入院中におすすめWiFi【3選】上階でも繋がりやすい制限なしはコレ!

 投稿日:2019年10月12日    更新日:

入院中おすすめWiFi3選

実は先日、バイクに乗って近場に買い物に行ってましたら「右直」で交通事故に遭いました。青信号を直進していたら対向車から普通車が右折してきて、バイクに気付いた車があろうことにか交差点の真ん中で急ブレーキをかけられたのでそのまま激突。(ブレーキをかけずに曲がり切っていてれれば恐らくぶつからなかったです。)バイクは全損で骨組みをほとんどいかれたので復活は不可能ですが、すぐに救急車に運ばれた後の診断結果として私は右足親指の骨折と体中のかすり傷でした。お医者さんに「よくこれだけで済んだね。当たり所悪かったらダメだったかもしれないよ」と、九死に一生を得ました。下手したら死んでいたそうです。

バイクの右直事故右直事故のイメージ(だいたいこんな感じでした)画像引用:亮庵・警視庁

しかし、事故直後はハイになっていてあまり痛みを感じませんでしたが、少し時間が経つと体中の激痛と、骨折した足が痛すぎて生活がまともにできなかったのでしばらく入院することになりました。

さて、前置きが長くなりましたが、その入院中の病院内にはネット環境がなかったため自前でWiFiを準備したのですが、その時感じたWiFiの速さや通信制限、入院中のWiFiに対する不安や疑問点などを、実体験を通してお話できればと思います。

今回の記事の見どころは

  • 病院内のネット環境問題
  • 宅配物(WiFi端末)を病院で受け取る方法
  • WiFiの賢い選び方
  • おすすめWiFi3選
  • シーン別おすすめまとめ

の5つの流れでご紹介いたします。

入院中の方でネット環境にお困りな方にとって有益な内容となっています。是非最後までご覧ください。

病院内のネット環境は「ない」と思うべし

私が入院していた病院は中規模ぐらいの病院でしたが、LANケーブルや無料WiFiなど一切ありませんでした。

実際に大きな病院ではどうかな?と日本で有名かつ大きな病院「東京大学医学部附属病院」と「東京医科大学病院」を調べてみました。

【インターネット接続】

持ち込みパソコンのLAN接続、ルーターの使用はできません、グランおよび一部の病棟を除き、無料WiFiはありません

引用:東京大学医学部附属病院 入院中の過ごし方 ※2019年10月調べ

一般病棟
個室33,000円
【設備】
冷蔵庫/テレビ/Blu-rayプレーヤー/Wi-Fi/ユニットシャワー/洗面台/トイレ/収納/床頭台/テーブル/椅子
4人床8,000円
6,000円
【設備】
冷蔵庫/テレビ/洗面台(共有)/収納/床頭台/テーブル/椅子

引用:東京医科大学病院 外来・入院案内 ※2019年10月調べ

このように日本でも有数の大きさや有名さを誇る東大病院ではLAN接続はもちろん、一部病棟を除き基本的には無料WiFiがなくて、東医大病院では値段の高い個室ではWiFiがあるが、通常の4人床にはWiFiの記載がありませんでした。

もちろん、病院によっては各病室にLANケーブルがあるケースや、場所によっては「FON」のような無料WiFiが飛んでいることもありますが、必ず完備されてはいません。

では、ホームページを見ても(入院中に)無料WiFiがない場合どうしたらいいのか?その答えはリスクの低いWiFiを契約することをおすすめします。

病院内でWiFiの受け取りは「できる」

「WiFiを申込しても、入院中にどうやって受け取ればいいんだよぉぉ~~」

というお声が聞こえてきそうですが、病院での荷物の受け取りは簡単にできます。

やり方として参考にしたのが、「トリセド」に記載されており

病院に送る際の宛名の書き方

病院の郵便番号、○○病院○病棟○○○号室入院中○○○○様

病院の規模などによって多少の差はありますが、基本的に上記の宛先で病院に入院中の患者さんに送ることが出来ます。

○○○号室入院中の「入院中」と記載することで、病院の職員の向けではなく、入院中の患者さん向けに送ったことをより分かりやすくする意図がありますが、ここまで書かなくてもちゃんと届きます。

