どんなときもWiFi【3大デメリット】と【4つのリアルな速度】を検証!評判はどうか!?

 投稿日:2019年7月15日    更新日:

どんなときもWifi

「どんなときもWiFi最高~、どこでもネット繋がるし、常に速度が速いし~」

と、今では各方面から称賛の声(口コミ)が聞こえてきます。実際に今年に入ってから露出が出てきた会社で、CMもバンバン出している勢いのある会社で現在非常に多くの方々がブログを書いていたり動画をアップしています。

「そんなにいいポケットWiFiなのか!?どれどれ調べてみようかな...」

と興味本位で調べていましたら、いいことばかりでなく実は「3大デメリット」を見つけてしまいました。。。その3大デメリットである

  1. 下り最大速度が150Mbpsと遅い!?
  2. 25ヶ月目以降は料金が上がる!?
  3. 端末は「レンタル」のため返却必須!?

どんなときもWiFiの契約を検討する上で、これらの事実をしっかりと理解をしていないと「最悪の事態」になりかねません...。

今回はこれらのデメリットを徹底的に解剖していくのと、実際に契約している方々の生の口コミや評判もピックアップしながらデメリットとメリットを天秤にかけたさいに本当にどんなときもWiFiで契約してもいいのかどうかを客観的に分析していきます。

なお当ブログは、どんなときもWiFiを契約・使用・そして様々な実験をして使い勝手や「4つのリアルな速度」も記事や動画にアップして検証したので、これらもより深くお伝えしていきます。

「3大デメリット」と「4つのリアルな速度」

どんなときもWiFiを検討する上で事前に絶対に知っておきたい3つの大きなデメリットをまずは最初にしっかりと解説していきます。

大デメリット1:最大速度が150Mbpsと遅い!?

どんなときもWiFiのデメリット

どんなときもWiFiでレンタルできる端末は「D1」という端末です。

速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっており、下りの速度がWiMAX・WiFiの他の端末と比較すると実はかなり遅いのです。。。

※ちょっとした裏情報※

6月以前に提供していた端末「U2s」という機種だったのですが、新しい機種「D1」とは性能や中身の違いはなく「どんなときもWiFiのロゴ」が入ってるかどうかの「見た目の」違いだけです。

他回線の端末との速度比較表

【持ち運びできるWi-Fiで比較】

 下り最大上り最大
WiMAX(W06)1.2Gbps75Mbps
Pocket WiFi(603HW)612Mbps37.5Mbps
どんなときもWiFi(D1)150Mbps50Mbps

表の通り、どんなときもWiFiは他の機種回線よりも「スペック上は」かなり遅いです。。。

リアルな速度1:実測は全然遅くなかった!観光地での比較

スペックだけでは分からないので、実際にWiMAX2+とどんなときもWiFiを比較しているレビューを探してきました。

そしたら双方のスピードテストを各地(沖縄)で測定比較していたわたしのネットというサイトがありましたらので一部引用いたします。

計測場所
どんなときもWiFiの通信速度
WiMAX2+(W06)の通信速度
下り
上り
下り
上り
首里城正殿
21.6Mbps7.44Mbps10.3Mbps0.25Mbps
国際通り
22.6Mbps16.7Mbps26.9Mbps5.25Mbps
若狭海浜公園
18.9Mbps13.9Mbps4.39Mbps0.51Mbps

※計測日:2019年3月4日

引用:わたしのネット 本当に無制限!?どんなときもWiFiは契約すべきか他社モバイルルーターと比較してみた

このように沖縄県の各観光地で測定比較をされていたのですが、上り下りともにどんなときもWiFiは非常に安定していますね。ポケットWiFiは外出先はもちろん、このような観光地に旅行や出張に行ったときにも重宝しますので、どこでも安定的に繋がるは魅力的ですね!

