファミリー:5,200円/月(税込5,720円)
  • マンション:3,800円/月(税込4,180円)
  • 工事費用:実質無料
  • CB:3.3万円最大47,000円
    戸建て・マンション一律!!
    ∟ 代理店3.7万円+公式1万円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大10万円(税込)
  • おうち割:月額最大1,000円(税込1,100円)割引/最大10台
  • スマホ違約金還元:最大9,500円(税込10,450円)
  • レビュー総数:2,500件突破!平均4.7(MAX5)

3位 ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

【2021年8月1日更新】ドコモ光が初期工事費用無料キャンペーンを実施中です!!

  • ファミリー:5,200円/月~(税込5,720円)
  • マンション:4,000円/月(税込4,400円)
  • 初期工事費用:無料!(2/1~)
  • セット割引:最大3,500円(税込3,850円)割引
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
    全国で速度実績のある安心機器
  • dポイント:2,000ptプレゼント
    新規・転用・事業者変更 一律
  • キャッシュバック or 他社解約違約金負担:最大20,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - WiMAX・WiFi, キャッシュバック, 会社潜入(訪問), 裏ワザ・裏情報 , , , , , ,