【SoftBankAirの上位版】WiMAXホームルーターの圧倒的使い勝手の良さ

 投稿日:2018年2月21日    更新日:

WiMAXホームルーターとSoftbankAirの比較

今、世間で人気急上昇のネット回線トレンド、「コンセントを挿すだけで開通」というのが流行っています。

普通、ネットの開通と言ったら、

  1. 自宅に工事業者が来るパソコンから初期設定をする
  2. 配線や機械をいじる
  3. 接続設定をする

といった流れが普通でしたが、上記の1.2.を除いて、自宅に届いた機器をコンセントにつないで3.の設定だけで終わる超簡単な方法の開通があるのです。

それは以前に当ブログで解説しています。

ここでは、「SoftBankAir」について解説しており、設定が簡単なだけでなくその他の大きなメリットとして

  1. 工事ができない(したくない)方
  2. ネット初心者の方
  3. 通信制限(速度制限)に怯えている方
  4. 引っ越し(転勤)が多い方

これらに当てはまる人にはソフトバンクエアーは「ハマる!」

というように4つの大きなメリットがありました。

 

......しかし!!

8日間のクーリングオフ制度があると言えども、

  • 「速度が出ないよ~」
  • 「持ち運びができないよ~」

など、速度やポータブル性(持ち運びやすさ)不満がある、というお声があがっています。

 

う~~ん......。なにかいい手はないものか...。と考えていたらいい回線見つけました。

その名は

 

【WiMAX Speed Wi-Fi HOME L01S】を見つけてしまいました!!

 

SoftBank Air のデメリットであった、「速度」や「使い勝手」を大きく上回っているSpeed Wi-Fi HOME L01S。今回は、このWiMAXの人気機種を独自の視点でご紹介していきます。

据え置き型のWiMAX(Wi-Fi)で検討されていた方、必見です。

 

Speed Wi-Fi HOME L01Sとは

まず、Speed Wi-Fi HOME L01Sについて簡単に紹介します。

一言で言うと、『常にコンセントが必要なWiMAX(モバイルルーター)』です。

よく「WiMAX ホームルーター」とも言われており、据え置き型として大変人気の機種です。

Speed Wi-Fi HOME L01

Speed Wi-Fi HOME L01SはWiMAXの回線を使っているため、開通工事をする必要はないのですね。

また、Speed Wi-Fi HOME L01Sの大きな特徴である「料金」「速度」「使い勝手」についても解説します。

 

料金

月額や初期費用などを含めた料金はWiMAXと同じ料金です。プランは使い放題の「WiMAX2+ギガ放題」で料金を計算いたします。

またWiMAXの最安値比較をした記事を以前に書いています。

ここによると月額割引料金が【GMOとくとくBB WiMAX】が2位を突き放して圧倒的に安さで1位だったので、このGMOとくとくBBでご紹介します。

さらに料金の計算方法も「2年間の実質月額」で計算します。

(月額×24ヶ月)+ 初期費用 = 2年間合計費用 ⇒ 24ヶ月で割る 

要は、本当に支払う料金を分かりやすく表現しました。では実質月額の料金を見ていきましょう。

※因みに1位になったときのランキング表を下記に掲載しておきます。

今回使っている表は7年間の集大成「全33回線比較ランキング表」より作成しています。

「BIGLOBE」「So-net」「DTI」「初月額無料」のため23ヶ月で計算しています。

月額割引月額1月額2特典初期費用2年間合計実質月額
GMO 月額割引2,170円×33,260円×210円3,000円77,970円3,249円
BIGLOBE2,695円×23,380円×210円3,000円79,730円3,307円
So-net 3,380円×23 0円3,000円80,740円3,364円
GMOとくとく800円×23,480円×220円3,000円81,160円3,382円
Broad2,726円×33,411円×210円3,550円83,359円3,473円
カシモ1,380円×23,580円×220円3,000円84,520円3,522円
DTI2,590円×23,760円×210円3,000円87,140円3,631円
ハイホー2,980円×63,780円×180円3,000円88,920円3,705円

※スマホの方は横にスクロールすると料金が出てきます。

GMOとくとくBB WiMAXの3年間の実質月額

GMOとくとくBB WiMAX12月のキャンペーン

  • 3年間の実質月額:3,249円/月
  1.  1~3ヶ月目:2,170円(3ヶ月 計6,510円)
  2.  4~36ヶ月目:3,260円(33ヶ月 計68,460円)
  3.  初期事務手数料=3,000円
  4.  1.+2.+3.=77,970円
  5.  77,970円÷24ヶ月=3,249円/月

※ 初月は日割り計算のため統一してそのまま入れています。

いや~~安い!!