リアルな速度2:家の中でも安定感は凄かった

別記事「【THE安定感VS瞬間風速】どんなときもWiFiとWiMAXを7ヶ所で測定比較した結果」で2階建ての戸建ての中「7か所」でWiMAXとどんなときもWiFiの速度比較をしました。

どんなときもWiFiとWiMAX速度比較

どんなときもWiFiとWiMAXのスピードテスト比較

計測場所
どんなときもWiFi
WiMAX2+(W05)
下り
上り
下り
上り
①書斎
13.1Mbps12.6Mbps26.4Mbps0.93Mbps
②寝室1
13.3Mbps13.1Mbps2.80Mbps0.12Mbps
③寝室2
10.6Mbps6.65Mbps圏外圏外
④ガレージ
15.6Mbps12.5Mbps0.79Mbps0.04Mbps
⑤リビング
10.8Mbps8.28Mbps圏外圏外
⑥キッチン
9.83Mbps10.6Mbps1.58Mbps0.06Mbps
⑦お風呂
11.7Mbps5.32Mbps3.14Mbps0.13Mbps
平均
12.1Mbps9.86Mbps4.95Mbps0.18Mbps

結果、どんなときもWiFiが下り上り共に圧勝でした!家のいたる場所で計測するとこんなにも差が出るか!?というぐらいWiMAXの不安定さが目立ちました。(Youtubeでも新たにどんなときもWiFiとWiMAX2+の比較動画を作りました。)

リアルな速度3:実測は全然遅くなかった!都内近辺での比較

スペックだけでは分からないので、実際にWiMAX2+とどんなときもWiFiを比較しているレビューを探してきました。

そしたら面白い比較が何件かあったのでご紹介します。

この方は、大都会東京の新宿区内で速度比較をされたそうです。東京ならどこでも超高速のイメージでしたが、現実例として上記のような結果が。。

またこの方は、駅構内ではWiMAXが圏外だったそうですが、どんなときもWiFiはしっかりつながっているもよう!

最後にこの方は、某W(多分WiMAX)では地下やビルではなかなか電波が入り辛かったそうですが、どんなときもWiFiなら問題なく、むしろ電波が入らない場所を探す方が大変だとか!?w

リアルな速度4:YouTubeの「4K動画」も見れた!

別記事「【まさかの負傷】どんなときもWiFiで「4K」動画を見たらトラブル発生!」で、どんなときもWiFiでYouTubeの【4K動画】を見れるかどうかを実験しました。

YouTube公式は4K動画を見るには20Mbps以上必要と推奨していますが、日中家の中で測定したら22Mbps出ており、そのまま4K動画を難なく見ることが出来ました!(しかし夏場の暑い時期に重い動画を見ていたのでPCが熱くなりすぎて火傷してしまいました泣)

4K動画の測定環境

↓↓↓

WiFiで4Kを見た結果※GIFは80%軽くしましたが、重かったらごめんなさいm(__)m

このように、4K動画(長岡花火で検証)もちゃんと読み込んでいますね!!

こちらの記事内容もYouTubeに動画を面白おかしく編集してアップロードしていますので、よろしければご覧いただければ幸いです。

総括すると「リアルに」早かった

スペック上ではWiMAXやその他回線に完敗でしたが、実測としてはこのように、WiMAXより速かったり電波が劇的に入りやすかったり、4K動画が見れたりなど「4つのリアルな速度」どんなときもWi-Fiは使いやすかったです。

 

大デメリット2:25ヶ月目以降は料金が上がる!?

どんなときもWiFiのデメリット

この画像を見て分かる通り、どんなときもWiFiは2年間は3,480円ととても安く利用できるのですが、3年目からは500円値上がりして3,980円になってしまいます...。せっかく性能が良くて通信制限もない回線なのに、料金が高くなるのは非常に残念です。

料金が上がるのはWiMAXも一緒だった(表で解説)

実は3年目から料金が上がるのはWiMAXも一緒でした。どれくらい変わるのかを分かりやすく見てもらいたかったので表を作りました。

※なお、WiMAXは当ブログ人気No1の「JP WiMAX」を比較対象とします。

 1~3ヶ月4~24ヶ月25ヶ月~
JP WiMAX2,800円3,500円4,100円
どんなときもWiFi3,480円3,480円3,980円

料金だけ見るとさほど違いがなく(というかWiMAXの方が2年間では安い)のですが、決定的違いが

  • どんなときもWiFi:2年契約
  • ほとんどのWiMAX:3年契約

どんなときもWiFiの方が契約期間が1年も短いではないですか!?!?