入院患者さんに宅配ドライバーさんが直接渡すのではなくナースセンターなどを介すため「着払い」の利用は出来ないのでご注意ください。

引用:トリセド 病院に入院中の人に宅配便や郵便で荷物を送る方法

このように「病院の郵便番号、○○病院○病棟○○○号室入院中○○○○様」というように詳しく病院だけでなく病棟や号室・名前まで書きました。

しかしここでの書き方はあくまで「一例」なので、病院によってフォーマットがあるかもしれないので事前に看護師さんに確認して下さい。

※注意

ここでいうやり方をする前に、必ず病院に「荷物の受け取りは可能か」どうかの確認をして下さい。私が入院中の病院では配送物は最寄りのナースステーションで預かって頂けて、さらに看護師さんが「荷物届きましたよ~」と呼びかけをして下さいましたが、病院によっては根本的に受け取りを禁止しているところもあるそうです。

またこちらも「まれ」ですが、病院によっては携帯の電源絶対OFFなところもあります。(どちらかというと特定の病室)WiFiも結局携帯の電波みたいなものなので、根本的に使えない可能性もあるので、絶対に電源OFFかどうかを確認しておいてください。

では、受け取りを禁止している病院に対しての対策として「最寄り郵便局・コンビニ受け取り」という方法があります。

郵便局・コンビニ受け取り

受け取り禁止病院の場合は、「郵便局やコンビニ」で荷物をとめて貰えるように注文するのがいいでしょう。荷物を取りに行く時は外出届を出すか、もしくはご家族や知り合いの方に代わりに取りに行ってもらうことができます。同居しているご家族の場合は受け取りの際に身分証の提示でいいのですが、それ以外の方は「委任状」を書いてもらう必要があるので、ご注意を。(郵便局の委任状については公式は発行していませんが、WEB上に委任状があるのでこちらをご活用いただければ幸いです。)

委任状のフォーマットについて

では次に入院中に利用する際に「リスクの低いWiFi」について説明します。

リスクの低いWiFiの定義

入院中のリスクの低いWiFiの定義とは、

  1. 上階でも電波が繋がりやすい
  2. 解約金無料(もしくは安い)
  3. オプション強制ではない

この3つがあげられます。

上階でも電波が繋がりやすいは「絶対条件」

入院となると上階フロアが多いです(特に大きな病院ほど)そうなってくると、まずWiFiの電波が届きにくくなるため、せっかく契約したのに「圏外」でしたというのは絶対に避けたいです。

なので契約前にそのWiFiの電波は上階や高層ビル・マンションでも使えている人はいるのかをしっかりと調査をされることをおすすめします。

解約金無料(もしくは安い)は安全策

入院のためにWiFiを契約したのに電波が繋がらなかった、圏外だったとしたら、使い物にならないのはもちろんですが、その後解約となった際に無駄に解約金を払ってしまうことになります。

WiFi(GMOとくとくBB WiMAX2+)の早期解約の場合の事例を1つあげると、

【契約期間について】

端末発送月の翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:24,800円(税抜)
25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円(税抜)

GMOとくとくBB WiMAX解約金

引用:GMOとくとくBB WiMAX 契約期間について

このように早期解約となった場合、2.5万円近くかかるケースがあります。

WiFi契約する際に初月や初期事務手数料もかかってくるし、さらにこういった解約金もかかるとなるとかなり痛手...。できれば解約金が無料か安い会社と契約したいところです。

しかしWiFiには初期契約解除制度がある!

初期契約解除制度とは、平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令(総務省)により、インターネット回線を契約をしたものの、自宅では電波の入りが悪く正常にサービスを利用できないといった場合、端末を返品して回線を解除できる、クーリング・オフに似た制度です。

契約後8日以内であれば、クーリングオフのように無料で解約をすることができます。

※注意

会社によっては「初期事務手数料」「返却時の送料」「端末を返却しなかった場合の機器損害金」などが発生することが多いので、事前に調べておくのが無難です。

オプションは強制ではないのは、忘れないため

WiFiの中には契約時に2ヶ月無料の必須オプション契約がついてくるものがあります。会員サポートや故障安心サポートといったものがありますが、入院中は色々な検査や手続きがあったり、そもそも解約をする気力がなかったりなどしてオプションの解約をし忘れてしまう可能性が大きくなります。

解約をし忘れると無料期間終了後にオプション費用がそのまま月額費用にのっかってくるため、気が付くのが遅いとズーッと無駄にオプション費用を払い続けることになりかねません。