GMOとくとくBBが他社に比べて安いところは「月額の安さ」です。通常、他社でありがちなのが、1~2ヶ月間を3,000円ぐらいの料金で、後の3~24ヶ月間を4,300円ぐらいにする料金体系が多いのですが、GMOとくとくBBは1~3ヶ月を2,170円、それ以降を3,260円とかなり安くしています。

もちろん!初期費用は事務手数料のみで、さらに「auスマートバリューmine(月額最大1,000円割引)」「20日間のWiMAX版クーリングオフ」など独自のキャンペーンもあります。

まさに

月額が安く、キャンペーンも充実

太っ腹です。

 

GMOとくとくBB月額割引GMOとくとくBB月額割引

 

 

速度

またこういうことを思った方はいるのではないでしょうか。

というか、同じWiMAXの回線なら、別機種の持ち運びできる端末の方が断然使い勝手がよくないか??

まさにその通り。Speed Wi-Fi HOME L01Sはコンセントがあるところでないと使えなくて、他の機種はバッテリー式なので外出先に持ち運ぶことができます。(Speed Wi-Fi HOME L01Sもコンセントがあるところであれば持ち運びができるとも言えますが)

 

しかし!!

Speed Wi-Fi HOME L01Sは他機種よりも断然速度が速いことが実証されています!!!!!

 

速度が他WiMAX機種よりも速い根拠

Speed Wi-Fi HOME L01Sが速さを比較されている記事を見つけました。「WiMAX2+と他のネット回線を比較してみるだけのサイト」で実際に様々な機種で速度比較を実験されており、

  • Speed Wi-Fi HOME L01S
  • W04
  • W03
  • スマ〇バ

上記4つで実験されました。その結果は下表に記載してあります。

 HOME L01SWX03W04スマ〇バ
198.2Mbps62.3Mbps59.5Mbps2.5Mbps
288.4Mbps59.5Mbps65.1Mbps1.8Mbps
382.4Mbps65.9Mbps52.1Mbps2.9Mbps
479.8Mbps66.6Mbps58.8Mbps1.7Mbps
581.4Mbps63.1Mbps58.1Mbps2.5Mbps
平均86.0Mbps63.5Mbps58.7Mbps2.28Mbps

※スマホの方は横にスクロールすると料金が出てきます。

Speed Wi-Fi HOME L01むっちゃ速いじゃないですか!?!?!?

また記事内でのやりとりで、

「ちょっとやばいんだけど!HOME L01S速いんだけど!」

「そうですね。何か電波の受信感度高いみたいっすよ。通信速度かなり速いでしょ?」

なるほど、他の機種に比べてSpeed Wi-Fi HOME L01Sは受信感度が高いのですね。

スペックについても私の方で調べてみたのですが、他機種と特に変わっている点はなかったので、何かいい材料を使っているのですかね。

とにかくこの圧倒的高速の数字が事実です!管理人さん、素晴らしい実験ありがとうございました。

 

GMOとくとくBB月額割引GMOとくとくBB月額割引

 

使い勝手

Speed Wi-Fi HOME L01Sの機種としての大きな特徴が使い勝手です。普通、WiMAXと言えば持ち運びができるネット回線というイメージがあります。Speed Wi-Fi HOME L01Sも例外ではありません。

コンセントが使える場所でWiMAXエリア内であればどこでも利用することができます。

 

使える場所の一例

  • 家の中
  • 職場
  • カフェ
  • 車の中
  • 電車・バス

などなど、コンセントがあるところを箇条書きしました。

家の中や職場カフェなど、動かない場所はもちろん、車の中・電車・バスなど動いている場所でもコンセントがついてエリア内であれば利用することができます。

 