契約期間の短さから「とりあえず2年間の契約」を考えれば、WiMAXの3年契約に比べてだいぶ「心的楽さ」を得られますね。

 

大デメリット3:端末は「レンタル」のため解約時は返却必須!?

どんなときもWiFiのデメリット

どんなときもWiFiの端末や備品などはすべて「レンタル品」のため、解約時には必ず返却しないといけません。それについてはホームページの重要事項説明(.pdf形式)でもしっかりと書かれていますので一部抜粋します。

【6. ご契約の変更・解約について】

3. 端末の返却について
本サービスの端末はレンタル品です。契約解除後の端末は、解約月の翌月 5 日までに返却することとし、返
却期限までに返却がない場合、返却時に故障・破損が見られる場合、以下のレンタル端末一式の返却に欠
品がある場合は、機器損害金 18,000 円(税抜)を当社に支払うものとします。
【レンタル端末一式】
本体/USB ケーブル/取扱説明書/個装箱

どんなときもWiFi 重要事項説明 より一部抜粋

つまり、契約期間内や更新月であったとしても「レンタル品」のため必ず端末を返却しなくてはならず、欠品があった場合は18,000円を支払わないといけません。

防御策としては、棚の中に使わないものを一式保存

いざ解約して返品しようとしても

「あれ?USBケーブルが違うぞ?」
「箱捨てちゃってた...!」
「取説どこだ~~~」

など、おそらく解約時には2年間もの月日が経っているのでこういったことが起こる可能性がおおいにあります。。。

なので防御策として、「とにかく保存!」あるのみです。

一番おすすめの方法は、本体だけを箱から出して後は棚の中にしまっておく。USBケーブルはダイソーなどの100均で調達!すれば本体だけ無くさなければ問題ありませんね。

 

スペック紹介

どんなときもWi-Fi

回線名どんなときもWi-Fi
月額3,480円
初月は日割り
初期費用3,000円
速度下り最大150Mbps
契約期間2年
通信制限なし!
オプション強制なし
発送最短当日
機種D1
契約個人・法人可
支払いクレジットカード・口座
備考3日間の通信制限なし!
・au/SB/Docomoの
超広範囲エリア
・海外でも使える
・2年間ずっと同じ料金

どんなときもwifi 公式ホームページ

スペックは上の表の通りです。やはり前評判がいいこともあり、月額が安いのはもちろん、「3日間の通信制限」がないことや「使い放題」のところが一番の見どころになっています。

どんなときもWi-Fi

さらにタレントの「佐藤二郎さん」や「今田美桜さん」を起用しており、企業の本気度が感じます。

私個人的に大好きな佐藤二郎さんが出ており、YoutubeのCMでもお得意のアドリブで大暴れしていました笑

佐藤二郎さんならもっと暴れてもいい気がしましたが、少し抑え目にされてましたね笑

 

本当に3日間通信制限なしなのか!?