なので、オプション強制も避けたいリスクです。

リスクの少ないWiFi【3選】

では上項目で説明した「リスク」が少ないWiFiを3つご紹介いたします。

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

  • 月額:3,480円
  • 初期費用:3,000円
  • 端末代:無料
  • 電波:トリプルキャリア
    au SB do のエリア網で超広い!
  • オプション任意
  • 契約期間:2年自動更新
    ∟解約金(0~12ヶ月)19,000円
    ∟解約金(13~24ヶ月)14,000円
    ∟解約金(更新月)無料
    ∟解約金(2年毎)9,500円

今年登場したばかりの「どんなときもWiFi」。月額や料金が安いのはもちろんですが、「トリプルキャリア」というクラウドSIM通信規格で「au SoftBank docomo」の通信網を自動でキャッチして幅広いエリアに対応しています。

どんなときもWi-FiのエリアこちらがどんなときもWiFiのトリプルキャリアのイメージ。

高層階の速度事例

「エリアが広くても高層階では使えるのか?」

と思われる方がいらっしゃると思うので高層階でテストされている方を探してきました。

大人のWiFi通信倶楽部では、どんなときもWiFiの速度テストを記事にされており、

  • 5階
  • 20階

の高層ビルで速度テストをされていましたので記事の一部を引用いたします。

【どんなときもWiFi 5階】

どんなときもWiFi5階の速度

【どんなときもWiFi 20階】

どんなときもWiFi20階の速度

引用:大人のWiFi通信倶楽部

このように、5階ではWiFiにしては結構速い速度がでていますが、さすがに20階となると減速しています。しかしそれでも圏外というわけでなくさすがは「トリプルキャリア」ということもあり、ネットを普通に使うには十分な速度が出ていることが分かります。

※あくまで高層ビルでうまくいった事例なのでご参考程度に。

通信制限・速度制限なし

どんなときもWiFiの通信制限

どんなときもWiFiのさらに大きな特徴が「通信制限」「速度制限」共になし!なところです。通常他社の場合は「月間7GB」や「3日間10GB」の各制限があるのがデフォルトですが、どんなときもWiFiはそういった制限を撤廃しており、入院中に動画を見たりオンラインゲームを制限気にせず使える安心度があります。

総合的に見ると〇

またオプションは任意のため、不要な方は外し忘れが起こりません。

しかし、解約金に関しては相場通りといいますか、通常通りかかってしまうため、短期利用を考えている方には苦しいところ。なので、どんなときもWiFiは

  • 上階電波:かなり良い
    ∟その上「制限なし」
  • 解約金:通常通りかかる
  • オプション強制:任意

総合的に見ると、かなりいいWiFiです。とくにトリプルキャリアにより上階でも繋がりやすくなっているのが大きな加点ポイントです。

解約金は通常通りかかるので、考え方としては「退院後も使いたいな」という方には非常におすすめできるWiFiです。

入院中に「1番おすすめ」WiFi回線

どんなときもwifi

 

SPACE WiFi

SPACE Wi-Fi

  • 月額:3,680円(ズーッと)
  • 初期費用:無料
  • 端末代:無料
  • 電波:WiMAX or SoftBank
  • オプション:任意
  • 契約期間:なし(解約金無料)

SPACE WiFi(通称民泊WiFi)の大きな特徴は「初期費用・端末代・解約金」全て無料だということです!!短期利用の方や違約金の縛りを受けたくないという層に対して非常に強いWiFiです。

また月額もズーッと3,680円で使うことができるので、短期の方だけでなく長く使いたい方に対しても良心的月額に設定されています。

機種はWiMAX系 or SoftBank

SPACE WiFiは異なる電波を使うWiMAX系の「W04」かSoftBank系の「801ZT」から選ぶことできます。

 WiMAX W04SoftBank 801ZT
機種W04801ZT
エリア網WiMAX2+SoftBank
速度制限3日間10GB1日3GB
下り速度最大708Mbps最大112.5Mbps
連続通信時間最大9時間最大8.5時間
同時接続台数10台10台

このように機種によって電波帯や性能が異なりますが、高層階に入院中の方は絶対にWiMAXはおすすめできません。

その理由がWiMAXの電波は高層階+屋内への電波が非常に弱いからです。2階や3階ならまだいいかもしれませんが、それでも階が上がると不安要素が一気に高まります。

またSoftBankの電波に関しては「WiMAXよりは高層階に対してマシ」というもので、場所によっては通じずらいのは否めません。

低層階なら大あり

  • 上階電波:良くない(特にWiMAX)
  • 解約金:無料
  • オプション強制:任意

SPACE WiFiはこの通り、解約金無料でオプションも任意なので、入院中限定で申込をするのであればおすすめです。

入院病棟が高層階の場合は電波の不安が残るため、少し懸念点があります。

しかし、「解約金・初期費用・端末代全て無料」の魅力的は非常に大きくて、仮に電波が悪かったら初月分の月額料金のみで解約してしまうこともできるので、リスクが少ない分リスクを背負うことができます。

 

SPACE Wi-Fiはこちら!