車の中でも使う方法

WiMAXを外出先で使う

車の中で利用する際は最初からコンセントがついている車ならもちろん大丈夫ですが、コンセントがついていない車だったとしても安心して下さい。コンセントへの変換器が多く売られていたりするので、シガーソケットから簡単に変換することができます。

ACコンセントへの変換器の選ぶコツとして「できるだけ大きいW(ワット)数に対応している」機器がおすすめです。

理由として、WiMAX以外でもコンセントは使う用途が多く、パソコンの充電やちょっとした家電にも使うためには余裕を持った対応電力が必要です。せっかく買っても使えなければもったいないので、できればちょっといい機器をそろえたほうがいいですよね。

アマゾンのレビュー重視で検索しましたら、

  • 最大200W対応※
  • ACコンセント×2、USBポート×4搭載
  • アルミ製で軽量コンパクト
  • 静音設計のため静か
  • amazonレビュー 4.8

※ メーカー側は最大出力を150Wまでを推奨しています。

車内でコンセント2つ付きで、かつUSBポートが4つもついているなんて最高じゃないですか!!しかも対応電力がかなり大きいです。普通インバーターをACコンセントに変換しても、いって100Wが限度が多いにも関わらず、最大200Wですからかなり余裕をもって使えますね。

 

SoftBank Air との大きな違い

WiMAXのエリア

WiMAXとソフトバンクエアーとの大きな違い、それは

エリア内であれば"どこでも"使える!!

というところです。

実はSoftBankAirは「登録住所以外では使えない」というデメリットがあります。もし、ご自宅を登録住所にしていて、職場に持っていって使おうと思っても、途中で強制的にネットが繋がらなくなります。そして後日登録住所に

「別の場所で使わないでね。いうことを聞かないと、回線を止めちゃうぞ☆」(イメージです)

というようなお手紙とかメールが届きます。

なのでソフトバンクAirは実質、登録した住所だけしか使えません。

 

しかし、WiMAX(Speed Wi-Fi HOME L01S)はそういった制限がないため、気にせず外出先で使うことができるため、別場所で使う可能性がある方には断然おすすめの回線です。

 

学生にもおすすめ

別記事で、 【学生必見!】一人暮らしおすすめのネット回線「3選」 という記事を書きました。

ここでは、「どうせ学生生活だけのネットだから工事をしたくない!

という方に、工事不要で自宅内で使うには一番最高の回線だと解説しています。大学生の方(これからなられる方も)是非ご覧下さい。

 

まとめ

では、SoftBankAirの「使い勝手」「ポータブル性(持ち運びやすさ)」の上位版!WiMAX Speed Wi-Fi HOME L01Sについてまとめます。

  • 料金: 3,249円/月
  • 速度:他機種よりも圧倒的に速いデータがある
  • 使い勝手:エリア内であればどこでも持ち運びできる

※ 当ブログで取り上げた月額最安値回線「GMOとくとくBB WiMAX」での2年間の実質月額料金

という具合に、「安い」「速い」「使いやすい」の3つが揃ったWiMAX Speed Wi-Fi HOME L01S。

WiMAXのどの機種にしようか迷っている方やSoftBankAir自体どうしようか迷っている方におすすめのWiMAXの機種です。是非ご検討下さい。

 

 

一番おすすめのWiMAXの申込方法

それでは2年間最安値ランキング1位に輝きました、GMOとくとくBBギガ放題プランへの申込方法をご案内します。

 

まずはこちらをクリック!