「天下のWiMAXですら、3日間10GBまでの通信制限があるのに、ぽっと出のどんなときもWiFiがそんな思い切ったことできるのかぁ??」

というお声が聞こえてきそうだったので、どんなときもWi-Fi公式サイトに通信制限に対して記載がありましたので調べたことを一部抜粋します。

どんなときもWiFiなら他社wifiルーターのような月間容量制限や通信制限を一切設けておりません!動画、ゲームなどのデータを大容量消費するコンテンツも安心してたっぷりとご利用いただけます。

どんなときもWi-Fiは使い放題

↓↓↓↓↓

どんなときもWi-Fiは使い放題

引用:どんなときもwifi 公式サイト

このように、月間はもちろん、3日間の通信制限を設けておらず、本当の意味で使い放題を実現している夢のようなWi-Fiだということが分かりますね。

大容量通信をされる方は注意

しかし、全ての方が使い放題対象というわけでなく一部の方は制限をすることがあるといっています。こちらも公式サイトから一部抜粋すると、

違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を制限する場合があります。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

どんなときもWi-Fiの通信制限

引用:どんなときもwifi 公式サイト

つまりは、やんちゃをしなければ大抵の方は制限を受けることがないということですね。

普通にネットがしたい方には無縁な話なのであまり気にしなくてよさそうです。

 

料金はかなり安い!

どんなときもWi-Fiの月額

どんなときもWi-Fiの凄いところが、「使い放題」で「3日間の通信制限なし」なのにも関わらず月額が3,480円という格安価格なのです。

WiMAXの「So-net」よりも安い

WiMAX2+のギガ放題(使い放題)でずーっと安いと評判の「So-net」と料金を比較してみました。

  • So-net WiMAX:3,680円/月(3年契約)
  • どんなときもWiFi:3,480円/月(2年契約)

※2社とも最初の契約期間中はずーっと料金変わらず

なんとWiMAX(So-net)よりも月額が200円も安いではありませんか!?

しかもWiMAXは使い放題ではありますが「3日間10GB」の制限があります。何度もいいますがどんなときもWi-Fiにはそういった制限がないので、お得な上に自由なWi-Fiですね。

 

どんなときもwifi

 

エリアがバカ広い!?

どんなときもWi-Fiのエリア

どんなときもWi-Fiは「クラウドWiFi」という通信技術を使っており、簡単に言うとソフトバンク・au・ドコモのエリアに対応しるため、エリアが超広いです!またSIMごとに繋がりにくいエリアがあっても他の繋がりやすいSIMに自動で割り当てますので、いつでも快適にインターネットが利用できるため「普通に安定したネットがしたい」方や「移動中にネットがしたい」方にはかなりおすすめできる回線です。

 

口コミはどうか

ツィッター検索で実際にどんなときもWiFiがどうつぶやかれているか検索してみました。

全体的に言えることは本当に通信制限なく、ちゃんとWiFiとしてネットが使えているということですね。しかも速度も決して悪くないみたいでなかなかよさそうです。

 

デメリットとメリットを天秤にかけた結果

  • 3つの大デメリットがあったが、
    1.速度:4つのリアルな速度から、かなり良かった
    2.3年目の料金:2年契約と考えれば問題ない
    3.レンタル品だが防御策を取れば安心
    ⇒ 3つとも実はたいしたことなかった
  • 3日間通信制限なし・使い放題のWiFiは「どんなときもWiFi」
  • 月額が3,480円とかなり安い
  • エリアが3大キャリア網なので超広い
  • 口コミも噂通りで良かった
  • 起用タレントが私の大好きな佐藤二郎さんだった

と、通信の制限なしでどんなときでも使える、まさに「どんなときもWiFi」。

タイトルであげた「3大デメリット」がありましたが、よくよく詳しく見てみると「4つのリアルな速度」から安定的に速く使えることも分かったし、

「おっ!以外と大丈夫そうだな。それなら安心!」

となることばかりだったのでちゃんと調査しておいて良かったです(ニッコリ)

またどんなときもWiFiは私が大好きな佐藤二郎を起用しているのはセンスを感じます笑

WiMAXの弱点である「3日間の通信制限」「広く細かいエリア」「月額が安く一定」を見事にカバーしているので、WiMAXはちょっと...という方にはとてもおすすめな回線です。そういう方は是非どんなときもWiFiをとてもおすすめできる回線です。

簡単申込方法とオプションの選び方

それでは、今回ご紹介したどんなときもWiFiの簡単な申込方法と、オプションの選び方についても画像つきで解説していきます。

まずは下記リンクをクリックして公式サイトに飛んで下さい。

どんなときもWiFiはこちら!