 

NETAGE WiFi レンタル

WiFiレンタル

  • 月額:400円~
    ∟1泊2日で1,980円(801ZT)

    ∟初期費用送料コミコミ
  • 電波:au SB do 選べる
  • オプション:任意
  • 契約期間:なし(解約金無料)

WiFiレンタルは1日からレンタルを選ぶことができます。もちろんレンタルだから解約金という概念がありませんしオプションももちろん任意です。

さらに、au SoftBank docomo など豊富な機種から選ぶことができます。

料金シミュレーションができる

WiFiレンタル見積

このようにレンタル日数や機種だけでなく、ご返却方法や見積用に会社名を書くことができます。

WiFiレンタル見積

こちらが、シミュレーション結果。一泊二日で配送料込で1,892円(税込)と出ました。(機種は一番安い801ZT)しかも法人を選択すれば「10%割引」が適用されます!その後見積書をPDFに出力することもできるので社長さんや社員さんが入院された際には非常に利用しやすいサービスとなっています。

超短期利用+法人なら大あり

  • 上階電波:選ぶ機種次第
  • 解約金:無料
  • オプション強制:任意

入院期間が短い方や法人・個人事業主の社長や社員の方には非常におすすめのサービスとなっています。

個人的には私自身も一応事業主なので見積書がPDF出力できるのが非常に魅力的に思えました。

 

WiFiレンタルはこちら

 

特徴別おすすめのWiFi

  • 上階での利用:どんなときもWiFi
    ∟ 月額3,480円
    ∟ トリプルキャリア

  • 1ヶ月以上利用+解約金無料:SPACE Wi-Fi
    ∟ 月額3,680円
    ∟ 初期費用無料

  • 超短期利用+法人:WiFiレンタル
    ∟ 400円~
    ∟ 簡単見積シミュレーション

このように特徴別にまとめると、エリアや上の階での利用を希望される方は「どんなときもWiFi」をおすすめします。

また1ヶ月以上利用の解約金無料なら「SPACE WiFi」を超短期利用や法人で利用されたい方は「WiFi レンタル」をおすすめします。

入院中はすることなくずっと退屈でしたらが、WiFiがあったおかげでネット関係の仕事や娯楽が大変充実しました。入院中・これからする予定の方はこの記事をご参考いただければ幸いです。

この記事で「1番おすすめ」WiFi回線

どんなときもwifi

 

WiMAX・WiFiおすすめランキング(2019年10月更新)

1位 JP WiMAX
 

JP WiMAX

【2019年10月1日更新】最新キャンペーン情報に更新しました。

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,800円~
  • CB:1万円(ほぼ確実!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • 1週間無料お試しレンタル可能!
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

2位 どんなときもWi-Fi
 

どんなときもwifi

【2019年10月1更新】

  • 回線:クラウドWiFi(au/Do/SB)
  • 月額:3,480円!
  • 使い放題で3日間の通信制限なし!!!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(D1)
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

3位 GMOとくとくBB WiMAX
 

GMOとくとくBB WiMAX

【2019年10月1日更新】

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,170円~
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • auスマートバリューmine対応
  • オプション2つ必須(最大2ヶ月無料)
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

 

ネット回線全体ランキング(2019年10月更新)

 

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年10月1日更新】今月も!!キャッシュバック大幅UP継続しました!!

  • 工事費用:実質無料
  • CB:5万⇒ 最大52,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円負担!
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円

2位 ソフトバンク光

ソフトバンク光最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年10月1日更新】無線ルーターが最新機種に変更!

  • 月額:3,800円~
  • 工事費用:実質無料
  • CB:最大35,000円
  • 特典:超高性能無線ルータープレゼント
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • スマホ違約金還元:最大9,500円

3位 ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

【2019年10月1日更新】ドコモ光が「初期工事費用無料」キャンペーンを開始しています!!

  • 月額:4,000円~
  • 初期工事費用:無料!!
  • セット割引:最大3,500円割引
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • dポイント:1万ptプレゼント
  • キャッシュバック:最大20,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - WiMAX・WiFi