 

PC・タブレットの方

PC・タブレットの方は画面右上の「お申込み」をクリックして下さい。(もしくは中央やや下のお申込みはこちらからをクリック)

GMOとくとくBBのWiMAX新規申込

スマホの方

スマートフォンの方は、画面の下中央に「お申込みはこちらから」と書かれたボタンがあるのでそちらをタップしてください。(もしくは右上お申込みアイコンをタップ)

GMOとくとくBBのWiMAX新規申込

PC・タブレット・スマホ共通

GMOとくとくBBのWiMAX最新機種

機種はどれを選択しても「無料」なのでできれば最新機種をおすすめします。

  • 外出先で利用希望の方は「W05」
  • 屋内のみで利用希望の方は「HOME L01s」

どちらも最新機種で大変口コミが良い機種です。利用用途によって選択して下さい。

 

接続サービスプランは「ギガ放題」をご選択ください。

GMOとくとくBBのWiMAXギガ放題

 

最初に機種を「W05」にご選択した方はご希望の色をご選択ください。

GMOとくとくBBのWiMAX最新機種

 

クレードルの有無の選択ですが、有線接続や充電台としても使えるのでご希望の方はご選択ください。

GMOとくとくBBのWiMAXクレードル種

 

安心サポートは最初は加入必須オプションですが、2か月間無料で、ご不要であれば開通後に外すことができます。

GMOとくとくBBのWiMAX無料オプション

 

Wi-Fi接続オプションも最初は加入必須オプションですがこちらもさきほど同様に、2か月間無料で、ご不要であれば開通後に外すことができます。

GMOとくとくBBのWiMAX無料オプション

以上です。是非お客様に合ったプランでWiMAXをご検討下さい。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+はこちら!

 

WiMAXおすすめランキング(2019年5月更新)

1位 JP WiMAX
 

JP WiMAX

【2019年5月1日更新】今月キャッシュバック額がさらに増加しました!!

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,800円~
  • CB:1.7万円(ほぼ確実!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06)対応
  • 1週間無料お試しレンタル可能!
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

2位 GMOとくとくBB WiMAX
 

GMOとくとくBB WiMAX

【2019年5月1日更新】キャッシュバック額+5,000円追加されました!!

  • 回線:WiMAX2+
  • 月額:2,170円~
  • CB:5千円(1年後
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(W06・L02)対応
  • auスマートバリューmine対応
  • オプション2つ必須(最大2ヶ月無料)
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

3位 縛りなし Wi-Fi
 

縛りなしWi-Fi

【2019年5月1日更新】13ヶ月目以降はズーッと2,800円!!

  • 回線:WiMAX2+ or Pocket WiFi(選べる!)
  • 月額:3,300円(13ヶ月目以降2,800円!)
  • 初期費用:無料!
  • 解約金:無料!!
  • 端末代金・送料:無料
  • 機種:最新機種(WX05・603HW)対応
  • オプション不要
  • 対応エリア:全国(広範囲)
 

 

ネット回線全体ランキング(2019年5月更新)

1位 auひかり

auひかり最新キャッシュバックキャンペーン

【2019年5月1日更新】最新キャンペーン情報に更新しました!

  • 工事費用:実質無料
  • CB:最大50,000円
  • auスマートバリュー:月額最大 2,000円割引/台
  • auひかりスタートサポート:最大25,000円(併用可)
  • 解約撤去費用28,800円負担!
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国
  • 違約金負担:最大 3万円

2位 ソフトバンク光


【2019年5月1日更新】ソフトバンク光の代理店キャッシュックが過去最大!!

【ソフトバンク光公式CP】
  • 工事費用:実質無料
  • 特典:開通までポケットWiFiが無料レンタル
  • 月額:3,800円~
  • 対応エリア:全国(広範囲)
  • 違約金負担:最大 10万円
  • スマホ違約金還元:最大10,260円

【代理店CP SoftBank携帯あり】+公式CP

  • CB:最大36,000円
  • おうち割:月額最大 1,000円割引/台
  • v6プラス対応で速度高速化!
 

【代理店CP SoftBank携帯なし】+公式CP

  • CB:最大35,000円
  • オプション一切不要!
  • 新品PS4無料プレゼント
 

3位 ドコモ光

【2019年5月7日更新】ドコモ光が「dポイント増額」キャンペーンを開始しました!!

  • 月額:4,000円~
  • セット割引:最大3,500円割引
  • v6プラス対応無線LANルーター無料レンタル
  • dポイント:2万ptプレゼント
  • キャッシュバック:最大20,000円
  • 対応エリア:全国(広範囲)

 - WiMAX・WiFi, おもしろ比較, ネット比較 , , , , , ,