どんなときもwifi

 

PC・タブレットの方

PCタブレットの方は画面右上にある「Webでお申込み」をクリックして下さい。

どんなときもWiFi申込方法

次に申込選択フォームに移るのですが、「クレジットカード」「口座振替」の選択画面では、クレカを持っている方は絶対的にクレジットカードをご選択して下さい。理由として、口座振替だと月額が500円上がる上に、代引き発送しか対応していないため代引き手数料もかかってしまいます。

どんなときもWiFi申込方法

どんなときもWiFi申込方法

色はお好きな色をご選択して下さい。

どんなときもWiFi申込方法

端末オプションの充電器(ACアダプタ)の選択は、USBをコンセントに変換できるアダプタ(100均に売っています)を持っていなくて、どうしても外に出られない方はご選択して下さい。

どんなときもWiFi申込方法

こちらが実際に充電器(ACアダプタ)なしを選択した場合の同封物。USBケーブルはどのみち入っているので、仮にアダプターを持っていなくてもパソコンや車などからUSB充電することができます。

どんなときもWiFi申込方法

あんしん保障は「過去にこういったもの無くしたことあるしなぁ」「よく洗濯機と一緒に洗って壊したことあるなぁ」という不安な方は入ったほうがいいですね。

どんなときもWiFi申込方法

そしてお客様情報の入力の必須項目をご入力して下さい。

どんなときもWiFi申込方法

スマホの方

スマホの方は画面を少しスクロールすると、画面右下に「お申込み」が出てくるのでそちらをタップして下さい。

どんなときもWiFi申込方法

あとの流れは、さきほど解説したPC・タブレットの通りなので、おすすめのオプションの選び方(私が選んだ方法)を再度ご案内すると、

  • 支払いはクレジットカード
  • 色はお好きな方を
  • 充電器はなし
  • 安心保障はなし

こちらをご選択すれば月額3,480円(税抜)でどんなときもWiFiをご利用することができます。

どんなときもWiFiを契約してより一層思いましたが、これは人におすすめできる快適なWiFiです。是非ご検討して下さい。

 

制限なし!どんなときもWiFiはこちら!

どんなときもwifi

 

WiMAX・WiFiおすすめランキング(2019年8月更新)

1位 JP WiMAX
 

JP WiMAX

【2019年8月1日更新】最新キャンペーン情報に更新しました。

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,800円~
  • CB:1万円(ほぼ確実!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • 1週間無料お試しレンタル可能!
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

2位 どんなときもWi-Fi
 

どんなときもwifi

【2019年8月1更新】詳細ページで新たに比較動画をYoutubeをアップ

  • 回線:クラウドWiFi(au/Do/SB)
  • 月額:3,480円!
  • 使い放題で3日間の通信制限なし!!!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(D1)
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

3位 GMOとくとくBB WiMAX
 

GMOとくとくBB WiMAX

【2019年8月1日更新】

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,170円~
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • auスマートバリューmine対応
  • オプション2つ必須(最大2ヶ月無料)
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

 

ネット回線全体ランキング(2019年8月更新)

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年8月1日更新】今月も!!キャッシュバック大幅UP継続しました!!

  • 工事費用:実質無料
  • CB:5万⇒ 最大52,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円負担!
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年8月1日更新】ソフトバンク光の代理店キャッシュックが過去最大!!

  • 月額:3,800円~
  • 工事費用:実質無料
  • CB:最大35,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • スマホ違約金還元:最大10,260円

3位 ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

【2019年8月1日更新】ドコモ光が「dポイント2万pt」キャンペーンを開始しました!!

  • 月額:4,000円~
  • セット割引:最大3,500円割引
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • dポイント:2万ptプレゼント
  • キャッシュバック:最大20,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - WiMAX・WiFi , , , , , ,